HOME> お知らせ> ImmuSmol社ウェビナーのお知らせ
「中脳オルガノイドによるパーキンソン病のモデル化とドーパミン放出の定量」

ImmuSmol社ウェビナーのお知らせ
「中脳オルガノイドによるパーキンソン病のモデル化とドーパミン放出の定量」

掲載日情報:2024/06/12 現在Webページ番号:71585

ImmuSmol社(メーカー略称:ISM)では2024年6月20日(木)に、中脳オルガノイドによるパーキンソン病のモデル化とドーパミン放出の定量についての無料のウェビナーを開催しました。録画版をご覧になれますので、ぜひご覧いただき、皆様の今後のご研究にお役立て下さい。

パーキンソン病モデル化とドーパミン定量ウェビナー案内

ウェビナー概要

  • 開催日時:2024年6月20日(木)0:00~0:30(19日(水)深夜、日本時間)(開催済み)
  • 演題:Midbrain Organoids: Modelling Parkinson’s disease & quantifying dopamine release
  • 演者:Prof. Jens Christian Schwamborn
      (Luxembourg Centre for Systems Biomedicine, University of Luxembourg / OrganoTherapeutics
  • 言語:英語
  • 配信方法:Livestorm
  • 録画版の視聴方法:こちらよりご覧下さい。

ウェビナー要旨

演者のProf. Jens Christian Schwambornのチームは、ルクセンブルグ大学 ルクセンブルク・システム生物医学センター(LSCB)において、幹細胞からのパーキンソン病モデルの中脳オルガノイドについて10年にわたり研究・開発を行い、2024年3月に新たな患者由来モデルについて論文を発表いたしました。
本ウェビナーでは、このモデルをどのように作成したか、ImmuSmol社のELISAキットによるドーパミン放出の測定を含む生理学的妥当性の評価、6-OHDA誘発パーキンソン病モデルとの比較についてご説明いたします。

キーポイント

参考文献

Muwanigwa, M.N., et al., Mol. Cell. Neurosci., 128, 103919 (2024) [PMID:38307302]


お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。