HOME> 受託サービス・特注品> 遺伝子合成(DNA・RNA・人工遺伝子・アンチセンス)> DNA合成> オリゴプール合成受託サービス

1枚のチップ上で最長170塩基,最大92,918本のオリゴを同時に合成可能 オリゴプール合成受託サービス

掲載日情報:2021/10/13 現在Webページ番号:67357

GenscriptグループのCustom Array社は独自のCMOS半導体技術をベースにした電気化学的オリゴ合成システムによって,1枚のチップ上で最大92,918種もの異なるオリゴの同時合成を可能としました。他の合成方法に比べて低コストで安定性が高く,品質の均一なオリゴが得られます。

RevSpin Microcentrifuge 200とローター

特長

■実験目的に合わせた柔軟性

  • 目的のプールサイズに応じて2種類のチップが選択可能です。
  • オリゴ配列や最低発注本数の制限はありません。

■高いスクリーニング効率

  • 最高レベルの配列正確性でターゲット特異性を確保します。
  • >99%以上の高い配列網羅率によって最大限のターゲッティングが可能です。

■ロット間のばらつきの少なさ

  • ロットの異なるプール間でばらつきが少なく,高い再現性があります。
  • 複数のプールを用いた場合も信頼性の高い結果が得られます。

目次に戻る

品質管理

先進的な半導体技術を利用したICチップの微小電極上で,各オリゴの合成が自動的に行われます。個々の電極の合成状態は常にモニタリングされており,正確で品質の高いオリゴが合成されます。

  • マイクロアレイスキャナーにより,個々の電極上のオリゴの状態を視覚的にチェックします。
  • UVスペクトル分析により,オリゴプールの純度および収量を確認します。
  • PCRによる増幅も対応可能です。(※オプション)
  • ベクターへのクローニングおよびカバレッジと配列正確性の測定にも対応します。(※オプション)
NGSを用いたオリゴのシークエンス結果

オリゴ長:125塩基
本数:12,000
合成完了後にPCR増幅を行い,NGSを用いて各オリゴのシークエンスを測定した。

結果

  • 目的オリゴの網羅率:99.74%
  • Interdecile Ratio : 1.98
  • エラー率:372塩基に1エラー(0.27%)

目次に戻る

サービス仕様

オリゴ長 170塩基まで
収 量 ~1 fmol/オリゴ
エラー率 ~0.5%
納品仕様 80μl TE溶液

配列によっては200塩基までの合成が可能ですので,一度ご相談下さい。
配列難易度により,予定納期が延長される場合があります。

目次に戻る

価格

オリゴ長(塩基)~12,472 本~92,918本
10~79¥200,000¥500,000
80~109¥225,000¥562,500
110~130¥250,000¥625,000
131~150¥275,000¥687,500
151~170¥300,000¥750,000


目次に戻る

ご注文方法

詳細は当社受託・特注品業務担当(下記参照)までお問い合わせ下さい。

目次に戻る

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。