HOME> 試薬> 天然物/有機化合物/糖質> スクリーニング用ライブラリー> SARS-CoV-2 & ACE2 Peptide Library
HOME> 試薬> 創薬研究> 探索研究> ライブラリー> SARS-CoV-2 & ACE2 Peptide Library
HOME> 受託サービス・特注品> ペプチド> ペプチドライブラリー作製> SARS-CoV-2 & ACE2 Peptide Library

新型コロナウイルス(COVID-19)関連ペプチドライブラリー SARS-CoV-2 & ACE2 Peptide Library

掲載日情報:2021/02/02 現在Webページ番号:67230

sb-PEPTIDE社では,新型コロナウイルス(COVID-19, SARS-CoV-2ウイルス)に関連するSpike Sタンパク質,Nucleocapsid Nタンパク質,ACE2などのペプチドライブラリーを提供しています。
また,sb-PEPTIDEでは,ご要望に応じて他の特定のライブラリーを合成するペプチドライブラリー合成も承ります。当社受託・特注品業務担当までお気軽にお問い合わせ下さい。

ペプチドライブラリーのイメージ

新型コロナウイルス(COVID-19)関連ペプチドとは

SARS-CoV-2は,COVID-19呼吸器アウトブレイクの原因となったベータコロナウイルスです。ヒトからヒトへの感染を介して,このウイルスは非常に攻撃的であることが知られており,現在,世界中で1300万人以上に感染し,50万人以上の死者を出しています(2020年7月15日のデータ)。
治療法,診断法,予防法を見つけるためには,研究が極めて重要です。SARS-CoV-2ウイルスのタンパク質は,同定され,特徴づけられており,新しい治療法を開発するための良い標的と考えられています。そのため,sb-PEPTIDE社は,COVID-19関連ペプチド,COVID-19タンパク質のライブラリー化,カスタム合成サービスを含む幅広いサービスを提供しています。

sb-PEPTIDE社のCOVID-19関連ペプチドライブラリーには,Spike Sタンパク質,Nucleocapsid Nタンパク質など,様々なウイルスタンパク質があります。

スパイク(S)糖タンパク質は,COVID-19病の主要な標的の一つに相当します。SARS-CoV-2ウイルスの表面に存在するスパイクSタンパク質は,ウイルスが宿主細胞に侵入することを可能にするクラスIの融合タンパク質です。
長さ1,273 aaのスパイクタンパク質は2つのサブユニットを持っています。S1はレセプター結合ドメイン(RBD)を含み,S2はウイルスエンベロープと細胞膜の融合を誘導します。S1サブユニットは,ウイルスの侵入を仲介するアンジオテンシン変換酵素受容体2(ACE2)に結合します。

コロナウイルスヌクレオカプシド(N)は,長さ419 aaのリンタンパク質です。



目次に戻る

特長

  • LC-MS(質量分析に結合した液体クロマトグラフィー)でペプチドの配列と純度を確認しています。
  • 96ウェルプレートまたはマイクロチューブのフォーマットでご提供します。
  • 個々のペプチド合成とは異なり,ライブラリー内のすべてのペプチドは同じ方法で合成しています。
  • オーバーラップ(重複する)ペプチドライブラリーは,特定のタンパク質またはペプチドのどの部分に,その機能に寄与する必須アミノ酸が含まれているかを把握するために使用されます。このプロセスは,ペプチドの長さとオフセット数の2つのパラメーターによって定義されます。
  • エピトープマッピングに有用です。
オーバーラップ(重複する)ペプチドのイメージ

オーバーラップ(重複する)ペプチドのイメージ

目次に戻る

ご選択いただける項目と内容,最低注文量など

  • ペプチドの長さ:15 aa
  • オフセット数:11 aa
  • 形状:凍結乾燥または溶液
  • ペプチドの容量:0.5 mgまたは5×0.5 mg(各ペプチド)
  • フォーマット:96ウェルプレートまたはマイクロチューブ

目次に戻る

SARS-CoV-2 & ACE2 Peptide Libraryラインナップ

ライブラリー 特長 商品コード
未標識 ビオチン標識
Spike (S) Protein Peptide Library 長さ15アミノ酸で,11アミノ酸がオーバーラップ(翻訳後修飾なし)している316種類のペプチドからなるライブラリー SB043 SB043-biotin
Nucleocapsid Protein Peptide Library 長さ15アミノ酸で,11アミノ酸がオーバーラップ(翻訳後修飾なし)している102種類のペプチドライブラリー SB044 SB044-biotin
ACE2 Protein Peptide Library 長さ15アミノ酸で,11アミノ酸がオーバーラップ(翻訳後修飾なし)している数種類のペプチドライブラリー SB048 SB048-biotin


目次に戻る

ご注文

ご注文方法,お見積りなどの詳細は,当社受託・特注品業務担当までお問い合わせ下さい。


目次に戻る

ペプチドライブラリー合成

受託サービスで数百のペプチドを少量合成するペプチドライブラリーの合成を行います。ペプチドライブラリーは,エピトープマッピング,免疫腫瘍学,ワクチン開発,定量的プロテオミクス,構造活性相関研究など,多くのアプリケーションで役立ちます。

ご選択いただける項目と内容,最低注文量など

  • 容量:1~5 mg(未精製)
  • ペプチド設計:デフォルトでC-terカルボキシル化(ご希望に応じてC-terアミド化)
  • 形状:凍結乾燥または溶液
  • フォーマット:96ウェルプレートまたはマイクロチューブ
  • オプションで,TFA除去,蛍光標識,ビオチン標識,プレート複製,精製(MS,LC-MS)などにも対応致しますので,ご相談下さい。

ペプチドライブラリーデザイン例

アラニンスキャンライブラリー(Alanine Scanning Library)

アラニンスキャンライブラリーのイメージ

ペプチドの活性,安定性,またはコンフォメーションに役割を果たす残基を特定するために,ペプチド配列の各アミノ酸をアラニン(Alanine)に置換します。

ポジショナルスキャンライブラリー(Positional Scanning Library)

ポジショナルスキャンライブラリーのイメージ

選択した残基を他のすべてのアミノ酸に置き換えます。ペプチド配列を最適化することにより,ペプチド活性を高めるアミノ酸を特定することができます。

スクランブルライブラリー(Scrambled Library)

スクランブルライブラリーのイメージ

シークエンスの残基をランダムに混合し,すべて配列をスクリーニングします。スクランブルペプチドライブラリーは,配列がペプチドの活性に役割を果たすかどうかを決定するためのネガティブコントロールとしても使用されます。

オーバーラップライブラリー(Overlapping Library)

オーバーラップライブラリーのイメージ

オーバーラップ(重複)ペプチドライブラリーは,特定のタンパク質またはペプチドのどの部分に,その機能に寄与する必須アミノ酸が含まれているかを把握するために使用されます。このプロセスは,ペプチドの長さとオフセット数の2つのパラメーターによって定義されます。T細胞エピトープの同定に最適です。

トランケートペプチドライブラリー(Truncated Library)

トランケートペプチドライブラリー

アミノ酸をN末端またはC末端の配列から体系的に削除したペプチドを合成します。トランケート(削除)されたペプチドライブラリーにより,ペプチドの活性に関与する最小の配列を特定することが可能になります。重要な残基を取り巻く配列の役割を決定し(アラニンスキャンによって決定),タンパク質分解安定性が強化されたペプチドを特定するために使用されます。

T細胞トランケートペプチドライブラリー(T-cell Truncated Library)

トランケートペプチドライブラリー

T細胞エピトープをさらに特定するため,T細胞トランケートペプチドライブラリーは,トランケートデザインとオーバーラップデザインを組み合わせています。これにより,目的のタンパク質全体で考えられるすべてのT細胞エピトープを効率的かつ迅速にテストできます。

ペプチドの標識と修飾

sb-PEPTIDE社のライブラリーは,非天然アミノ酸の取り込み,CLIPSテクノロジーまたはジスルフィド架橋によるコンフォメーションの制限,ビオチンや蛍光色素(FAM,TAMRAなど)などのグループの追加などにも対応致しますので,ご相談下さい。

ご注文

ご注文方法,お見積りなどの詳細は,当社受託・特注品業務担当までお問い合わせ下さい。

目次に戻る

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。