HOME> 試薬> 免疫化学> 免疫染色(免疫組織染色)> 金コロイド標識製品> BBI Solutins社 Goldlink Kitに関する FAQ

BBI Solutins社 Goldlink Kitに関する FAQ

掲載日情報:2017/09/01 現在Webページ番号:80577

BBI Solutins社 Goldlink Kitに関する FAQ

Q-1. 抗体溶液に標識を干渉する物質が含まれる場合,どうしたら良いですか?
A-1. 最も簡単な方法は,標識に適したバッファーを用いて抗体を透析することです。金コロイドの標識反応を行う際,pHが大きく変化しないよう,20 mM程度のやや弱いバッファーが適しています。また,脱塩カラムなどを使用して,バッファーを交換する方法もあります。

Q-2. 抗体は金コロイドの表面に結合するのですか?
A-2. いいえ。Goldlink Kitの金コロイドは表面が保護コートに覆われており,抗体と金属表面が直接相互作用するのを防いでいます。

Q-3. どのような免疫動物由来の抗体でも,標識に使用することができますか?
A-3. 可能です。BBInternational社では,マウス,ウサギ,ヤギ,ヒツジなど,様々な免疫動物由来の抗体で試験済みです。

Q-4. 抗体フラグメントも標識できますか?
A-4. 可能です。被覆のない金属表面は,抗体フラグメントを変性させやすく,アフィニティを低下させてしまうことがあります。しかし,本製品の金コロイドは,表面被覆によりそれらのリスクが低減されています。

Q-5. 本製品を用いて抗体以外の低分子試料を標識することはできますか?
A-5. 可能です。詳細については当社テクニカルサポート(試薬担当)までお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。