HOME> 試薬> 遺伝子工学> 発現解析> スピードコンジェニックマウス作製受託サービス
HOME> 受託サービス・特注品> 遺伝子改変動物> 遺伝子改変動物作製> スピードコンジェニックマウス作製受託サービス

スピードコンジェニックマウス作製受託サービス

掲載日情報:2016/01/25 現在Webページ番号:690

遺伝子改変マウスを129 系統やBALB/c 系統で作製した場合,近交系と戻し交配(バッククロス)を行ってから各種解析を行います。通常は野生型であるC57BL/6 系統と10 回以上かけ合せてコンジェニック系統を樹立する必要があります。これは通常3 ~ 5 年と長い時間と高いコストを要する作業です。株式会社安評センターではマイクロサテライトマーカー解析を行い,およそ1.5 年/ 5 世代で置換率99%以上のコンジェニック系統を作製します。早くコンジェニック系統を樹立するには出来るだけ早い段階でマイクロサテライト解析を行い,高い割合でC57BL/6 系統へと置換された系統を次の交配に用いる事で効率化が図れます。

特長

  • 129 系統やBALB/c 系統の遺伝子改変マウスからおよそ1.5 年でコンジェニック系統を樹立します。
  • 80 種類のマイクロサテライトマーカーを設定しています。
  • マイクロサテライト解析のみの受託も可能です。

■スピードコンジェニックの概要

スピードコンジェニックの概要

目次に戻る

価格

■スピードコンジェニック

世 代 作業内容 解析マーカー数 標準解析期間 価 格
1 世代解析(N2 世代) ♂ 15 匹から抽出したゲノムDNAを,約80 〜 90 のマイクロサテライトマーカーを用い解析 約80 〜 90 約4 週間 65 万円
2 世代解析(N3 世代) ♂ 15 匹から抽出したゲノムDNAを,1 世代目の結果を元にマイクロサテライトマーカーを用い解析 約30 約3 週間 30 万円
3 世代解析(N4 世代) ♂ 15 匹から抽出したゲノムDNAを,2 世代目の結果を元にマイクロサテライトマーカーを用い解析 約10 約3 週間 15 万円
4 世代解析(N5 世代) ♂ 15 匹から抽出したゲノムDNAを,3 世代目の結果を元にマイクロサテライトマーカーを用い解析 約4 約3 週間 12 万円
5 世代解析(N6 世代) ♂ 15 匹から抽出したゲノムDNAを,4 世代目の結果を元にマイクロサテライトマーカーを用い解析 約1 約3 週間 8 万円
マウス増産(1 世代あたり)

IVF にてヘテロ♂×ワイルド♀からヘテロ♂産仔15 匹程度を増産
各産仔の一部体組織からゲノムDNAを抽出

約3 か月 80 万円

■マイクロサテライトマーカー解析

世 代 作業内容 解析マーカー数 標準解析期間 価 格
1 世代解析 2 検体から抽出したゲノムDNA を約80 〜 90 のマイクロサテライトマーカーを用い解析し,置換率を算出 約80 〜 90 約4 週間 20 万円
追加1 検体 4 万円


目次に戻る

ご注文方法

詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。

目次に戻る

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。