HOME> 試薬> 細胞培養> 細胞培養一般試薬> Antioxidant Mixture

植物の褐変防止用試薬 Antioxidant Mixture

掲載日情報:2018/05/17 現在Webページ番号:67895

植物組織培養において,酸化による表面の褐変を防止するために用いる試薬です。抗酸化物質としてアスコルビン酸とクエン酸が配合されています。また,植物組織の漂白液による消毒に伴う酸化,褐変後の退色にも使用できます。
本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。

Antioxidant Mixture

特長

  • 標準的な使用濃度:0.25 g/L
  • 標準的な調製可能な溶液量:10 L(使用時の容量)

適度な濃度のストック溶液を調製し,使用時に新しい培地に添加して下さい。

目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2022年05月17日 12時51分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Antioxidant Mixture
2~3週間 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
植物の褐変防止用試薬。抗酸化物質としてアスコルビン酸とクエン酸が配合されている。また,植物組織の漂白液による消毒に伴う酸化,褐変後の退色にも使用できる。標準的な使用濃度:0.25 g/L。標準的な調製可能な溶液量:10 L。
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

製品記事 PhytoReady Murashige and Skoog Multiplication Medium
植物研究製品特集
関連記事

[在庫・価格 :2022年05月17日 12時51分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

Antioxidant Mixture

文献数:0

説明文 植物の褐変防止用試薬。抗酸化物質としてアスコルビン酸とクエン酸が配合されている。また,植物組織の漂白液による消毒に伴う酸化,褐変後の退色にも使用できる。標準的な使用濃度:0.25 g/L。標準的な調製可能な溶液量:10 L。
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ

製品記事 PhytoReady Murashige and Skoog Multiplication Medium
植物研究製品特集
関連記事



農業や園芸など植物実験を行う研究室にオススメの植物研究特集

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。