HOME> 試薬> 細胞培養> 細胞の解析> 細胞生存率/細胞毒性/多剤耐性> Reliablue™ Cell Viability Reagent
HOME> 試薬> 生化学一般試薬/その他> 生化学アッセイキット> Reliablue™ Cell Viability Reagent

細胞増殖,生存率,細胞毒性の測定に最適です! Reliablue™ Cell Viability Reagent

掲載日情報:2019/06/24 現在Webページ番号:68756

細胞培養時における細胞の増殖率または生存率を,蛍光法により測定できる試薬です。レザズリン(resazurin)ベースで細胞毒性がなく,また96-well以上のマルチプレートアッセイに最適化されているため,ハイスループットな試験化合物のスクリーニングにもお勧めいたします。

アッセイイメージ

操作方法概略

操作方法概略

目次に戻る

特長

  • 高感度です。
  • Ready-to-useの単一試薬で測定できます。
  • ⌀0.22μmのフィルターで無菌処理された,細胞培養グレードの試薬です。
  • 細胞溶解の必要のない非破壊的かつ連続的なアッセイのため,測定後の細胞は以降の実験に使用可能です。
  • 測定試料:接着細胞,浮遊細胞(→使用実績のある細胞株
  • MTT AssayやXTT Assayに比べて短い時間で結果が得られます。
  • インキュベーション時間:1時間*
  • 測定方法:蛍光
  • 測定波長:励起 540~570 nm/蛍光 580~600 nm
  • 適用:細胞増殖率,細胞生存率,細胞毒性,代謝の測定
  • アッセイ数(包装):2,500 assays(25 ml)

表示のインキュベーション時間は初回試験用の推奨時間です。試験化合物によって異なり,30分以内で済む場合から最大24時間要する場合もあります。

測定には蛍光プレートリーダーが必要です。
培地および96-well culture plateは含まれていません。別途ご用意下さい。

目次に戻る

従来法との比較

ATCC® No.をクリックすると価格表をご覧いただけます。

測定方法 Reliablue
Cell Viability Reagent
他のレザズリン
ベースアッセイ
MTT
Cell Proliferation Assay
XTT
Cell Proliferation Assay
ATP
アッセイ
メーカー
ATCC® No. 30-1014 30-1010K 30-1011K
包装
価格
在庫
生細胞の維持 Yes Yes No No No
⌀0.22μmフィルター処理 Yes Varies No No No
細菌,酵母,真菌類,
マイコプラズマ非検出
Yes Varies No No No
試薬のpHが生理学的pH Yes Varies No No No
試薬の浸透圧が生理学的浸透圧 Yes Varies No No No
細胞培養グレード Yes Varies No No No

目次に戻る

様々なATCC®細胞株の生存曲線

使用例

様々なATCC®細胞株および初代細胞を,96-wellプレートに表記の細胞数で播種した。Reliablue Reagentを加え,37℃/5%CO2で表記の時間インキュベートした後に,蛍光シグナル(励起 570 nm /蛍光 590 nm)を測定した。

© 2019 American Type Culture Collection. The ATCC trademark and trade name, and any other trademarks listed in this publication are trademarks owned by the American Type Culture Collection unless indicated otherwise.

目次に戻る

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。