HOME> 試薬> 遺伝子工学> ゲノミクス> ゲノム編集> 各種細胞のゲノム編集受託サービス
HOME> 受託サービス・特注品> ゲノミクス・エピジェネティクス> ゲノム編集> 各種細胞のゲノム編集受託サービス

CRISPR-Cas9システムによるノックアウト/ノックイン細胞株 各種細胞のゲノム編集受託サービス

掲載日情報:2020/03/04 現在Webページ番号:68942

guide RNAによるゲノム編集ツール CRISPR-Cas9特集

CRISPR-Cas9システムによるノックアウトなどのゲノム編集細胞を作製する受託サービスです。
標的タンパク質をノックアウトしたプール細胞株(CRISPR Knockout Cell Poll),シークエンス改変済みクローン(CRISPR Knockout Cell Clone),およびご要望に合わせてゲノム編集を行った細胞株(Advanced Cell Line)を作製します。

Synthego社のiPS細胞のゲノム編集は,「iPS細胞のゲノム編集(CRISPR-Edited iPS Cells)受託サービス」をご覧下さい。
Synthego社のEngineered Cellsについての情報は,メーカーWEBサイトの「Engineered Cells」をご覧下さい。

サービスラインナップ

品名 サービス概要 納品物
Knockout Cell Poolアイコン
Knockout Cell Pool
標的タンパク質をノックアウトしたプール細胞株の作製。 ・2 vials of Knockout Cell Pools (1M cells/vial)
・2 vials of Wild Type Cells (1M cells/vial)
(Cas9またはguide不含のエレクトロポレーション済み細胞)
・Indel & Knockout Report
・Certificate of Analysis
Knockout Cell Poolアイコン
CRISPR Knockout Cell Clone
シークエンス確認済みのノックアウトしたクローン細胞株の作製 ・2 KO Cell Clones (2 vials each: 1M cells/vial)
・2 vials of Wild Type Cells (1M cells/vial)
(Cas9またはguide不含のエレクトロポレーション済み細胞)
・Indel & Knockout Report
・Certificate of Analysis
Advanced Cellアイコン
Advanced Cell Line
各種のゲノム編集細胞株の作製。 お問い合わせ下さい。


目次に戻る

Knockout Cell Pool

CRISPR-Cas9システムは便利な研究技術ですが,習得に時間が掛かります。Synthego社がお客様に代わって,sgRNAのデザイン,トランスフェクションの最適化,ゲノム編集,およびシークエンス評価からなる,Synthego社の厳格な細胞ゲノム編集を行い,各ノックアウト細胞プールを作製します。

■特長

  • 50%以上の遺伝子ノックアウト率を保証し,最適化の必要無く実験に使用できます。
  • 確実な遺伝子ノックアウトにより,お客様のアッセイに信頼性をもたらします。
  • わずか4週間で高効率,高品質なノックアウト編集プール細胞株を作製します。
  • Synthego社では最適な条件であることを確認するために,細胞株ごとに迅速なハイスループットの最適化を200種類の条件で行っています。
  • 標的タンパク質のノックアウト効率は最大95%を示します。
  • ご希望の細胞株においてご希望のタンパク質のノックアウトができ,作製したプール細胞を直接アッセイ,またはクローン細胞の単離に使用できます。

■品質検証例

200 Ways We Optimize CRISPR

Synthego社と他社製品とのindel(挿入欠失)導入効率の比較

トランスフェクションが困難な細胞においても,Synthego社のトランスフェクション最適化によりこれを克服することができる。THP-1細胞のゲノム編集効率は通常7%以下だが,Synthego社は82%に達する。Synthego社はタンパク質レベルで少なくとも50%のノックアウトを保証しており,通常のノックアウト効率は75%以上を示す。



Editing efficiency

一般的に用いられる24種類の細胞株すべてにおける50%以上のノックアウト効率

100種類以上の細胞株において200種類のトランスフェクション条件で,RELA遺伝子の編集をテストすることにより編集効率を最適化した。それぞれの細胞において高い細胞生存率と高いindel(挿入欠失)効率を示したものを,その細胞を編集するプロトコルとして採用した。一般的に用いられる24種類の細胞株において,編集効率を欠失部分のPCR増幅,解析,およびサンガー法シーケンシング法により算出した。



Protein Knockout

最大95%のタンパク質ノックアウト効率

Synthego社のKnockout Cell Poolは,クローン増殖することなく95%のタンパク質をノックアウトした。
左図:ある膜表面タンパク質ノックアウトしたプール細胞は87%のノックアウトスコアを示した。フレームシフト変異または21のヌクレオチド以上の変異のいずれかを導入したindel(挿入欠失)の割合を解析した。
右図:このタンパク質の発現レベルをフローサイトメトリーにより解析(青色)したところ,野生型と比較して95%まで減少した。ネガティブコントロール試料はアイソタイプコントロール抗体で染色した(紫色)。
Data provided by Eurofins-DiscoverX.

目次に戻る

CRISPR Knockout Cell Clone

一般的に遺伝子組換えCRISPRノックアウト細胞の作製には完了するまでには数か月が掛かり,さらに成功の保証もありません。Synthego社が代わってご希望のノックアウト細胞クローンを作製致します。Synthego社のCRISPR Knockout Cell Cloneはわずか10週間で数百種の細胞株についてご希望の遺伝子のノックアウトと,100%のシークエンス検証を行います。

■特長

  • 遺伝子機能をノックアウトしたクローンを効率的に作製します。CRISPRゲノム編集とクローン細胞作製にかかる時間と手間を省略できます。
  • 細胞株でご希望の遺伝子ノックアウトと,100%のシークエンス検証を行います。
  • わずか10週間で高品質なご希望のノックアウトクローナル細胞株を作製致します。

■品質検証例

200 Ways We Optimize CRISPR

機能的なMyoD1ノックアウト細胞クローンの作製検証

MyoD1をノックアウトしたC2C12細胞を作製するため4つのsgRNAを検証したところ,sgRNA 2がノックアウトスコアが>80%だった(左図)。6つのクローンを増幅用に選択し,ジョノタイピングを行ったところ,すべてホモ接合性または複合ヘテロ接合性となった。期待どおりに,MyoD1ノックアウト体は細胞の分化能力が破壊されていた(右図)。

目次に戻る

Advanced Cell Line

各種のゲノム編集細胞株の作製を行います。

■特長

  • タグ配列の挿入,SNPの導入,コドン改変等どのようなご希望にも対応可能です。また,ゲノム編集が難しい細胞株についてもご相談下さい。
  • ゲノム編集と組み合わせて,研究内容に対し関連する細胞種における,ノックインおよび特異的な塩基編集などのご相談も承ります。

■品質検証例

CRISPR Knock-in Clones

迅速・高効率なCRISPRノックインクローン編集

safe harbor部位内にGFPカセットをノックインするために修飾済みsgRNAを用いたところ,indel(挿入欠失)変異効率が50%以上に達した(左図)。この高編集効率による正確なノックインでクローンを迅速かつ容易に選択できた。解析したクローンの60%以上が期待通りのノックインを持つことを確認した(右図)。このプロジェクトは発注から出荷までわずか11週間だった。

目次に戻る

ご注文方法/価格

細胞株名」「ノックアウト遺伝子」をご連絡下さい

詳細は,下記の当社受託・特注品業務担当までお問い合わせ下さい。

目次に戻る

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。