HOME> お知らせ> Bio-Techne ウェビナーのお知らせ
COVID-19シンポジウム:SARS-CoV-2感染症を制御するための新しい研究ツール

Bio-Techne ウェビナーのお知らせ
COVID-19シンポジウム:SARS-CoV-2感染症を制御するための新しい研究ツール

掲載日情報:2020/06/26 現在Webページ番号:66775

Bio-Techneでは 2020年6月25日に無料のウェビナーを開催しました。皆様の今後のご研究にお役立て下さい。

Bio-Techneは感染機序の解明や治療法の開発など,新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)研究のサポートを通じて,COVID-19制御に貢献したいと考えています。
本シンポジウムではBio-Techneの研究者とゲストスピーカーが最新のCOVID-19研究について議論しました。

※録画版はこちらからご覧いただけます。

・演題:・COVID-19の感染機構と研究ツールについて
    ・腸管オルガノイドのSARS-CoV-2腸管感染研究への応用
    ・SARS-CoV-2に対する免疫反応をどう研究していくか
・開催日:2020年6月25日(木)11:00 pm ~ 1:00 am(日本時間)
・言語:英語
・セミナーの詳細はこちら

Bio-Techne ウェビナーのご案内

Anthony Person  New coronavirus protein reagents from Bio-Techne
  Anthony Person, Ph.D., Senior Director, Proteins at Bio-Techne
  
Joep Beumer  Intestinal organoids to model SARS-CoV-2-infection
  Joep Beumer, Hubrecht Institute
  
Jamie Van Etten  Immune cell profiling in SARS-CoV-2/COVID-19
  Jamie Van Etten, Ph.D, Scientist, Stem Cell and Gene Therapy, Bio-Techne
   

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。