HOME> お知らせ> Cytognos社ウェビナーのお知らせ
(フローサイトメトリーを用いたOX40分析によるSARS-CoV-2感染に対するT細胞応答の評価)

Cytognos社ウェビナーのお知らせ
(フローサイトメトリーを用いたOX40分析によるSARS-CoV-2感染に対するT細胞応答の評価)

掲載日情報:2021/02/10 現在Webページ番号:68262

Cytognos社(メーカー略称:CGS)では 2021年2月16日(火) 19時~20時(日本時間)にウェビナーを開催します。是非ご覧いただき,皆様の今後のご研究にお役立て下さい。


SARS-CoV-2 T cell responses

・演題:Capabilities of the flow cytometric OX40 assay to determine specific SARS-CoV-2 T cell responses
・演者:Eduardo Lopez-Granados, MD(ラパス大学病院:スペイン)
    Luz Yadira Bravo Gallego, MD(ラパス生物医学研究所(IdiPAZ):スペイン)
・言語:英語
・開催日:2021年2月16日(火)19:00~20:00(日本時間)
・応募方法:Cytognos社の応募フォームからご登録下さい。ウェビナーのURLなどがe-mailで送られてきます。

フローサイトメトリーでOX40分析を行うAct-T4 Cell Kitについてはこちらをご覧下さい。


■ ウェビナー要旨

SARS-CoV-2に対する適応免疫応答には,特異的抗体の産生とT細胞の応答が含まれます。T細胞の活性化マーカーCD134(OX40)およびCD25を細胞表面に発現した特異的CD4エフェクターT細胞の亜集団を同定することは,研究対象となる病原体のマイトジェンや特異的抗原を血液中に加えてインキュベートした後,フローサイトメトリーで検出および定量化することができ,多くの感染症での有用性が実証されています。
本ウェビナーでは,SARS-CoV-2由来ペプチドに対するCD4+ T細胞特異的反応を同定するためのOX40アッセイのセットアップにおけるこれまでの経験と,自然感染やワクチン接種に対する反応の度合いと特徴を決定するための現在進行中のアプリケーションについて説明します。


■ 演者について

Dr. Eduardo Lopez-Granados

Eduardo Lopez-Granados, MD
(ラパス大学病院:スペイン)


Eduardo Lopez-Granados, MD is the Head of the Clinical Immunology Department at La Paz University Hospital, in Madrid, Spain, reference center for the diagnosis and management of primary Immunodeficiencies (PID), and other immune-based diseases.

Dr. Lopez-Granados is Director of the Lymphocyte Pathophysiology Group at La Paz Biomedical Research Institute (IdiPAZ) and the Rare Diseases of the Immune System Group, at the Spanish Rare Disease Network Research Center (CIBERER). La Paz University Hospital coordinates the European Reference Network for Pediatric Transplantation (ERN-TRANSPLANTChild), being Dr. Lopez Granados Coordinator of the Network´s Research Working Group.

He has a solid experience in the use of flow cytometry as a diagnostic and research tool, being author of several publications that present innovative flow-cytometric approaches in clinic. He is member of the PID Group of the EuroFlow consortium since 2011. He is deeply involved in the development and clinical implementation of novel diagnostic tools for the analysis of cellular and antibody responses to SARS-CoV-2, in healthy and immunocompromised patients.



Dr. Luz Yadira Bravo Gallego

Luz Yadira Bravo Gallego, MD
(ラパス生物医学研究所(IdiPAZ):スペイン)


Luz Yadira Bravo Gallego, MD is the Medical Advisor of the European Reference Network for Pediatric Transplantation (ERN-TRANSPLANTChild) and belongs to the Lymphocyte Pathophysiology Group at La Paz Biomedical Research Institute (IdiPAZ) and the Rare Diseases of the Immune System Group, at the Spanish Rare Disease Network Research Center (CIBERER).

Dr. Bravo Gallego is an expert in the clinical and immunological evaluation of the host-pathogen interaction in several clinical scenarios, with particular dedication to the analysis of the immune competence in pediatric patients that receive a Hematopoietic and Stem Cell Transplantation, in which she is focusing her PhD project.


お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。