HOME> 試薬> ELISA> ELISA/EIAキット> Anti-ox-LDL ELISA Kit(Immundiagnostik 社)
HOME> 試薬> 細胞情報伝達> ストレス> 酸化ストレス/低酸素> Anti-ox-LDL ELISA Kit(Immundiagnostik 社)

酸化LDLに対する自己抗体を測定するキット Anti-ox-LDL ELISA Kit(Immundiagnostik 社)

掲載日情報:2021/07/16 現在Webページ番号:70069

血清または血漿(EDTA処理)試料中の酸化LDLに対する自己抗体をサンドイッチ法により比色定量するELISAキットです。酸化LDLは,心・腎疾患やアテローム性動脈硬化症にも関連しており,抗酸化LDL抗体はそれらの研究にも有用です。

抗酸化LDL自己抗体とは

酸化ストレスと脂質の過酸化,酸化LDLの形成

脂質の過酸化は,細胞の成長に不可欠な自然なプロセスです。しかし,酸化ストレスが抗酸化細胞の防御機能を上回るとバランスが崩れて過酸化脂質の形成が促進されます。現在,脂質の過酸化は,多くの病気の始まりと進行に関与する基本的なメカニズムの1つであると考えられています。これまでの研究により,脂質過酸化およびタンパク質修飾をもたらす酸化ストレスは,アテローム性動脈硬化症および冠状動脈性心臓病の病因に関与することが示されています。フリーラジカルの過剰生成により,過酸化脂質が通常の細胞代謝中に形成されます。これが,不飽和脂肪酸,特に血漿コレステロールの主要な担体である低密度リポタンパク質(LDL, low-density lipoprotein)と反応する場合が生じます。

マクロファージの泡沫細胞への変化と心疾患への関与

LDLはマクロファージによって排除されます。通常,レセプターを介したLDLの取り込みは,コレステロール値の上昇に応じたLDLレセプター発現の下方制御によって抑制されます。LDLが酸化されてもマクロファージはスカベンジャーレセプターを介して体内に取り込まれますが,その発現はコレステロールの負荷に左右されません。
酸化LDL(ox-LDL)の結合は,マクロファージへのコレステロール蓄積を誘導し,マクロファージが脂質を含んだ「泡沫細胞」に変化するステップです。このプロセスは,広範な細胞増殖と細胞外マトリックス成分の同化を伴い,内皮損傷の促進や血管壁内の炎症反応の増幅によりアテローム性動脈硬化症の発生と進行を促進します。コレステロールを含んだマクロファージ「泡沫細胞」は,アテローム性動脈硬化症の病変に存在します。これは,狭窄と血流の制限を引き起こすより複雑なアテローム性動脈硬化症の前兆であって,最も早く検知が可能な初期症状です。これらの進行した病変は,最終的には心筋梗塞につながる血栓形成の部位を表しています。

酸化LDLと自己抗体

酸化LDLは,動脈硬化と血管老化の本質的なトリガーであることに加え,酸化によって修飾されるとLDLは免疫原性になります。血清中の酸化LDLのエピトープ(マロンジアルデヒド-リジンなど)に対する特異的な自己抗体が検出されています。酸化LDLに対する自己抗体は,糖尿病,血管疾患,頸動脈硬化症などの様々な症状のある患者の血清中で発見されています。抗酸化LDL抗体は,アテローム性動脈硬化症の病変を伴う組織を認識します。また,酸化LDL抗体の力価は,アテローム性動脈硬化症の進行を示す独立した指標と見なされています。

価格表へ



目次に戻る

特長

  • 測定動物種:ヒト
  • 測定試料:血清,血漿(EDTA処理)
  • 必要試料量:50μl
  • フォーマット:96 well plate
  • 測定方法:比色
  • 測定波長:450 nm(補正波長:620 nmまたは690 nm)*
  • インキュベーション時間:約3.5時間
  • 測定範囲:30~1,000 mU/ml

* 最大濃度の標準物質がご使用のプレートリーダーの測定範囲を上回る場合には,405 nm(補正波長:605 nm)で迅速に測定を行って下さい。

価格表へ

目次に戻る

キット内容

  • Microtiter plate, pre-coated with ox-LDL(MDA-LDL)
  • Wash buffer concentrate
  • Anti-ox-LDL standard concentrate
  • Control
  • Conjugate concentrate, peroxidase-labelled
  • Sample dilution buffer, ready-to-use
  • Substrate (tetramethylbenzidine), ready-to-use
  • Stop solution, ready-to-use

目次に戻る

関連製品 ox-LDL/MDA Adduct ELISA Kit(#KR7810

血清および血漿試料中のの酸化LDL/MDA付加物をサンドイッチ法により比色定量するELISAキットです。

価格表へ

目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2021年09月18日 00時14分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Anti ox-LDL Kit
2週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
測定範囲:30-1000mU/ml,測定試料:血清,血漿(EDTA),必要試料量:100μl,総インキュベーション時間:190~200分,種交差性:Human,検出方法:呈色,測定波長:450 nm,アッセイ法:サンドイッチELISA,アッセイ数:96 tests
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事 Immundiagnostik社(メーカー略称:IMD)商品コード変更のお知らせ(旧商品コード中にRが付加されます)

[在庫・価格 :2021年09月18日 00時14分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

Anti ox-LDL Kit

文献数:0

説明文 測定範囲:30-1000mU/ml,測定試料:血清,血漿(EDTA),必要試料量:100μl,総インキュベーション時間:190~200分,種交差性:Human,検出方法:呈色,測定波長:450 nm,アッセイ法:サンドイッチELISA,アッセイ数:96 tests
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事 Immundiagnostik社(メーカー略称:IMD)商品コード変更のお知らせ(旧商品コード中にRが付加されます)

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。