HOME> お知らせ> Dharmacon製品 ウェビナーのお知らせ
遺伝子発現抑制実験の基礎と応用

Dharmacon製品 ウェビナーのお知らせ
遺伝子発現抑制実験の基礎と応用

掲載日情報:2020/07/03 現在Webページ番号:81499

遺伝子抑制実験に有用なDharmacon製品を扱うホライズン・ディスカバリー株式会社が、 2020年7月21日(火)に無料のウェビナーを開催します。是非ご参加いただき,皆様の今後のご研究にお役立て下さい。

Dharmacon製品はsiRNAやゲノム編集試薬など,細胞の遺伝子機能を制御するツールを多く取り揃えており、今回のウェビナーではその基礎と応用について2部構成で分かりやすくお伝えする内容となっております。

開催日

2020年7月21日(火)10:00 am ~ 12:00 am(日本時間)

目次に戻る

演者

ホライゾン・ディスカバリー株式会社  大島 英之 様

目次に戻る

演題:第一部 (10:00 am ~ 10:55 am)

「Dharmacon試薬を使って、遺伝子発現抑制実験にチャレンジする」

  • なぜ遺伝子発現抑制実験をするのか
  • これだけあれば実験できる1ー遺伝子ノックダウンに必要な試薬、プロトコル、TIPS
  • これだけあれば実験できる2ー遺伝子ノックアウトに必要な試薬、プロトコル、TIPS

目次に戻る

演題:第二部 (11:00 am ~ 11:55 am)

「Dharmacon試薬の使い方、こんな方法知っていますか?」

  • トランスフェクション試薬不要な自己導入型siRNAを使った実験方法
  • CRISPR技術を使った新しい遺伝子発現活性化の実験方法
  • 遺伝子機能の網羅的な解析実験方法

目次に戻る

詳細および視聴方法

参加は事前申し込み制となります。ご希望の方は下記よりお申込みください。
なお、事前申し込みには弊社ウェブ会員へのご登録が必要です。

お申込み頂いた方には、7月20日(月)までに参加方法をメールでご連絡致します。

目次に戻る

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。