HOME> 試薬> 生化学一般試薬/その他> ビーズ/ミクロスフェア> Molecular Targeting Technologies Inc.社 ステロイド固定化ビーズ に関する FAQ

Molecular Targeting Technologies Inc.社 ステロイド固定化ビーズ に関する FAQ

掲載日情報:2017/09/01 現在Webページ番号:80588

Molecular Targeting Technologies Inc.社 ステロイド固定化ビーズ に関する FAQ

A

はい,Nortestosterone Sepharose Beads は再利用可能です(参考文献2)。この方法はDexamethasone Sepharose Beads にも適用可能と思われます。Estradiol およびAndrostan Beads はTris バッファー(pH 8,4 ~ 6 M の尿素を含む)で洗 浄した後,Nortestosterone Sepharose Beads と同様の方法 で再利用可能です。

A

すべて20%エタノール中で冷蔵保存して下さい。

A

露出したタンパク質のシステイン残基が架橋して,二量体化するの を防ぐためです。タンパク質を還元剤と共に保存すれば必要ありま せん(参考文献3)。

A

ビーズの結合許容量は対象となるレセプターの構造に依存します。 参考までに,Estradiol Beads(#24861)では 1.0 ml に対し て 7 mg の Estrogen Receptor(分子量約 3 万)を結合し,溶 出できることが確認されています。

A

一つの方法として,ビーズをBSA でコーティングする方法があり ます。ビーズを洗浄する際,バッファーに 0.1 ~ 0.2 mg/ml の BSA を加えます。脱脂および非脱脂 BSA の両方を試して下さい。 それでも解決しない場合には,非結合性の BSA を取り除くために 塩を含んだバッファーでビーズを洗浄して下さい。その他,0.2 M のエタノールアミンを用いて pH 10,4℃で Sepharose を処理 する方法があります(参考文献4)。

目次に戻る

CONTACT

お問い合わせ先(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。