HOME> キャンペーン・モニター情報> [KNK]カネカ簡易DNA抽出キットお買い得キャンペーン[~2019/02/15]

[KNK]カネカ簡易DNA抽出キットお買い得キャンペーン[~2019/02/15]

掲載日情報:2018/11/15 現在Webページ番号:81112

[期間:2018/11/15~2019/02/28]

株式会社カネカ(メーカー略称:KNK)の簡易DNA抽出キットを5キット分の価格で6キット購入できるお買い得なキャンペーンを実施いたします。ぜひこの機会をご利用下さい。


⇒キャンペーンフライヤーのダウンロードはこちら。

わずか10分!簡単操作で迅速にDNAを抽出できるキット
簡易DNA抽出キット Version 2

従来法よりも簡単な操作で,PCRやリアルタイムPCRなどに使用可能な鋳型DNAを生体試料から抽出できるキットです。動物組織・細胞試料だけでなく,血液や植物,糞便試料にも適用可能です。

カネカ簡易DNA抽出キット Version 2 カネカ簡易DNA抽出キット Version 2

特長

  • 試料に試薬を添加し,インキュベーション,撹拌するだけでPCRに使用可能な鋳型DNAを生体試料から抽出できます。
  • 試薬は2種類でいずれも室温で保存可能です。
  • 処理時間は1試料当たり約10分です。
  • 本キットのみで,動物組織・細胞から植物まで幅広い試料に適用できます。
  • キットには,血液試料の場合:250テスト分,その他の試料の場合:50テスト分の試薬が含まれています。
  • 試料:動物組織,培養細胞,微生物,植物,血液,糞便

使用例

マウス尾(テール)からの核酸抽出 マウス尾組織試料から,各社核酸抽出キットを用いて核酸を抽出した後,PCRを実施した。処理時間は本製品:8分,A社製品:13分だが,抽出性能はほぼ同等であった

マウス尾(テール)からの核酸抽出
マウス尾組織試料から,各社核酸抽出キットを用いて核酸を抽出した後,PCRを実施した。処理時間は本製品:8分,A社製品:13分だが,抽出性能はほぼ同等であった。



植物種子からの核酸抽出 植物種子試料から,各社核酸抽出キットを用いて核酸を抽出した後,PCRを実施した。PCR酵素は「カネカ 高速増幅用 DNA Polymerase」(#KN-T120001)を使用した。処理時間は本製品:8分,A社製品:80分。増幅効率に差はなかった。

植物種子からの核酸抽出
植物種子試料から,各社核酸抽出キットを用いて核酸を抽出した後,PCRを実施した。PCR酵素は「カネカ 高速増幅用 DNA Polymerase」(#KN-T120001)を使用した。処理時間は本製品:8分,A社製品:80分。増幅効率に差はなかった。



酵母コロニーからの核酸抽出 ゲノム配列のうち2箇所に遺伝子導入した酵母(Pichia pastoris)のコロニーから、本キットを用いて核酸を抽出した。その後,PCRを実施して遺伝子導入ができているか確認した(標的増幅産物サイズ:約3.5 kbp)。抽出処理時間は8分。有機溶媒処理を行うことなく簡便に抽出が完了した。

酵母コロニーからの核酸抽出
ゲノム配列のうち2箇所に遺伝子導入した酵母(Pichia pastoris)のコロニーから、本キットを用いて核酸を抽出した。その後,PCRを実施して遺伝子導入ができているか確認した(標的増幅産物サイズ:約3.5 kbp)。抽出処理時間は8分。有機溶媒処理を行うことなく簡便に抽出が完了した。

操作方法概略

適切な試料量は,試料の種類・状態により異なります。
以下の試薬量はいずれも50μl PCR反応系の場合です。
その他の試料についても標準プロトコルが用意されています。詳細はデータシートをご確認下さい。

動物組織(マウス尾)試料

  1. 5~8 mm に切断したマウス尾をPCR チューブに加え,試薬A を100 μl 添加し,ピペッティングによりよく撹拌する。
  2. PCRチューブをヒートブロックにて98℃,8分間インキュベートする。
  3. PCRチューブが冷めた後,試薬Bを14μl添加し,よく撹拌する。
  4. (3)で得られた抽出液を使用前によく撹拌し,1~5μlを鋳型DNAとしてPCRに用いる。

植物試料

  1. 5~8 mm四方に切断した葉や種子片をPCRチューブに加え,試薬Aを100μl添加し,ピペッティングによりよく撹拌する。
  2. 以下,マウス尾試料と同様

血液試料

  1. 抗凝固剤(ヘパリン,EDTAなど)を添加した1~3μlの血液をPCRチューブへ加え,試薬Aを20μl添加し,ピペッティングによりよく撹拌する。
  2. PCRチューブをヒートブロックにて98℃,8分間インキュベートする。
  3. PCRチューブが冷めた後,試薬Bを3μl添加し,よく撹拌する。
  4. (3)で得られた抽出液を使用前によく撹拌し,1~5μlを鋳型DNAとしてPCRに用いる。

豊富な使用例

キット内容

  • 試薬A
  • 試薬B

価格

[在庫・価格 :2018年12月14日 20時03分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。
詳細 商品名 商品コード メーカー 包装 価格 在庫 納期 文献数 リスト
カネカ簡易DNA抽出キット version2
KN-T110005 KNKカネカ
株式会社カネカ
6 kits ¥44,900
キャンペーン
3個以上 - 0 追加

キャンペーン期間 2018/11/15 ~ 2019/02/15
説明文
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

ニュース2018年11月15日号 p.54

製品記事
関連記事

[在庫・価格 :2018年12月14日 20時03分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。

カネカ簡易DNA抽出キット version2

文献数:0


  • 商品コード:KN-T110005
  • メーカー:KNK
  • 包装:6kits
  • 価格: ¥44,900 キャンペーン
  • 在庫:3個以上
  • 納期:-

キャンペーン期間 2018/11/15 ~ 2019/02/15
説明文
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

ニュース2018年11月15日号 p.54

製品記事
関連記事

CONTACT

お問い合わせ先(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。