HOME> お知らせ> Cytognos社ウェビナーのお知らせ
(リンパ球スクリーニングチューブを用いたフローサイトメトリー自動解析)

Cytognos社ウェビナーのお知らせ
(リンパ球スクリーニングチューブを用いたフローサイトメトリー自動解析)

掲載日情報:2020/11/19 現在Webページ番号:68245

Cytognos社(メーカー略称:CGS)では 2020年11月26日(木)19時~20時(日本時間)にウェビナーを開催します。是非ご覧いただき,皆様の今後のご研究にお役立て下さい。

・演題:Why changing from manual to automated analysis of the LST tube?
・演者:Maria Arroz, MD(S. Francisco Xavier病院,ポルトガル)
・言語:英語
・開催日:2020年11月26日(木)19:00~20:00(日本時間)
・応募方法:Cytognos社の応募フォームからご登録下さい。ウェビナーのURLなどがe-mailで送られてきます。


maria-arroz

■ ウェビナー要旨

悪性血液腫瘍の検出法の開発と標準化を行っているEuroFlowコンソーシアムでは,T細胞とB細胞だけでなく,NK細胞,単球,好中球,好酸球のサブセットの同定のためにリンパ球スクリーニングチューブ(LST)をデザインしました。
血液腫瘍学およびマルチパラメトリックフローサイトメトリーにおいて,異常および残留正常細胞集団の解析の際に,従来の専門家による二変量ドットプロットに基づく手動でのゲーティング法は,日常的な診断ではもはや最適な手法ではなくなりました。

本ウェビナーでは,自動化ゲーティングおよび分類アルゴリズムに基づく新たなアプローチについてご説明します。最初に,末梢血リンパ球サブセットの自動識別のためのLST参照データベースの構築と,正常および慢性リンパ増殖性疾患(CLPD)データファイルの大規模セットに対する,クラスタリングとデータベース比較の併用に基づいた検証についてご説明します。
次に,CLPD症例4例におけるT細胞とB細胞について紹介し,さらにInfinicyt2.0ソフトウェアを用いた有毛細胞白血病症例のライブ分析を行います。


■ 演者について

  • Maria Arroz, MD and Clinical Pathologist, is the Director of the Flow Cytometry Laboratory at CHLO Hospital S. Francisco Xavier in Lisbon. This hospital is a reference center for clinical applications of flow cytometry and its facilities are used to teach new users of this field in Portugal. The research is mainly focused on the immunology of HIV infection, leukemia/lymphoma diagnosis and minimal residual disease in multiple myeloma.
  • During the last decades, Maria has been director of the Flow Cytometry Laboratory at Hospital Egas Moniz (1993-2008), of the Clinical and Reference Laboratory Units in the National Institute of Health (2008-2009) and of the Flow Cytometry Laboratory at CHLO, Hospital S. Francisco Xavier (2009 to present).
  • During her career, she has been a remarkable member of several flow cytometry societies and committees, such as the ICCS Quality & Standards Committee, CCEN Course Committee, Clinical Cytometry Society Council etc. She has also been Vice-president of the Iberian Cytometry Society, Board member of the European Society for Clinical Cell Analysis (ESCCA), Director of the ESCCA Clinical Cytometry courses, President of the 14th ESCCA conference, Board member and Associate Editor of Cytometry “Clinical Cytometry”.
  • Maria has delivered over 70 invited lectures, at courses and conferences in 18 different countries around the world, and has authored or co-authored numerous research contributions.

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。