HOME> 試薬> 遺伝子工学> 遺伝子発現抑制> shRNA/siRNA> Custom Lentivirus Packaging受託サービス
HOME> 試薬> 遺伝子工学> タンパク質発現システム> 哺乳動物細胞発現ベクター> Custom Lentivirus Packaging受託サービス
HOME> 受託サービス・特注品> 遺伝子工学・植物工学> ウイルスベクター作製> Custom Lentivirus Packaging受託サービス

レンチウイルス粒子を作製する受託サービス Custom Lentivirus Packaging受託サービス

掲載日情報:2020/01/14 現在Webページ番号:68856

Lentivirus Packagingによるレンチウイルス粒子(Lentiviral particles)作製受託サービスです。レンチウイルスベクターをHEK293Tパッケージング細胞にコトランスフェクションすることによってパッケージングを行います。
TransOMIC Technologies社により最適化された独自のプロトコルと試薬を用いて,高品質で信頼できるcDNAとORFクローンのレンチウイルス粒子を作製します。
レンチウイルス粒子は,分裂・非分裂細胞および分裂終了細胞を含む幅広い細胞種への効率的な遺伝子導入に用いられています。

レンチウイルス粒子作製概要

レンチウイルス粒子作製イメージ

  受託サービス部分
cDNAまたはORFクローン
の選択
矢印 コトランスフェクション 矢印 ウイルス産生 矢印 上清を回収 矢印 ウイルス粒子の確認


transOMIC社の技術によるレンチウイルス粒子作製イメージ

レンチウイルス粒子は,標準化した方法で作製されています。

目次に戻る

特長

  • お客様ご自身で目的配列を組み込んだレンチウイルスベクターをご用意いただくか,TransOMIC Technologies社のcDNAまたはORFクローンを選択いただけます(下記参照)。
  • ウイルス力価は,形質導入細胞での機能発現を測定する方法で決定します(ウイルス粒子要素の物理的な導入位置は確認しません)。
  • より一貫した信頼性の高い結果が得られるようにウイルスストックの高い品質を保証しています。

目次に戻る

TransOMIC Technologies社クローンコレクション検索方法

TransOMIC technologies社は『FETCH my gene』検索システムにより,RNAiコレクション,cDNAコレクション,Yeastコレクションなど,遺伝子機能研究に有用な遺伝子リソースを提供しています。
『FETCH my gene』検索システムの詳細は,「クローンコレクション検索方法」の記事をご覧下さい。

目次に戻る

納品物

  • レンチウイルス粒子(Lentiviral particles)

目次に戻る

ご注文方法/納期/価格

ご依頼の内容に応じてお見積もりします。詳細は,当社受託・特注品業務担当までお問い合わせ下さい。

目次に戻る

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。