HOME> 試薬> タンパク質/酵素> タンパク質解析> タンパク質の抽出・精製> GFP / RFP / BFP-Catcher
HOME> 試薬> 免疫化学> 免疫沈降> GFP / RFP / BFP-Catcher

蛍光融合タンパク質の免疫沈降用アフィニティレジン GFP / RFP / BFP-Catcher

掲載日情報:2022/12/26 現在Webページ番号:70296

蛍光(GFP/RFP/BFP)融合タンパク質の免疫沈降や精製などに使用可能なReady-to-useのアフィニティレジンです。各種蛍光タンパク質に対するラマ/アルパカ由来の組換えシングルドメイン抗体(sdAb)をビーズに共有結合させているため、通常の抗体を用いた免疫沈降でSDSバッファーでの溶出のステップで生じる重鎖および軽鎖の漏出がありません。

特長

  • 各種蛍光タンパク質(GFP/RFP/BFP)に対するシングルドメイン抗体(sdAb)を、4%架橋アガロースビーズに共有結合しています。
  • sdAbとビーズは、可動性リンカーを用いて選択的かつ指向性を有して結合しているため、sdAbの蛍光融合タンパク質への高いアクセス性が得られるとともに、バッチ間差が大幅に抑えられています。
  • 蛍光融合タンパク質に対する親和性が高く、非特異的なバックグラウンドを低減することができます。
  • 主なアプリケーション:共免疫沈降法(Co-IP)、免疫沈降(IP)、タンパク質精製、クロマチン免疫沈降(ChIP)、RNA結合タンパク質免疫沈降(RIP)

本製品にWash buffer、カラム、チューブは含まれません。別途ご用意下さい。


目次に戻る

製品ラインナップ

品名 GFP-Catcher RFP-Catcher BFP-Catcher
商品コード ABIN5311508 ABIN5311510 ABIN5311512
標識抗体 Anti-GFP sdAb(クローン:1H1) Anti-RFP sdAb(クローン:2B12) Antii-BFP sdAb(クローン:1H7)
標的タンパク質 GFP(緑色蛍光タンパク質) RFP(赤色蛍光タンパク質) BFP(青色蛍光タンパク質)
結合担体 4%架橋アガロースビーズ(粒径分布:50~150 μm、平均粒径:90 μm)
結合能 4 μg蛍光タンパク質/2 μl slurry
適用試料 細胞抽出物
特異性 GFP、一般的なGFP誘導体(EGFP、mEGFP、Sirius、tSapphire、Cerulean、eCFP、mTurquoise、acGFP、Emerald、superecliptic pH luorin、paGFP、superfolder GFP、eYFP、mVenus、Citrineなど)、多くの一般的なCFPやYFP誘導体 一般的な赤色蛍光タンパク質(mRFPなど)やそれらの誘導体(mCherry、mScarlet-i、tdTomato、dsRed、mOrangeなど) mTagBFP、mKate、mKate2、mTagRFP、mTagRFP657、そのほかEntacmaea quadricolor由来の一般的な蛍光タンパク質
交差反応性 mCherry、mRFP、dsRed、mTagBFP、それらの一般的な誘導体に対して交差性を示さない。 GFPやmTagBFP誘導体に対して交差性を示さない。 一般的なGFPやdsRed誘導体に対して交差性を示さない。
使用可能なバッファー/添加物
  • pH 5~9の一般的なバッファー
  • 2% Triton X-100、1% Tween-20、1% NP-40、1% CHAPS、1% デオキシコール酸、0.1% SDS
  • 4 M NaCl、2 M KCl、1 M MgCl2、100 mM EDTA
  • 4 M 尿素
  • 10 mM DTT、10 mM 2-メルカプトエタノール
  • RNase A、DNaseⅠ,Benzonase、プロテアーゼインヒビター

目次に戻る

使用例

GFP-Catcher

GFP-Catcherの使用例

RFP-Catcher

RFP-Catcherの使用例

BFP-Catcher

BFP-Catcherの使用例

A:各Catcherを用いたGFP、mCherry、mTagBFP混合物のプルダウンの結果。各Catcherの標的蛍光タンパク質のみが濃縮されたことが分かる。

B:HeLa細胞ライセートに、微量かつ既知の量の各種組換え蛍光タンパク質(GFPタンパク質、RFPタンパク質、BFPタンパク質)を添加し、それぞれに対応するCatcher(GFP-、RFP-、BFP-Catcher)を用いて免疫沈降を行った。
1:Catcher未処理の試料
2:Catcherで免疫沈降処理後の上清
3:Catcherで免疫沈降処理後のビーズからの溶出物
は変性した蛍光タンパク質断片のバンドが検出される位置

C:sdAb未標識のビーズを用い、Bと同じ試料で免疫沈降を行った結果(コントロール実験)



目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2024年06月18日 00時01分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
GFP-Catcher
3~4週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
  • お問い合わせ
説明文
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事
RFP-Catcher
3~4週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
  • お問い合わせ
説明文
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事
BFP-Catcher
3~4週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
  • お問い合わせ
説明文
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

[在庫・価格 :2024年06月18日 00時01分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

GFP-Catcher

文献数: 0

説明文
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

RFP-Catcher

文献数: 0

説明文
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

BFP-Catcher

文献数: 0

説明文
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事



目次に戻る

関連製品:Catcher-Control

Catcherレジンのコントロールとして使用するための製品です。Catcherレジンと同様の活性化・消光化学処理が行われていますが、sdAbが付加されていません。本製品を使用することで、抽出物をCatcherレジンで処理した際の回収率の予測や、Catcherレジンの特異性評価を行うことができます。

[在庫・価格 :2024年06月18日 00時01分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Catcher-Control
3~4週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
  • お問い合わせ
説明文
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

[在庫・価格 :2024年06月18日 00時01分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

Catcher-Control

文献数: 0

説明文
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。