HOME> 試薬> 遺伝子工学> ゲノミクス> in situハイブリダイゼーション> G-Chelate Mild
HOME> 試薬> 免疫化学> 免疫染色(免疫組織染色)> 免疫組織染色用関連製品> G-Chelate Mild

高感度in situハイブリダイゼーションや免疫組織染色用のマイルドタイプ脱灰液 G-Chelate Mild

掲載日情報:2017/01/13 現在Webページ番号:65735

in situ ハイブリダイゼーション(ISH)や免疫組織染色(IHC)に最適なキレート剤をベースとした中性脱灰液です。骨組織の分子病理学的解析にお勧めです。

HE染色の使用例

特長

  • キレート剤を含むマイルドタイプの中性脱灰液なので,組織構造を良好に保持できます 低温(2~8℃)での脱灰が可能なので,染色性の低下を抑えられます。
  • RNaseフリー製品です。
  • in situ ハイブリダイゼーションや免疫組織化学染色用に最適です調製済みなので,そのままお使いいただけます。
  • 組成:EDTA(約18%)pH7.2

目次に戻る

マイルドタイプ脱灰液で処理した試料の染色例

in situ ハイブリダイゼーション

in situハイブリダイゼーションの使用例

HE染色

HE染色の使用例

目次に戻る

操作方法概略

G-Chelate Mildは,希釈せずにそのまま使用します。

  1. 十分に固定した組織を50~100倍量のG-Chelate Mildに浸漬して下さい。
  2. 低温(2~8℃冷蔵庫内)での脱灰処理をお勧めします。脱灰時間は,組織の種類や大きさによって異なります。(参考:8週齢マウス膝関節7~9日/2~8℃)
    脱灰効率を上げるため,途中で新しい溶液に交換することをお勧めします。(参考:1回/日)
    脱灰状態を針やナイフなどで確認して下さい。

  3. 脱灰処理終了後は,組織を取り出して十分量のPBSに30分ほど浸漬し,軽く転倒混和しながら洗って下さい。
  4. in situハイブリダイゼーション用試料の場合は,RNaseフリーのPBSをお使い下さい。

  5. その後,通常の包埋処理を行って下さい。

目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2019年12月14日 00時13分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
G-Chelate Mild
- 0
説明文
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ ニュース2018年5月15日号 p.30

製品記事
関連記事

[在庫・価格 :2019年12月14日 00時13分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。

G-Chelate Mild

文献数:0

  • 商品コード:GCM-1
  • メーカー:GNS
  • 包装:1000ml
  • 価格:¥8,000
  • 在庫:2個
  • 納期:-
  • 法規制等:

説明文
法規制等
保存条件 室温 法規備考
掲載カタログ ニュース2018年5月15日号 p.30

製品記事
関連記事

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。