HOME> 受託サービス・特注品> 細胞・培養関連> 一過性・安定発現細胞株の作製> SilenciX遺伝子ノックダウン細胞株作製受託サービス

SilenciX遺伝子ノックダウン細胞株作製受託サービス

掲載日情報:2020/06/12 現在Webページ番号:7339

目的遺伝子をノックダウンさせた細胞株を作製する受託サービスです。EBV(Epstein-Barr virus)のゲノム複製を利用したsiRNAシステムSilenciXにより,目的遺伝子のノックダウンを行います。

参考文献

Biard, D., S., et al., Cancer Research, 67 (6), 2526~2534 (2007).


目次に戻る

pEBVベクターとは

従来のRNAiでは,siRNA二本鎖やプラスミドの一過性導入,siRNA発現ウイルスの一過性導入による操作がほとんどでした。siRNA発現プラスミドを利用するストラテジーでは,siRNA発現カセットが,細胞選択中に失われてしまう恐れがあります。

しかし,EBV(Epstein-Barr virus)のゲノム複製を模倣するpEBVベクターでは,EBV由来タンパク質EBNA1(EBV Nuclear Antigen 1)が宿主ゲノム複製時にクロマチンに配位し,EBVエピゾームが同調して複製されるため,娘細胞にもベクターが分配されます。これにより,siRNAが長期的・安定的に発現します。宿主ゲノムへの組み込みはありません。

ScilenciX遺伝子ノックダウン細胞株作製受託サービス

宿主ゲノムと同調して複製されるEBVエピソーム(図中の赤丸)


目次に戻る

特長

  • SilenciX技術は,数多くの哺乳動物細胞株をはじめ,霊長類,げっ歯類動物細胞株にも用いることができるため,任意の細胞株で作製可能です。
  • ノックダウン効率,特異性,安定性が高いpEBV shRNAプラスミドを用いて,遺伝子のノックダウンを行います。
  • 製品には,コントロール細胞株(1バイアル),定量PCR解析データが付属しています。
  • ノックダウンすることを確認済みで,最低でも70%のノックダウン効率を示すことを保証しています。
  • 最短でも3か月間,細胞内で目的遺伝子が安定的にノックダウンされます。
  • 目的遺伝子のみがノックダウンされており,ほかの遺伝子に影響を及ぼしません。

培養する際は,抗生物質としてハイグロマイシンBをご使用下さい。
特定の遺伝子をノックダウン済みのHeLa細胞株も取りそろえています。詳細は,フナコシホームページをご覧下さい。

ScilenciX遺伝子ノックダウン細胞株作製受託サービス

本サービスにより作製したノックダウン細胞株の例

ScilenciX遺伝子ノックダウン細胞株作製受託サービス

キットに付属の定量PCR解析データ

目次に戻る

作製可能な細胞株の例

AC16心筋細胞株
B16F10マウスメラノーマ細胞株
Caco-2結腸直腸腺がん由来細胞株
CHOチャイニーズハムスター卵巣細胞株
HCT116結腸がん細胞株
HEK293ヒト胎児腎臓細胞株293
HeLaヒト子宮頸がん由来不死化細胞株
RKO結腸直腸がん細胞株
SH-SY5Y神経芽腫細胞株
U2OS骨肉腫細胞株

目次に戻る

ご注文方法

詳細は,当社受託・特注品業務担当までお問合せ下さい。

目次に戻る

SilenciX Knock Down HeLa Cellご購入時のご注意

本製品をご注文の際には,フナコシホームページに掲載のSilenciXご使用目的確約書が必要となります。詳細については下記までお問い合わせ下さい。
お問い合わせ先:受託・特注品業務担当
Tel.:03-5684-1645
Fax:03-5684-6539
e-mail:jutaku@funakoshi.co.jp

目次に戻る

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。