HOME> 試薬> 創薬研究> 探索研究> ライブラリー> ペプチドアレイ・ペプチドセット作製受託サービス
HOME> 受託サービス・特注品> ペプチド> ペプチドアレイ・ペプチドセット作製> ペプチドアレイ・ペプチドセット作製受託サービス
HOME> 試薬> 抗体アレイ/タンパク質アレイ> ペプチドアレイ> ペプチドアレイ・ペプチドセット作製受託サービス

JPT Peptide Technologies 社/プリメイドペプチドアレイ・ペプチドセット ペプチドアレイ・ペプチドセット作製受託サービス

掲載日情報:2013/08/01 現在Webページ番号:842

JPT Peptide Technologies社は,多種類のペプチドを効率的に合成可能な独自のSPOT技術により,ペプチドアレイおよびペプチドライブラリーの作製受託サービスを提供しています。PepSpot,SPOT,PepStarは,SPOT技術を用いて作製したペプチドアレイまたはペプチドライブラリーです(下記参照)。既製品も取りそろえていますが,受託合成製品は,自由自在な対応が可能です。更に,キナーゼ,ホスファターゼ,プロテアーゼといった酵素と基質との相互作用を解析するツールや,抗体のエピトープ解析用ツールなどもあります。

その他のペプチド関連製品・受託サービスについては,こちら「ペプチド関連製品・受託サービス研究目的別選択ガイド」をご覧下さい。

特許を有するSPOT技術

  1. セルロースメンブレン上でペプチドを合成します。“PepSpot”としてセルロースメンブレンのペプチドアレイを提供します。
  2. メンブレン上に形成されたスポットをパンチで切り出しマイクロプレートに入れます。メンブレンとペプチド間のリンカーを化学的に切断し,ペプチドを溶出させます。“SPOT”として多種類のペプチドセットをマイクロタイタープレートで提供します。
  3. 溶出したペプチドをガラススライドにスポットします。“PepStar”としてガラススライドのペプチドアレイを提供します。PepStarは合成工程でペプチドの精製も同時に行うことができます。

SPOT技術とマイクロアレイの作製

SPOT技術とマイクロアレイの作製

ガラススライドへのペプチドの再固定と精製

ガラススライドへのペプチドの再固定と精製

目次に戻る

ペプチドアレイ/ペプチドセット

PepSpotとPepStarの違い

PepSpotPepStar
アレイタイプセルロース膜ガラススライド
器材に固定された
ペプチド末端
C末端N末端
ペプチドの精製未精製精製
検出方法化学発光蛍光
再生可否不可
同じ合成からのアレイ数の変更×数百まで可能
コントロールタンパク質の固定化×8 controlsまで可能
試料量(希釈済み)ペプチド数に依存(数ml)200~300μl
各ペプチドスポット数1スポット3重スポット

■PepSpot(メンブレンペプチドアレイ)

セルロースメンブレンのペプチドアレイを作製する受託サービスです。目的とする因子とペプチドとの相互作用のスクリーニングをメンブレン上で行うことができます。1枚のメンブレンに最大600ペプチドをスポット可能です。

適用例

  • 抗体エピトープマッピング
  • エピトープの機能解析
  • タンパク質間相互作用部位の特定
  • レセプター−リガンド相互作用解析
  • 酵素−基質相互作用解析
  • シグナル伝達経路に関わるタンパク質モジュール解析
  • ヒートショックタンパク質の認識配列解析

■PepStar(ガラススライドペプチドアレイ)

ガラススライドのペプチドアレイを作製する受託サービスです。1枚のガラススライドに5,000種類までのペプチドをスポット可能で,一度に250枚までの複製アレイを作製できます。


PepStar(ガラススライドペプチドアレイ)イメージ

適用例

  • 抗原の主要抗原決定基マッピング
  • オーファン酵素の基質同定
  • 既知酵素基質の至適条件検討
  • シグナル伝達経路解明
  • 混入した酵素の活性検出

■BioTides(ペプチドセット)

30種類以上のビオチン標識ペプチドを受託合成します。合成したビオチン標識ペプチドはストレプトアビジンをコートしたビーズ,メンブレン,ガラススライドやマイクロプレートなどに固定化して各種スクリーニングアッセイやペプチドアレイなどに使用できます。
すべてのペプチドは,C末端にグリシンが付加されています。

適用例

  • キナーゼ,ホスファターゼ,HDACなど酵素基質のスクリーニング
  • タンパク質間相互作用部位のマッピング(免疫沈降法)
  • ペプチドマイクロアレイの作製
  • アフィニティクロマトグラフィー用カラムの作製

■Micro-Scale Peptide Set(SPOT)

50〜250 nmolのペプチドを,一度に1,000,000種類まで受託合成します。合成したペプチドは,未精製の状態で96ウェルのマイクロプレートで納品します。
すべてのペプチドは,C末端にグリシンが付加されています。

適用例

  • ゲノム全長におけるペプチドライブラリー
  • バイオマーカースクリーニング
  • T細胞エピトープマッピング
  • GPCRリガンド探索

■Macro-Scale Peptide Set

高純度のペプチドを受託合成します。数100 mg単位のペプチドを,一度に1,000種類まで合成可能です。

適用例

  • ペプチドスキャンによるT細胞エピトープマッピング
  • T細胞刺激のためのペプチドプール
  • GPCRリガンド探索のカスタムライブラリー
  • ハイスループット抗体産生のためのペプチド抗原

目次に戻る

キナーゼ解析用アレイ/基質ペプチドセット

■Kinase Peptide Microarray

ヒトキナーゼで既知のリン酸化部位に基づくペプチド,またはチロシン・スレオニン・セリンのいずれかを含みランダムに設計したペプチドをスポットするガラススライドアレイです。キナーゼ基質の同定やキナーゼの基質特異性のプロファイリングに有用です。

■PhosphoSite-Detector

アミノ酸配列が少しずつオーバーラップするように合成したペプチドをスポットするガラススライドアレイです。キナーゼが標的とするタンパク質のリン酸化部位の解析に有用です。

適用例

  • キナーゼ基質ペプチドの推定
  • 基質タンパク質の潜在的リン酸化部位の検出
  • 自己リン酸化部位の検出
  • 目的タンパク質の上流キナーゼの推定
  • 情報伝達経路の解明
PhosphoSite-Detector模式図

■Kinase Substrate Set

マイクロタイタープレートに入ったビオチン標識キナーゼ基質のセットです。基質はヒトタンパク質由来の13残基のペプチドで,配列の中央にリン酸化部位を含みます。

■Single Kinase Substrate Peptide

ヒトキナーゼで既知のリン酸化部位に基づく13 merのペプチド基質です。

目次に戻る

ホスファターゼ解析用アレイ/基質ペプチドセット

■Phosphatase Peptide Microarray

ヒトホスファターゼで既知のリン酸化部位に基づくリン酸化ペプチドをスポットするガラススライドアレイです。ホスファターゼ基質の同定やホスファターゼの基質特異性のプロファイリングなどに有用です。

■Phosphatase Substrate Set

マイクロプレートに入ったホスファターゼ基質のセットです。ペプチド配列の中央にあらかじめ化学的にリン酸化された部位が含まれています。

目次に戻る

プロテアーゼ解析用アレイ/基質ペプチドセット

■Protease Substrate Set

マイクロプレートに入ったDabcylおよびEDANSで標識して蛍光を消光させたプロテアーゼ基質(P4〜P4'位を含む)のセットです。

適用例

  • プロテアーゼ基質,切断部位の同定
  • プロテアーゼ基質特異性プロファイリング
  • プロテアーゼ阻害物質の解析

■Protease Peptide Microarray

蛍光標識プロテアーゼ基質(P4〜P4'位を含む)をスポットするガラススライドアレイです。プロテアーゼ基質の同定やプロテアーゼの基質特異性のプロファイリングなどに有用です。

■ProteaseSPOT

セルロースメンブレン上で合成した蛍光標識ペプチドのスポットを切り出したディスクを,96ウェルマイクロプレートに入れた製品です。

適用例

  • ペプチドスキャンによる切断部位の検出
  • de novoライブラリーによる新規基質の同定
  • 既知基質でのプロテアーゼ活性の測定

目次に戻る

エピトープマッピング/T細胞解析用アレイ/ペプチドセット

■PepSpot

セルロースメンブレン上にペプチドが固定化されたペプチドアレイです。メンブレンは数回再利用が可能で,1〜2種類の抗体エピトープ解析を行えます。

■Micro-Scale Peptide Set(SPOT)

50〜250 nmolのペプチドを,一度に1,000,000種類まで受託合成します。合成したペプチドは,未精製の状態で96ウェルのマイクロプレートで納品します。
すべてのペプチドは,C末端にグリシンが付加されています。

■PepMix

抗原のアミノ酸配列を少しずつオーバーラップするように合成するペプチド混合物です。抗原特異的なT細胞を効果的に活性化できます。ワクチン開発や診断研究など免疫反応のモニタリングに有用です。

目次に戻る

ご注文方法

ご注文時にご提供いただく情報(ペプチドシークエンス,レイアウト等)やご注文方法は,お問い合わせ下さい。
ペプチドマイクロアレイを用いた酵素のプロファイリングサービスも承ります。基質の識別や,ハイスループットスクリーニングアッセイの開発,情報伝達経路の解明,酵素活性抑制物質の開発などに有用です。詳細はお問い合わせ下さい。

目次に戻る

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

抗体アレイ/タンパク質アレイ