HOME> 受託サービス・特注品> プロテオミクス(タンパク質解析)> プロテオーム解析> MALDI イメージング受託サービス
HOME> 受託サービス・特注品> 免疫組織化学・組織標本・電顕> 組織染色> MALDI イメージング受託サービス

質量分析を用いた試料スキャンによる化合物分布の可視化! MALDI イメージング受託サービス

掲載日情報:2017/08/01 現在Webページ番号:65420

イメージング質量分析技術(MALDI-imaging)は,MALDI-TOF型質量分析装置により,生体組織切片をはじめとする二次元状・平面状試料をスキャンするように微小領域の質量分析を数千~数万回行うことで,試料内での特定の分子の局在を可視化します。この技術を用いて,お客様の試料中のタンパク質,脂質,薬物,代謝物などを分析・測定します。医学・食品/栄養学分野におけるイメージングによる解析に有用です。

MALDI-imaging分析の特長

  • 分析する試料の溶出などの処理は不要です。
  • ultrafleXtreme(Bruker Daltonics社)を用いて,分析します。smartbeamレーザーを集光することでピクセルオーバーラップの無い,高い空間的分解能イメージングが可能です。
  • 放射性標識やプローブを使用せずに,薬物や代謝産物の質量を指標に解析し,可視化します。従来の方法と比べ,少量のタンパク質を高速に解析することができます。
  • 組織全体を最小10μm間隔で質量分析でき,化合物質量ごとに色分けして分布を可視化できます。従来の解析ソフトでは解析が困難であった糖鎖を持つペプチドの解析が可能です。
  • 解析試料タイプ:組織,組織切片,TLCプレート,など

目次に戻る

MALDI-imaging分析の例

■薄切片レーザー照射による質量分析

薄切片レーザー照射による質量分析

■TLC(薄相クロマトグラフィー)プレートのイメージング

TLCイメージング

脂質や化合物を分離したTLCプレートを直接イメージ解析して検出した。

目次に戻る

ultrafleXtremeの仕様

ultrafle treme

ultrafleXtreme(Bruker Daltonics社)

装備 ultraflex(従来機) eXtreme(最新機)
レーザー光源 窒素レーザー
20 shots/秒
200μm径
半導体レーザー
2,000 shots/秒
10μm径
検出器 測定精度:<5 ppm(4 kDa)
分解能:>8,000
定量性:CV<5%
測定精度:<1 ppm(4 kDa)
分解能:>30,000
定量性:CV<2%
イオンソース (汚染蓄積) 自動クリーニング
ポンプ 真空油ポンプ オイルフリー

目次に戻る

ご注文方法

納期および価格などの詳細は,当社受託・特注品業務担当(下記参照)までお問い合わせ下さい。

目次に戻る

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。