HOME> お知らせ> Cytognos社ウェビナーのお知らせ
(多発性骨髄腫の治療における微小残存病変の評価)

Cytognos社ウェビナーのお知らせ
(多発性骨髄腫の治療における微小残存病変の評価)

掲載日情報:2021/03/22 現在Webページ番号:68275

Cytognos社(メーカー略称:CGS)では 2021年3月30日(火) 18時~19時(日本時間)にウェビナーを開催します。是非ご覧いただき,皆様の今後のご研究にお役立て下さい。


Multiple Myeloma Minimal Residual Disease

・演題:Experience with MM MRD in our clinical laboratory: theory and practice
・演者:Mr. Mantas Radzevičius(ビリニュス大学病院:リトアニア)
・言語:英語
・開催日:2021年3月30日(火)18:00~19:00(日本時間)
・応募方法:Cytognos社の応募フォームからご登録下さい。ご登録いただいたメールアドレスに,ウェビナー参加先のURLを記したメールを配信いたします。


■ ウェビナー要旨

多発性骨髄腫(MM)の治療において,微小残存病変(MRD)のレベルは,治療効果の深さと長期治療成績を結びつけるために最も重要です。近年の治療法の進歩により,MRDの評価を含む,より感度の高い評価基準が求められています。そのためMRD は,全生存期間を予測し,多発性骨髄腫の新治療法の評価するための最良の代替マーカーの1つと定義されています。

■ 主なトピックス

  • MRD評価の理論的基礎と臨床での活用法
  • ラボにおけるフローサイトメトリーの標準的なガイドラインの導入方法
  • MM MRD試料の必要性と,試料の適切性を判断する方法
  • MM MRD解析においてコンセンサスが得られた抗体パネル
  • 手動および自動解析における解析の落とし穴と困難さ
  • MM MRDに関連する臨床情報

■ 演者について

Mr. Mantas Radzevičius

Mr. Mantas Radzevičius
(ビリニュス大学病院:リトアニア)


Mantas Radzevičius works at Vilnius University Hospital Santaros Klinikos, in the Hematology and General Cytology laboratory, as a laboratory medicine physician. He performs flow cytometry assays in patients with hematological conditions including leukemia/lymphoma, multiple myeloma, PNH and MDS. Mantas cooperates with international organizations such as ESCCA and NOPHO. His PhD project is focused on the interaction between tumour cells and their immune microenvironment, as well as expression of immune checkpoint molecules.


お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。