HOME> 試薬> 免疫化学> 免疫染色(免疫組織染色)> 組織切片作製関連製品> 顕微鏡イメージング用高分子超薄膜Myell(マイエル)シリーズ
HOME> 試薬> 細胞培養> 細胞の解析> 細胞の分離/解析> 顕微鏡イメージング用高分子超薄膜Myell(マイエル)シリーズ

浮遊細胞・酵母・細菌・組織等のライブイメージングに! 顕微鏡イメージング用高分子超薄膜Myell(マイエル)シリーズ

掲載日情報:2020/12/02 現在Webページ番号:68875

Myell(マイエル)シリーズは顕微鏡イメージング用として開発された高分子超薄膜です。本製品を用いて観察試料をラッピングし,カバーガラスの代替とすることで,既存のプレパラート作製法にはない様々な利点が得られます。
本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。

Myell(マイエル)

Myell(マイエル)の製品イメージ

製品ラインナップ

商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

品名Myell A
(初回購入限定品)
Myell SMyell DMyell P
タイプ標準超薄膜高機能超薄膜多孔質超薄膜
商品コードMYLL-A3MYLL-S10MYLC-D10MYLL-P4
包装3枚入り10枚入り10枚入り4枚入り
適用浮遊系細胞保定/組織保定浮遊系細胞保定/組織保定/
乾燥防止/組織深部観察
浮遊系細胞保定/組織保定/
刺激因子投与
細孔無し無し有り(細孔ピッチ:6μm)
材質ポリ乳酸CYTOP®(撥水・撥油性)ポリ乳酸
膜厚60 nm120 nm60 nm
直径Ø27 mmØ27 mmØ27 mm

本製品は滅菌処理されていません。

目次に戻る

アプリケーション

  • 浮遊性細胞観察時の細胞移動による画像ブレの防止(Myell S, Myell D, Myell P)
  • 高倍率対物レンズによる,組織片などの深部イメージング(Myell D)
  • 組織片のタイリング撮影や三次元イメージングなど長時間にわたる画像取得中の試料の乾燥防止(Myell D)
  • ライブイメージング時に浮遊性細胞を観察領域内に保持した状態での薬剤投与(Myell P)

目次に戻る

Myell Sの特長・使用例

Myell Sはポリ乳酸製の超薄膜です。Myell Sで浮遊細胞や酵母などの細胞懸濁液をラッピングすることで,既存の観察法で問題となっていた顕微鏡観察中の細胞の移動を防止し鮮明な画像を得ることができます。
Myell DおよびMyell Pでも同等の効果が得られます。

■Myell Sによる細胞の保持

Myell Sによる細胞の保持効果を観察するため,Myell Sでラッピングした浮遊細胞を培地に浸し,培地をピペッティングした。その結果,ラッピングしていない細胞は,ピペッティングにより拡散し,観察領域外へ移動している様子が観察された(図1,動画1)。一方,ラッピングを行った細胞は,ピペッティングの影響を受けずに,観察領域内に保持されていた(図2,動画2)。

Myell Sでラッピングしていない細胞

図1.Myell Sでラッピング処理を行っていない浮遊細胞


動画1.Myell Sでラッピング処理を行っていない浮遊細胞



Myell Sでラッピングした浮遊細胞

図2.Myell Sでラッピング処理した浮遊細胞


動画2.Myell Sでラッピング処理した浮遊細胞


■Myell Sによる浮遊細胞のカルシウムイメージング

Myell Sでラッピングした浮遊細胞に対して,細胞内のカルシウム濃度を律動的に上昇させる作用(カルシウム振動)があるヒスタミン(ヒスタミンはMyell Sを透過する*)を添加し,カルシウムイメージングを行った。ここではカルシウムバイオセンサーとして,2つの蛍光タンパク質(ECFPとVenus)を連結したYC3.60を用い,カルシウム依存的なECFP由来の蛍光とVenus由来の蛍光輝度比の変化をカルシウム振動の指標とし,その経時変化を観察した(図3,動画3)。その結果,ヒスタミン添加に伴うピペッティング時にも浮遊細胞が顕微鏡観察領域内に保持され,カルシウム振動を30分間にわたって鮮明に可視化することに成功した(図4)。
*物質のMyell S透過性につきましては詳細な検討は行われておりません。ヒスタミン(M.W.:111)はある程度速やかに透過し,トリパンブルー(MW:961)は数分かけて浸透することが確認されています。トランスフェリン(M.W.:80,000)と抗体IgG(M.W.:150,000)は透過しません。外部からの物質をラッピング内部に確実に透過させたい場合には,Myell Pの使用を推奨いたします。

Myell Sを用いた浮遊細胞のカルシウムイメージング

図3.Myell Sでラッピング処理した浮遊細胞のカルシウムイメージング


動画3.Myell Sでラッピング処理した浮遊細胞のカルシウムイメージング


細胞のカルシウム振動の可視化

図4.図3の画像中において拡大して示した細胞の蛍光強度比の経時変化をプロットし,カルシウム振動を可視化した。
        励起波長:405 nm,蛍光波長:450 nm,525nm

目次に戻る

Myell Dの特長・使用例

Myell Dは撥水・撥油性のあるCYTOP®製の超薄膜です。Myell Dを用いることで組織の深部イメージングを容易に行うことができます。また,長時間のイメージング時の試料の乾燥防止にも効果的です。

■Myell Dを用いた深部イメージングの例

深部イメージングは組織の三次元的な構造を理解するために有用な手法です。しかし,一般的に用いられている高倍率の対物レンズの多くは作動距離が短く,カバーガラスをプレパラート作製に用いると,その厚みのために深部イメージングには支障がありました。Myell Dは厚さが一般的なカバーガラスの1/1,000未満と非常に薄く油浸レンズによる観察に対応しているため,高倍率対物レンズの作動距離を劇的に向上し,深部イメージングを容易に行うことが可能です。

通常の観察(カバーガラスを介した撮影)
Myell Dを介した観察

透明化したマウス脳切片 (Thy1-EYFP-H transgenic mice)を用いて,カバーガラスで作製したプレパラートとMyell Dで作製したプレパラート間で撮像可能な深度の比較を行った。カバーガラスを用いたプレパラートと比較して,Myell Dを用いたプレパラートでは2倍以上深くまでイメージングすることができた(参考文献1)。

■脳切片のタイリング撮影におけるMyell Dの使用例

組織片のタイリング撮影や三次元画像の撮影といった長時間を要する画像取得において,鮮明な画像を得るためには試料の乾燥に伴う収縮・変形を防止するための適切な対策が必要です。乾燥防止用途では,カバーガラスの周囲をマニキュアなどでシールする手法がよく用いられますが,マニキュアに含まれる成分が蛍光顕微鏡観察に影響を与えてしまう場合がありました。Myell Dによるラッピングはシーリング材による封入を必要とせずに,試料の乾燥を簡単かつ効果的に防止でき,蛍光顕微鏡観察にも影響を与えません。

ラッピング無し

Myellラッピング無しイメージ

マイエルによるラッピング

マイエルによるラッピングイメージ

GFP発現マウスの脳切片を固定し,Myell Dによってラッピングをした試料と,ラッピングしない試料とでタイリング撮影を行い,得られた画像を比較した(下図)。

Myellラッピング無し染色画像

三次元画像取得中に試料が乾燥・収縮し,Z軸方向に画像のブレがみられる(Z軸方向で細胞体が彗星状に撮影されている)。

マイエルによるラッピング染色画像

ラッピングによって試料の乾燥・収縮が防止でき,より鮮明な画像が得られた(Z軸方向でも細胞体が丸く鮮明に撮影できている)。



目次に戻る

Myell Pの特長・使用例

Myell Pは多数の細孔が施されたポリ乳酸製の超薄膜です。Myell Pはこれらの多数の細孔を介して水溶性の分子をスムーズに透過します。Myell Pを用いることで,ラッピングした試料を保持し観察しながら,外部から薬剤などの液性刺激因子の投与や抗体標識処理を効率的に行うことができます。


多孔質超薄膜の電子顕微鏡写真

Myell Pに施された細孔の電子顕微鏡画像

Myell Pを用いた浮遊細胞の薬剤処理の模式図

Myell Pを用いた試料のラッピングと外部からの液性刺激因子投与の模式図

■Myell Pによる浮遊細胞に結合する蛍光標識抗体のライブイメージング

細胞に対して外部から薬剤や蛍光標識抗体などの水溶性物質を投与し,その反応を観察する実験手法は広く行われる手法です。しかし,浮遊細胞の場合には,既存のプレパラート作製法を用いたライブイメージング中に外部から水溶性物質を投与すると,視野外に細胞が流れ出してしまうため,同一細胞を処理前後で追跡し続けるのは現実的ではありませんでした。Myell Pでラッピングした場合,外部から水溶性物質を投与しても視野内に細胞が保持されるため,継続して観察が行うことが可能です。



Myell PでラッピングしたRaji細胞に対して,外部からAlexa Fluor®594 標識抗CD20抗体を投与したところ,Raji細胞が速やかにラベリングされる様子が観察された(参考文献2)。

目次に戻る

使用方法


■試料のラッピング

安定な試料台にカバーガラス(直径25 mm以下)を水平に置きます。観察する試料がカバーガラスに乗った状態にして,Myellをくぐらせる(Myellを押し当てて破ります)ことで試料とカバーガラスがラッピングされます。

Myell Pの試料のラッピング



■正立顕微鏡を用いた観察方法の例

Myellでラッピングした試料を正立顕微鏡を用いて観察する場合には,スライドガラスまたはシャーレ上に置くか,または顕微鏡のステージに直接のせて観察します。

正立顕微鏡を用いた観察方法の例

この用途での推奨製品:Myell S(スタンダード)
Myell D(高機能タイプ 乾燥防止効果あり)

ラッピング済みの試料をシャーレに置く

この用途での推奨製品:Myell S(スタンダード)
Myell D(高機能タイプ 乾燥防止効果あり)



■倒立顕微鏡を用いた観察方法の例

Myellでラッピングした試料を倒立顕微鏡を用いて観察する場合には,シャーレ上に置いて観察します。この場合には観察試料を水に浸して乾燥を防いだり,アガロースゲルで包埋したりといったことも可能です。また,Myell Pを用いる場合にも同様の方法で薬剤などの水溶性刺激因子を含んだ溶液を加えて試料の応答を観察します。

倒立顕微鏡を用いた観察方法の例

●観察バリエーション

  • 水を入れ乾燥を防ぎながら長時間観察
    (浮遊系細胞の保定効果,組織保定効果)
  • アガロースゲルでラッピング済みの試料を包埋
    (組織保定効果の増大,乾燥防止効果,薬剤保持効果)
    Myell Dは単体でも乾燥防止効果があります。
  • この用途での推奨製品:Myell S(スタンダード),
    Myell D(高機能タイプ 乾燥防止効果あり)

●観察バリエーション

  • 薬剤などの水溶性刺激因子に対する応答観察
    (刺激因子投与,浮遊系細胞の保定効果,乾燥防止効果)
  • この用途での推奨製品:Myell P(多孔質タイプ)

目次に戻る

参考文献

  1. Zhang, H., et al., PLoS ONE., 15, e0227650 (2020). PMID: 31923215.
  2. Zhang, H., et al., J. Mater. Chem. B., 6, 6622 (2018). PMID: 31999284.

目次に戻る

価格

Myell A については初回のみ(1研究室1つ)購入可能で,専用注文用紙が必要です。ご注文の際には,専用注文用紙をダウンロードし,必要事項をご記入の上,販売店様にお渡し下さい。

[在庫・価格 :2021年01月22日 16時51分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Myell A (マイエル A)
1週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
ポリ乳酸製の超薄膜です。浮遊細胞、酵母などの観察試料をラッピングし、カバーガラスの代わりに使用することで顕微鏡イメージング時に試料の保定効果が得られます。※本製品は初回のみ(1研究室1つ)購入可能です。ご注文の際には,専用注文用紙をダウンロードし,必要事項をご記入の上,販売店様にお渡し下さい。初回購入限定品。カバーガラスの代替品として用いることのできる標準超薄膜。浮遊系細胞保定/組織保定用。初回のみ(1研究室1つ)購入可能で,専用注文用紙が必要です。ポリ乳酸製。膜厚60 nm,直径φ27 mm。
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ ニュース2020年3月15日号 p.23

製品記事
関連記事
Myell S (マイエル S)
1週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
ポリ乳酸製の超薄膜です。浮遊細胞、酵母などの観察試料をラッピングし、カバーガラスの代わりに使用することで顕微鏡イメージング時に試料の保定効果が得られます。カバーガラスの代替品として用いることのできる標準超薄膜。浮遊系細胞保定/組織保定用。ポリ乳酸製。膜厚60 nm,直径φ27 mm。
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ ニュース2020年3月15日号 p.23

製品記事
関連記事
Myell D (マイエル D)
1週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
撥水・撥油性のあるCYTOP®製の超薄膜です。観察試料をラッピングし、カバーガラスの代わりに使用することで試料の乾燥による収縮を防止し、組織片のタイリング撮影や3次元イメージングなど、長時間の顕微鏡イメージングでも鮮明な画像を撮影することができます。また、油浸レンズによる観察にも対応しています。カバーガラスの代替品として用いることのできる高機能超薄膜。浮遊系細胞保定/組織保定/乾燥防止用。CYTOP(撥水・撥油性)製。膜厚120 nm,直径φ27 mm。
法規制等
保存条件 暗所保存 法規備考
掲載カタログ ニュース2020年3月15日号 p.23

製品記事
関連記事
Myell P (マイエル P)
1週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
多数の細孔が施されたポリ乳酸製の超薄膜です。浮遊細胞などのライブイメージング時にMyell Pでラッピングすることで視野内に細胞を保持したまま、液性刺激因子を投与し細胞の応答を観察することができます。カバーガラスの代替品として用いることのできる多孔質超薄膜(細孔ピッチ6μm)。ポリ乳酸製。膜厚60 nm,直径φ27 mm。
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ ニュース2020年3月15日号 p.23

製品記事
関連記事

[在庫・価格 :2021年01月22日 16時51分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

Myell A (マイエル A)

文献数:0

説明文 ポリ乳酸製の超薄膜です。浮遊細胞、酵母などの観察試料をラッピングし、カバーガラスの代わりに使用することで顕微鏡イメージング時に試料の保定効果が得られます。※本製品は初回のみ(1研究室1つ)購入可能です。ご注文の際には,専用注文用紙をダウンロードし,必要事項をご記入の上,販売店様にお渡し下さい。初回購入限定品。カバーガラスの代替品として用いることのできる標準超薄膜。浮遊系細胞保定/組織保定用。初回のみ(1研究室1つ)購入可能で,専用注文用紙が必要です。ポリ乳酸製。膜厚60 nm,直径φ27 mm。
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ ニュース2020年3月15日号 p.23

製品記事
関連記事

Myell S (マイエル S)

文献数:0

説明文 ポリ乳酸製の超薄膜です。浮遊細胞、酵母などの観察試料をラッピングし、カバーガラスの代わりに使用することで顕微鏡イメージング時に試料の保定効果が得られます。カバーガラスの代替品として用いることのできる標準超薄膜。浮遊系細胞保定/組織保定用。ポリ乳酸製。膜厚60 nm,直径φ27 mm。
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ ニュース2020年3月15日号 p.23

製品記事
関連記事

Myell D (マイエル D)

文献数:0

説明文 撥水・撥油性のあるCYTOP®製の超薄膜です。観察試料をラッピングし、カバーガラスの代わりに使用することで試料の乾燥による収縮を防止し、組織片のタイリング撮影や3次元イメージングなど、長時間の顕微鏡イメージングでも鮮明な画像を撮影することができます。また、油浸レンズによる観察にも対応しています。カバーガラスの代替品として用いることのできる高機能超薄膜。浮遊系細胞保定/組織保定/乾燥防止用。CYTOP(撥水・撥油性)製。膜厚120 nm,直径φ27 mm。
法規制等
保存条件 暗所保存 法規備考
掲載カタログ ニュース2020年3月15日号 p.23

製品記事
関連記事

Myell P (マイエル P)

文献数:0

説明文 多数の細孔が施されたポリ乳酸製の超薄膜です。浮遊細胞などのライブイメージング時にMyell Pでラッピングすることで視野内に細胞を保持したまま、液性刺激因子を投与し細胞の応答を観察することができます。カバーガラスの代替品として用いることのできる多孔質超薄膜(細孔ピッチ6μm)。ポリ乳酸製。膜厚60 nm,直径φ27 mm。
法規制等
保存条件 法規備考
掲載カタログ ニュース2020年3月15日号 p.23

製品記事
関連記事

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。