HOME> 試薬> 細胞培養> 幹細胞> 間葉系幹細胞> 軟骨細胞分化誘導キット
HOME> 試薬> 細胞培養> 細胞培養一般試薬> 細胞培養用培地> 軟骨細胞分化誘導キット
HOME> 試薬> 細胞培養> 細胞の解析> 細胞の性状/分化> 軟骨細胞分化誘導キット

軟骨細胞分化誘導キット

掲載日情報:2022/02/22 現在Webページ番号:68285

ヒト間葉系幹細胞(hMSC)から軟骨細胞に分化誘導できるキットです。
本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。


特長

  • 軟骨細胞分化誘導培地に交換してから、1週間以内に軟骨のマスター制御因子であるSox 9とⅡ型コラーゲンmRNAの発現が確認できます。
  • 3~4週間の培養後、アグリカンの発現をアルシアンブルーで染色することで同定可能です。
  • 間葉系幹細胞をプレートに播種する際、シード培地を使用することで、凝集塊の形成を促し、効率的に分化します。
  • 臨床用幹細胞の分化能を効率良く検討できます。
  • 48ウェルプレート約2枚分の分化誘導が可能です(フラスコ、シャーレでも使用可)。

目次に戻る

キットの原理

TGF-β、dexamethasone、ITS supplementおよびascorbateを含む培地で、幹細胞から軟骨細胞への分化に適した条件に設定してあります。


目次に戻る

使用例

軟骨細胞分化ステップ1

1. 48ウェルプレートに間葉系幹細胞と10μlのシード用培地を播種し、CO2インキュベーター(37℃、5%)で一晩培養する。

軟骨細胞分化ステップ2

2. 一晩培養後、細胞が凝集するため、軟骨細胞分化誘導培地を添加して培養する。

軟骨細胞分化ステップ3

3. 培養開始して3~4週間後にアルシアンブルーで染色した写真。軟骨細胞に分化したことが確認できる。



目次に戻る

キット内容

  • 軟骨細胞分化誘導培地:100 ml、2%FBS添加済
  • シード用培地:20 ml、FBS未添加

培地は抗生物質入り(ペニシリン、ストレプトマイシン、アムホテリシン)。

軟骨細胞分化誘導キットの外観

写真と実際の内容物が異なる可能性があります。


目次に戻る

バイオ未来工房の間葉系幹細胞研究用製品

バイオ未来工房の製品のみで、幹細胞の分離から、各細胞への分化誘導・確認まで可能です。
()内に商品コードが記載されている製品については、製品名をクリックすると各製品の詳細をご覧になれます。

バイオ未来工房の間葉系幹細胞研究用製品

脂肪幹細胞分離キット 間葉系幹細胞分離培地 間葉系幹細胞増殖培地 幹細胞分離基材 脂肪細胞分化誘導キット 骨芽細胞分化誘導キット 軟骨細胞分化誘導キット Oil Red O染色キット Alizarin Red S染色キット Alcian Blue染色キット

目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2024年04月20日 13時15分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
軟骨細胞分化誘導キット
1週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
ヒト間葉系幹細胞(hMSC)から軟骨細胞に分化誘導できるキット。
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2023年3月1日号 p.18

製品記事
関連記事

[在庫・価格 :2024年04月20日 13時15分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

軟骨細胞分化誘導キット

文献数: 0

説明文 ヒト間葉系幹細胞(hMSC)から軟骨細胞に分化誘導できるキット。
法規制等
保存条件 4℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2023年3月1日号 p.18

製品記事
関連記事


目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。