HOME> 試薬> アポトーシス> アポトーシス細胞の検出/抽出キット> アポトーシス検出キット> Cayman Chemical社 Efferocytosis Assay Kit(エフェロサイトーシスの解析キット)
HOME> 試薬> アポトーシス> アポトーシス誘導/阻害物質> アポトーシス阻害因子/物質> Cayman Chemical社 Efferocytosis Assay Kit(エフェロサイトーシスの解析キット)
HOME> 特集> アポトーシス研究用試薬 <特集>> その他の検出キット > Cayman Chemical社 Efferocytosis Assay Kit(エフェロサイトーシスの解析キット)

エフェロサイトーシス/アポトーシスの研究に有用です! Cayman Chemical社 Efferocytosis Assay Kit(エフェロサイトーシスの解析キット)

掲載日情報:2020/02/10 現在Webページ番号:69260

細胞のエフェロサイトーシス(Efferocytosis),アポトーシス(Apoptosis),分解促進メディエーター,および交差提示(クロスプレゼンテーション)のモジュレーターをフローサイトメーターまたは蛍光顕微鏡を用いて解析,観察するキットです。

J774A.1エフェクターとJurkatベイト細胞を使用したスタウロスポリンの用量反応曲線

J774A.1エフェクターとJurkatベイト細胞を使用したスタウロスポリンの用量反応曲線

Jurkat細胞を,CFSEで染色し,その後37℃で3時間スタウロスポリンで処理した。次に,細胞をCytoTell Blue標識J774A.1細胞に2:1の比率(ベイト:エフェクター)で添加し,37℃で一晩インキュベート後にフローサイトメーターで解析した。解析に当たり,CytoTell Blue陽性細胞をゲートし,CFSE陽性細胞をカウントした。

価格表へ

MEMO エフェロサイトーシス(Efferocytosis)とは

エフェロサイトーシス(Efferocytosis)は,マクロファージや他の食細胞が,死んだ細胞や死にかけている細胞を除去し,恒常性,胚発生,免疫系の調節,炎症消散を促進する特殊な形態の食作用です1。細胞の効率的なクリアランスは,成人においてアポトーシスを起こしている毎秒約100万個の細胞の除去に不可欠です2

アポトーシスを起こした細胞が壊死し,内容物を放出する前にアポトーシス細胞を除去することにより,これらの非病原性抗原に対する免疫応答を防御できます。マクロファージは,その細胞表面の様々なレセプターを介し,外部ホスファチジルセリンなどの「eat me」シグナルを介してアポトーシス細胞を認識します。いくつかの細胞内病原体は,これらの「eat me」信号の誘導により免疫反応を回避し,エフェロサイトーシスの非炎症性プロセスを刺激します2

一方で,泡沫細胞症では抗原の交差提示(クロスプレゼンテーション)にも関係しています。アポトーシスを起こした感染細胞の貪食と消化は,外部抗原として通常はMHCクラスIIに処理され,提示されますが,泡沫細胞症ではMHCクラスIによって細胞傷害性T細胞に提示されます。この経路は,結核菌などの病原体を除去する免疫システムの能力に不可欠です3。アネキシンA1と,レゾルビンE1やプロテクチンD1など,他の特殊な炎症収束メディエーターは,エフェロサイトーシスを上方制御し,炎症の収束を促進することが示されています3,4

参考文献

  1. Korns, D., et al., Front. Immunol., 2(57), 1~10 (2011).[PMID:22566847]
  2. Karaji, N. and Sattentau, Q.J., Front. Immunol., 8(1863), 1~10 (2017).
  3. Tzelepis, F., et al., J. Clin. Invest., 125(2), 752~768 (2015). [PMID:25562320]
  4. Schwab, J.M., et al., Nature, 447(7146), 869~874 (2007).

価格表へ


目次に戻る

測定原理

キットには,CytoTell Blue,CFSE,スタウロスポリン(Staurosporine,プロテインキナーゼC阻害物質)が含まれています。CytoTell Blueはエフェクター(食細胞)細胞を,CFSEはベイト(アポトーシス)細胞を視覚化します。スタウロスポリンを用いてアポトーシスを誘導します。

試薬 蛍光顕微鏡フィルターセット フローサイトメーターフィルターセット 染色細胞
CFSE 励起 493 nm/蛍光 518 nm 励起 488 nm/蛍光 525 nm ベイト(アポトーシス)細胞
CytoTell Blue 励起 403 nm/蛍光 454 nm 励起 405 nm/蛍光 450 nm エフェクター細胞(食細胞)

価格表へ

目次に戻る

特長

  • 泡沫細胞症,アポトーシス,分解促進メディエーター,およびクロスプレゼンテーションのモジュレーターの研究に有用です。
  • エフェクター(食細胞)細胞とベイト(アポトーシス)細胞の同時視覚化が可能です。
  • キットにはCytoTell BlueおよびCSFE色素が含まれています。
  • 5×107個のエフェクター細胞と2×108個のベイト細胞の染色に十分な試薬が含まれています。

価格表へ

目次に戻る

キット内容

  • CFSE stock solution
  • CytoTell Blue stock solution
  • Staurosporine apoptosis inducer
  • Cell-Based assay buffer tablet

測定には,フローサイトメーターまたは蛍光顕微鏡が必要です。

価格表へ

目次に戻る

使用例

ノイラミニダーゼによる分化THP-1細胞のエフェロサイトーシスの上方制御の解析

ノイラミニダーゼによる分化THP-1細胞のエフェロサイトーシスの上方制御の解析

THP-1エフェクター細胞をCytoTell Blueで染色後,37℃で72時間,200 nM PMAで分化させた。ヒト好中球ベイト細胞は,CFSEで染色し,無血清RPMI中で37℃で一晩インキュベートした。翌日,ベイト細胞を回収し,1 U/mlノイラミニダーゼで37°Cで1時間前処理後,2:1の比率でエフェクター細胞(ベイトエフェクター)に添加した。細胞を37℃で一晩インキュベートし,フローサイトメーターで解析した。解析に当たり,最初にCytoTell Blue陽性細胞でゲートし(コントロール:パネルC),CFSE陽性細胞数をカウントした(コントロール:パネルD)。ノイラミニダーゼ処理細胞(パネル B)は,未処理細胞(パネル A)と比較してCFSE陽性細胞数が増加したことがわかる。

in vivoにおける骨髄細胞へのアポトーシスを起こした胸腺細胞の取り込み

in vivoにおける骨髄細胞へのアポトーシスを起こした胸腺細胞の取り込み

ナイーブマウスの胸腺細胞をCFSEで標識し,250 nMスタウロスポリンで一晩培養した。次に,1×107個の細胞を静脈注射でナイーブ同系のマウスに移した。3時間後にマウスから脾細胞を分離し,骨髄性マーカーを染色し,フローサイトメトリーで解析した。パネル Aにおけるドナー細胞は非骨髄性(CD11b-)のCFSEbright細胞として識別された。一方,これらのアポトーシスを起こした細胞を貪食した細胞(パネル B)はCD11b+,CFSEmidとなった。

目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2020年02月20日 19時51分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Efferocytosis Assay Kit
10日程度  0
説明文
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

[在庫・価格 :2020年02月20日 19時51分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。

Efferocytosis Assay Kit

文献数:0

  • 商品コード:601770
  • メーカー:CAY
  • 包装:1kit
  • 価格:¥57,600
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:10日程度 
  • 法規制等:

説明文
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

アポトーシス誘導/阻害物質