HOME> 受託サービス・特注品> 創薬・薬物動態> 多数試料における多数遺伝子の発現解析受託サービス
HOME> 受託サービス・特注品> 遺伝子工学・植物工学> 遺伝子定量> 多数試料における多数遺伝子の発現解析受託サービス
HOME> 受託サービス・特注品> 細胞・培養関連> 細胞・組織実験> 多数試料における多数遺伝子の発現解析受託サービス

化合物など目的試料の作用のスクリーニングに有用です 多数試料における多数遺伝子の発現解析受託サービス

掲載日情報:2018/11/19 現在Webページ番号:68091

多数試料における多数遺伝子の発現解析を一度に行う受託サービスです。集積流体回路を用いた遺伝子解析装置であるBiomarkTM HD System(Fluidigm社)を用いて発現解析を行います。
オーピーバイオファクトリー(三文字略称:OPB)社の受託サービス一覧はこちら
本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。


Biomark写真

遺伝子発現解析について

調べたい試料(化合物など)の作用による細胞の遺伝子発現量の変化を高感度で検出可能です。

試料の作用
mRNA  ・・・  遺伝子発現解析  ・・・  感度:
タンパク質  ・・・  ウエスタンブロッティングなど  ・・・  感度:低
代謝物  ・・・  メタボローム解析  ・・・  感度:化合物によって異なる
表現型

目次に戻る

多数試料における多数遺伝子発現の同時検出について

化合物,抽出物,タンパク質などの試料の生理活性を確認するためには,通常,多数のアッセイ系で確認する必要があります。本システムは,多数の試料がどのような遺伝子の変動をもたらすかを知ることにより,試料の生理活性を低コストで推定することを可能にします。そのため,以下のような用途に有用です。

  • ドラッグリポジショニング
  • 天然素材由来抽出物の生理活性探索
  • 遺伝子発現解析において,タイムコース,Doseなどについて多数試料の解析が必要な場合

目次に戻る

解析用RNA試料の調製について

遺伝子発現解析を行うためには,調べたい試料を作用させた培養細胞などから,RNAなどの解析用試料の調製が必要となります。
本サービスではご要望に応じて,解析用試料の調製から承ることもできます。手間と技術を要する細胞培養をオーピーバイオファクトリーに委託することで,調べたい試料(化合物など)をご用意いただくだけで,多数の遺伝子の発現を手軽に調べることが可能です。

目次に戻る

サービスの特長

  • 48試料×48遺伝子(=2,304反応)や96試料×96遺伝子(=9,216反応)を同時検出できます。
  • Gene Chip(少数試料×多数遺伝子)やReal-time PCR(多数試料×少数遺伝子)に比べ,低コストで多数試料×多数遺伝子の解析が可能です。
  • ご要望に応じて,細胞より解析用RNAを調製することから承ることもできます。また,解析遺伝子や細胞の選定など,実験系の組み立ての段階からのご相談も承ります。

目次に戻る

サービスの流れ

  1. 実施内容の打ち合わせ
  2. 化合物・抽出物など試料のご提供
    (オーピーバイオファクトリーにて細胞へ作用させる場合)
  3. 最適濃度の試料を用いた細胞への作用実験
  4. RNA精製,cDNA合成
    (お客様にて細胞へ作用させる場合,RNAのご提供)
  5. BiomarkTM HDを用いた遺伝子発現分析
  6. 遺伝子発現解析
  7. 解析データ・報告書の納品

目次に戻る

便利な関連サービスもご用意しております

目次に戻る

ご注文方法/納期/価格

ご依頼の内容に応じてお見積もりします。詳細は,当社受託・特注品業務担当までお問い合わせ下さい。

目次に戻る

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。