HOME> 試薬> 遺伝子工学> タンパク質発現システム> レポーターシステム> Xactagen社 レポーターベクターに関するFAQ

Xactagen社 レポーターベクターに関するFAQ

掲載日情報:2017/09/01 現在Webページ番号:80554

Xactagen社 レポーターベクターに関するFAQ

A1

一過性トランスフェクションだけに用いる場合は,Neo / Kan薬剤耐性マーカーが発現する必要はありません。ジシストロン性ベクターをご選択下さい。

A2

安定形質転換体を得る場合は,Neo / Kan薬剤耐性マーカーが発現する必要があります。
a. SV40プロモーター/エンハンサーは多くの哺乳動物細胞で機能します。モノシストロン性ベクターをご選択下さい。この場合,プロモーター/エンハンサーはレポーター遺伝子の実験系下で発現し,SV40プロモーター/エンハンサーは独立してNeo / Kan薬剤耐性マーカーを発現するため,G418(ジェネティシン)による抗生物質選択が可能です。
b. 特別な細胞株を使用した実験系下でプロモーターが活性化されていることが明らかな場合,ジシストロン性ベクターをご選択することもできます。ジシストロン性ベクターでは,プロモーターはレポーター遺伝子とNeo / Kan薬剤耐性マーカーを共発現させます。ベクター内のプロモーター間のクロストークが除外される場合があります。

目次に戻る

CONTACT

お問い合わせ先(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。