HOME> 受託サービス・特注品> タンパク質発現> 無細胞発現系> 無細胞系タンパク質発現受託サービス

膜タンパク質の発現も可能です 無細胞系タンパク質発現受託サービス

掲載日情報:2020/07/13 現在Webページ番号:68147

コムギ胚芽抽出液無細胞系を用いたタンパク質発現の受託サービスです。独自システムの使用により高い収量での合成が可能になり,また従来,合成が難しかった膜タンパク質などの合成も可能となりました。
無細胞系タンパク質発現を行うキットについてはこちらをご覧下さい。
本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。


タンパク質合成について

合成できるタンパク質の例

合成できるタンパク質の例


新型コロナウイルスのACE2タンパク質受容体結合ドメイン(RBD)の発現例

無細胞タンパク質合成キット(#PSS4050)を用いた新型コロナウイルスのACE2タンパク質レセプター結合ドメイン(RBD)の発現例
遺伝子のご提供:日本獣医生命科学大学 渋井教授
2020年6月現在,新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のタンパク質(スパイクタンパク質など)は組換え発現を行うことができませんが,本キットは無細胞合成系のため新型コロナウイルスのタンパク質合成にも使用できます。



目次に戻る

特長

  • 目的タンパク質の必要量に応じて合成スケールを選択でき,220 mlの合成系ではmgオーダーのご提供が可能です。
  • 目的タンパク質の局在性に依存せず,細胞内,膜,分泌タンパク質のいずれも合成が可能です。
  • ヘテロダイマーや,システインリッチのタンパク質の合成実績もあります。
  • 数10~100 kDa超までの分子サイズのタンパク質の合成に適応可能です。
  • 人工遺伝子合成からのサービス,またはお客様にて作製した鋳型遺伝子を用いたサービスをご選択いただけます。また,発現タンパク質の精製法もご選択いただけます(サービスの流れ参照)。

鋳型遺伝子の作製はPCRのみで行えます。詳細は無細胞系タンパク質発現を行うキットのページをご覧下さい。


目次に戻る

サービスの流れ


人工遺伝子合成 鋳型遺伝子のご提供
(お客様にて作製)
発現確認・合成
(合成スケール:110μl~220 ml)
精製
  • アフィニティクロマトグラフィー(His,GST,MBP)
  • イオン交換クロマトグラフィー
  • ゲルろ過クロマトグラフィー

目次に戻る

価格/納期の目安


ステップ 詳 細 価 格 納期の目安
人工遺伝子合成 45円/bp + 50,000円 約3週間
発現確認・合成 2×110μl合成系 70,000円 約2~3週間
5.5 ml合成系 130,000円
110 ml合成系 300,000円 約4週間
220 ml合成系 450,000円
精製
(220 ml合成系まで)
アフィニティ精製 150,000円 2~4週間
イオン交換 250,000円
ゲルろ過 300,000円

目次に戻る

ご注文方法

詳細については,当社受託・特注品業務担当までお問い合わせ下さい。

目次に戻る

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。