HOME> 試薬> ELISA> ELISA関連製品> Salimetrics社 Salivery EIA Kit 唾液試料採取方法について

Salimetrics社 Salivery EIA Kit 唾液試料採取方法について

掲載日情報:2017/09/01 現在Webページ番号:80558

Salimetrics社 Salivery EIA Kit 唾液試料採取方法について

A
  • 一度の採取で 1 ml あれば解析可能です。1 ml に満たない場合は,直ちに唾液を足して下さい。
  • sIgA および Testosterone は,採取する際の唾液の流速により濃度が変化します。採取にかかった時間と量を記録して下さい。
A
  • 流涎(りゅうぜん)
    唾液を直接チューブ内に垂れ流して採取する方法です。その後の測定を妨害する要因が無く,特別な器具も必要としないため,最も推奨されています。採取・保存には高品質のポリプロピレン製チューブである Salimetrics 社の Cryovial(#5004.01 ~ #5004.06) をご使用下さい。5 cm 程にカットしたプラスチックストローを通じてチューブ内に唾液を垂らします。
  • SOS
    流涎による唾液採取が困難な場合はSalimetrics Oral Swab(SOS)(#5001.02)をご使用下さい。SOS は不活性ポリマーで,毒性はありません。6 歳未満の乳幼児には,誤嚥の恐れがあるため SCS を使用して下さい。
  • SCS
    6 歳未満の乳幼児や,SOS を喉に詰まらせる恐れがある場合には,Salimetrics Children's Swab(SCS)(#5001.06)をご使用下さい。SCS は長さが 12.5 cm あるため,誤嚥の心配が少なくなっています。

※ SOS,SCS は適用可能なキットが限られています(詳細は製品記事参照)。

A
  1. 採取した唾液は室温に放置せず,直ちに冷蔵庫または冷凍庫で保管して下さい。ただし冷蔵保存は数時間程度にし,なるべく早めに -20℃以下で保存して下さい。
  2. 凍結融解の繰り返しは避け,解凍は測定直前に行って下さい。
  3. 唾液はムチン(粘性タンパク質)を含むためピペッティングが困難な場合がありますが,以下のように前処理を行うことにより改善されます。特に粘性が気にならない場合も,前処理を行うことを推奨します。

    1. チューブに採取した唾液を凍結します。
    2. アッセイ当日に室温で解凍した後,ボルテックスにかけ,遠心分離(3,000 rpm, 15 分)します。これによりムチンが分解され,食べかすなどと共にチューブの底に沈殿し ます。
    3. 上清のみをゆっくりとピペットで吸引して下さい。この時,気泡が入らないように気をつけて下さい。

目次に戻る

CONTACT

お問い合わせ先(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。