HOME> 試薬> 遺伝子工学> トランスフェクション> OZ Biosciences社 磁気粒子を用いたトランスフェクション試薬 Magnetofectionに関するFAQ

OZ Biosciences社 磁気粒子を用いたトランスフェクション試薬 Magnetofectionに関するFAQ

掲載日情報:2017/09/01 現在Webページ番号:80553

OZ Biosciences社 磁気粒子を用いたトランスフェクション試薬 Magnetofectionに関するFAQ

A

Magnetofection はトランスフェクション後のフローサイトメトリー,ELISA,発光・発色アッセイ等に影響を及ぼしません。

A

Magnetofection とアデノウイルスベクターを組み合わせて使用することにより,高い効率でリンパ球へ導入されることが確認されており,他のウイルスベクターでも同様の効果が期待できます。

A

PolyMag および CombiMag による皮質および海馬由来の初代培養神経細胞への導入例が報告されています。PolyMag による導入効率は少なくとも 15 ~ 20 %,CombiMag と他のトランスフェクション試薬を併用した場合にはそれ以上の結果が得られています。

A

Magnetofection は哺乳動物細胞に最適化されていますが,他の細胞種についてもぜひ試用をお勧めします。

A

CombiMag はどんなウイルスにも使用可能です。現在までにアデノウイルス,レンチウイルス,バキュロウイルス,レトロウイルス等での使用例が報告されています。

目次に戻る

CONTACT

お問い合わせ先(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。