HOME> キャンペーン・モニター情報> [AAB]抗体全製品30%OFFキャンペーン[~2019/02/28]

[AAB]抗体全製品30%OFFキャンペーン[~2019/02/28]

掲載日情報:2018/11/15 現在Webページ番号:81155

[期間:2018/11/15~2019/02/28]

Atlas Antibodies(メーカー略称:AAB)社の抗体全製品を30%OFFのキャンペーン価格でご提供します。是非この機会をご利用下さい。

キャンペーン価格43,400円/100μL

Atlas Antibodies社の抗体

Atlas Antibodies社の抗体は,Human Protein Atlas (HPA) プロジェクトで開発,検証されています。18,000点以上のラインナップで,約15,000種類のヒトタンパク質をカバーしています(2017年8月現在)。特に各種細胞株,正常・腫瘍組織で検証した免疫組織染色のデータが豊富です。

Human Protein Atlas (HPA)プロジェクトとは

Human Protein Atlas (HPA) プロジェクトは,ヒトタンパク質の局在を特異的抗体を用いてゲノムワイドに解析することを目的として,2003年にスウェーデンで設立されました。現在では14,079 種類のヒト遺伝子の発現・局在情報がデータベース化されており, これはヒトゲノム全体の70%を占めます。Human Protein Atlas (HPA) のウェブサイトでは,様々なヒト正常組織,腫瘍組織,各種細胞株におけるタンパク質の局在を,免疫組織染色や免疫蛍光染色,ウエスタンブロッティング像で確認できます。


特長

  • Atlas Antibodies社のポリクローナル抗体は「Atlas Antibodies Advanced Polyclonals」(Triple A Polyclonals)と称され,Atlas Antibodies社企業秘密のソフトウェアにより対象抗原タンパク質に対する最も適した,慎重にデザインされた抗体です。
  • アフィニティーリガンドとしてリコンビナント抗原を用いた,Atlas Antibodies社独自の抗原精製過程により,特異性・信頼性・多様性が保持されています。
  • すべての抗体はHuman Protein Atlas (HPA) プロジェクトにて,様々な正常組織,腫瘍組織で検証されています。
  • それぞれの抗体に対して700点以上の免疫組織染色,免疫蛍光染色,ウエスタンブロッティング像が公開されています。

抗体の検証手順

  1. 抗原のデザイン:各種ヒトタンパク質における特異的なエピトープを含むアミノ酸配列Protein Epitope Signature Tags (PrESTs)を抗原として抗体を作製しています。また,シグナル配列や,膜貫通領域は除外しています。
  2. プロテインアレイ:作製した抗体はPrEST抗原でアフィニティー精製済みで,各種ヒト抗原ペプチドをスポットしたプロテインアレイで抗体の特異性を検証しています。
  3. 免疫組織染色:正常組織46試料,一般的な20種類の腫瘍に対する腫瘍組織432試料,および59種類の細胞/細胞株を用いて免疫組織染色(ホルマリン固定/パラフィン包埋切片)を行っています。
  4. ウエスタンブロッティング:肝臓および扁桃の組織ライセート,IgGを除いたプール血漿,および2種類の細胞株を用いてウエスタンブロッティングを行っています。
  5. 免疫蛍光染色:3種類の細胞株(U-2 OS,A-431,U-251 MG)を用いて免疫蛍光染色を行っています。
  6. アノテーション:上記のデータは文献情報やバイオインフォマティクス情報と比較されており,アノテーションデータとして参照できます。

上記バリデーションデータはHuman Protein Atlasウェブサイトより確認することが出来ます。詳細は下記をご覧下さい。

豊富なデータを持つ抗ヒトタンパク質抗体 Atlas Antibodies社抗体

抗CD44抗体(#HPA005785)を用いたアプリケーション例
A)唾液腺の免疫組織染色。腺細胞の膜質が染色されている。B)食道組織の免疫組織染色。細胞質および膜質が染色されている。C)U-251MG細胞株の免疫蛍光染色。細胞膜が染色されている。D)ウエスタンブロッティング結果。RT-4細胞,U-251MG sp,血漿,肝臓ライセート,扁桃ライセートで確認し,U-251MGのみバンドが検出された。左は分子量マーカー(上から220,112,84,47,32,26,16,8kDa)。CD44は82,81,79,78,77,74kDaのいずれかが検出される。

強化された検証試験を表す5つのアイコン

Genetic Validation:
遺伝学的検証
Orthogonal Validation:
生物学的検証
Validation by Independent Antibodies:
独立した抗体による検証
Recombinant Expression Validation:
組換え発現による検証
Migration Capture MS Validation:
質量分析による検証
Genetic Validation Orthogonal Validation Antibodies Validation Expression Validation MS Validation
標的のsiRNAノックダウンによって検証済み。 非抗体ベースの手法によって検証済み。 異なるエピトープを標的とする複数の抗体によって検証済み。 標的タンパク質の過剰発現よって検証済み。 標的の存在を質量分析によって検証済み。

Atlas Antibodies社ホームページの検証試験紹介のページにて,各検証試験を実施済みの抗体の一覧をご覧になることができます。

キャンペーン対象製品の検索方法

①検索欄へキーワードの一部を入力して下さい。
②候補が表示されますので,選択して下さい。
③検索ボタンを押して下さい。
また,キーワードを直接入力して検索することも可能です。


■検索例

検索例

CONTACT

お問い合わせ先(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。