HOME> 試薬> 遺伝子工学> タンパク質発現システム> 哺乳動物細胞発現ベクター> 哺乳動物細胞発現用SnapFastベクター

ユニークなプラスミドベクター 哺乳動物細胞発現用SnapFastベクター

掲載日情報:2017/01/12 現在Webページ番号:8104

プロモーターやマーカー遺伝子など各因子を組換えた,ユニークな構造の哺乳動物細胞発現用のプラスミドベクターです。目的に応じた,非常に幅広い製品を取り揃えています。

バクテリア発現用製品についてはこちらをご覧ください。
レポーターアッセイ用製品についてはこちらをご覧ください。

SnapFastベクター

特長

  • 各プラスミドは共通の基本コンストラクトを有し,プロモーター,マーカー遺伝子などの各因子にバリエーションを作っています。因子名からご希望のベクターを簡単に検索することができます。
  • 600種類以上のプラスミドのラインナップがあり,目的に応じた非常に幅広い製品を取り揃えています。
  • 不要な制限酵素部位を除去しています。
  • インサート配列のサイズに制限がありません。
  • 製品は凍結保存された環状プラスミドです。

マーカーは,マップ中のPosition 2, 3のいずれかに組み込まれており,Position 2, 3の両方に複数のマーカーが組み込まれた製品はありません。

目次に戻る

ベクターの基本コンストラクト

要素名 マップ中の位置 因子名
プロモーター Position 1 CMV(基本), Ub, EF1α, PGK, E1A, RSV, SV40, CBA
マルチクローニング部位 MCS Oxford Genetics社Standard(基本), pUC18, pUC19, pGem (Promega社)のMCS, TOPO Vector (Life Technologies社)のMCS*
バクテリア選択マーカー Resistance Kanamycin(基本), Ampicillin, Chloramphenicol, Spectinomycin
バクテリアでの複製起点 Origin pUC(基本), BR322, p15A, SC101

本製品は環状プラスミドです。TOPO TAクローニングには使用できません。 以下の要素についてはCMVプロモーター,Oxford Genetics社StandardのMCS,Kanamycin選択,pUC originの場合のみご選択可能となります。

因子名 マップ中の位置 因子名
マーカー(レポーター遺伝子) Position 2または3 ホタルLuciferase(Fluc),ウミシイタケLuciferase(Rluc), EGFP, FrCFP, KrYFP, β-Galactosidase, SEAP, CAT
マーカー(哺乳動物細胞選択マーカー) Position 2または3 Blasticidin, Hygromycin, Neomycin/G418, Puromycin, Zeocin
タグ MCSの上流(N末端側)または下流(C末端側) c-Myc, E-Tag, FLAG, GST, HA, His, HSV, MPB, P2A, S-Tag, Strep, T7, V5, VSV  一部のタグは,発現後に酵素(3C protease, EKT, FⅩa, TEV, Thr)で除去することが可能
分泌シグナル MCSの上流(N末端側) ヒトインスリンまたはBM40由来の分泌シグナル配列
その他 SV40 origin (SV40 Large T Antigenを発現している哺乳動物細胞での複製)

目次に戻る

製品の検索方法

フナコシホームページの製品検索画面で,[メーカー]にOXF,[キーワード]にお探しの要素を半角英語で入力し,検索して下さい。複数の要素を入力される場合は,要素間に半角スペースを入れてください。

目次に戻る

価格

¥33,000/5μg~

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。