HOME> 試薬> サイトカイン/増殖因子/ホルモン> サイトカイン/増殖因子> Peprotech社 サイトカイン製品に関するFAQ

Peprotech社 サイトカイン製品に関するFAQ

掲載日情報:2017/09/01 現在Webページ番号:80584

Peprotech社 サイトカイン製品に関するFAQ

A

以下の確認を行っています。これらの情報は,製品に添付されるCoA(Certificate of Analysis)に記載されています。溶解,保存方法もCoAに記載されているため,使用前によくお読み下さい。

  1. 信憑性の確認:
    N末端シークエンシングを行っています。また,可能な場合はスタンダードと比較したSDS-PAGE,RP-HPLC,質量分析を行っています。

  2. 純度の確認:
    SDS-PAGEおよびRP-HPLCで確認しています。

  3. タンパク質含有量の確認:
    UV分光光度計,SDS-PAGEで確認しています。可能な場合は,較正済みのスタンダード溶液と比較したHPLC解析を行っています。

  4. エンドトキシンコンタミネーションの確認:
    LAL試験により確認しています。

  5. 微生物コンタミネーションの確認:
    膜ろ過を行っています。タンパク質溶液はバイアル充填前にろ過滅菌を行っています。

A

製品データシートに特に記載がない限り,Peprotech社の製品はすべて凍結乾燥品です。室温で非常に安定ですが,-20~-80℃での保存を推奨します。水溶液を加えて溶解した後,ほとんどの製品は4℃で短期間の保存を推奨しています。長期保存の際は,キャリアタンパク質(例:0.1% BSA)を添加して,用途に合わせて分注し,-20~-80℃で凍結保存して下さい。凍結/融解はタンパク質変性の原因となりますのでご注意下さい。

A

Peprotech社のアニマルフリー製品(商品コードが「AF」で始まる製品)では,エンドトキシンレベルは<0.01 ng/μg of protein,または<0.1 EU/μgを保証しています。アニマルフリー以外の製品では<0.1 ng/μg of protein,または<1 EU/μgを保証しています。実際の測定では多くの製品がさらに低いエンドトキシンレベルを示しています。詳細については当社テクニカルサポート(試薬担当)へお問い合わせ下さい。

A

市販されている多くのタンパク質製品とは異なり,Peprotech社製品にはキャリアタンパク質や添加剤(BSA,HAS,ショ糖など)は含まれておらず,塩濃度も最低限に抑えて凍結乾燥を行っています。その結果,少量のタンパク質は凍結乾燥により,薄く目に見えないフィルム状になってバイアル中に存在する場合があります。開封前にバイアルを20~30秒間遠心分離し,キャップやバイアル内壁に付着したタンパク質を回収することをお勧めします。Peprotech社では,数々の品質管理方法によって,各バイアルに適正量の製品が含まれていることを保証しています。

A

ED50は,活性が最大反応の50%のサイトカイン濃度として定義されます。この定義はそのサイトカインの用量反応曲線がシグモイド曲線を描く場合にのみ使用されます。ED50(ng/ml)をunits/mgに換算する式は以下を参照して下さい。

比活性の換算式
A

いくつかの例外はありますが,ほとんどのヒトサイトカインはマウス細胞において活性を示します。多くのマウスサイトカインもヒト細胞において活性を示しますが,ヒトサイトカインよりも比活性が低い場合があります。一方,IL-7など一部のヒトサイトカインは,マウスの細胞において,マウスサイトカインよりも高い活性を示します。インターフェロン,GM-CSF,IL-3,IL-4などは種特異性が高いことが知られています。一方,FGF,Neurotrophinは高度に保存されており,他動物種細胞に対しても高い活性を示します。

目次に戻る

CONTACT

お問い合わせ先(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

サイトカイン/増殖因子/ホルモン