HOME> 試薬> 細胞情報伝達> 細胞周期> Cell Cycle Chromobody Plasmid/安定発現細胞株
HOME> 試薬> 細胞接着/細胞骨格> Cell Cycle Chromobody Plasmid/安定発現細胞株

細胞周期進行やDNA損傷をリアルタイムで観察できます Cell Cycle Chromobody Plasmid/安定発現細胞株

掲載日情報:2019/04/09 現在Webページ番号:65243

Cell Cycle Chromobody(CCC)は,細胞の必須成分である増殖細胞核抗原(PCNA:proliferating cell nuclear antigen)に特異的に結合し可視化できる蛍光標識タンパク質です。標的細胞株において,外部刺激に対する細胞プロセスの応答を観察することができます。基礎研究およびがん治療薬などの化合物の細胞周期や毒性に関するスクリーニングに有用です。

■Cell Cycle Chromobody Plasmid製品は,こちら

■安定発現細胞株製品は,こちら

MEMO

増殖細胞核抗原(PCNA:proliferating cell nuclear antigen)とは


PCNAは,DNAを取り囲む環状ホモ三量体タンパク質で,DNA相互作用に関わる様々な一過性相互作用因子の足場として作用します。PCNAは酵母からヒトに至るまで高度に保存されています。真核細胞においては,DNAの複製,修復,細胞周期調節,クロマチンリモデリングやDNAメチル化などの複製後の相互作用において重要な役割を果たしています。


Cell Cycle Chromobodyシグナル

細胞周期の間のCell Cycle Chromobodyシグナル

G1期では,Cell Cycle Chromobodyシグナルが核と細胞質全体に均一に分布していた。 S期の間は,Cell Cycle Chromobodyは核内に蓄積し,複製の病巣の形成が観察された。G2期では,病巣が消失し細胞分裂(有糸分裂)が観察された。

Chromobodyとは

⇒こちらをクリック

目次に戻る

Cell Cycle Chromobody(CCC) Plasmid

Cell Cycle Chromobody(CCC) Plasmidの特長

  • CCC増殖細胞核抗原(PCNA)を蛍光により可視化します。
  • 細胞周期をリアルタイムでトレースできます。
  • 動的なマルチパラメータアッセイが可能です。
  • 単色での細胞周期マッピングが行えます。
  • 個別細胞レベルでの詳細なsub-S phase情報が入手できます。
  • 一過性の結合は,PCNAの機能には影響しないため,細胞周期進行の観察に最適です。

Cell Cycle Chromobody(CCC) Plasmidの適用

  • 動的,非侵襲的なマルチパラメータアッセイ
  • 抗体染色などのマルチプレックスアッセイ
  • 化合物の効果の分析

Cell Cycle Chromobody(CCC)Plasmidの使用例

(1) S期におけるHeLa Chromobody細胞の高解像度のリアルタイム分析

リアルタイム分析

細胞をチミジンブロックによってG1 / Sで同期化し,DNAの複製をフローサイトメトリーと共焦点生細胞イメージングによって分析した。DNA含量をベースにした従来のフローサイトメトリー(左図)では,DNA複製の非常に単純かつ曖昧な推測しか得られないが,コントラスト4Dイメージングを用いることにより,S期の初期,中期および後期についての詳細で優れたデータが得られた。

(2) S期における典型的な細胞の進行のドット解析

ドット解析

IMARISソフトウェアを使用したS期の典型的な細胞の進行のドット解析により,大きさ,容量(赤)および各時点でのドット総数(青)を含む多数のパラメータの迅速な定量が可能になり,また複製の初期,中期および後期の状態を識別し,正確な時期の決定が行えた。さらに,S期後期における大きなドットの消失から核膜の破壊までの時間を測定することにより,G2期の長さを効率的に測定することができた。

引用文献

  • Ge XQ., et al., J. Cell Biol., 191, 1285~1297 (2010).
  • Rothbauer U., Nature Methods, 3, 887~889 (2006).

Cell Cycle Chromobody TagRFP plasmidプラスミド情報

TagRFP plasmid
  • Vector type:mammalian expression vector
  • Reporter:TagRFP
  • Reporter codon usage:mammalian
  • Promoter for Chromobody:PCMV IE
  • Host cells:mammalian
  • Selection:
    prokaryotic - kanamycin
    eukaryotic - neomycin (G418)
  • Replication:
    prokaryotic - pUC ori
    eukaryotic - SV40 ori

目次に戻る

Cell Cycle Chromobody(CCC)安定発現細胞株

Cycle Chromobody-TagGFPまたはCycle Chromobody-TagRFPをHeLa細胞またはU2OS細胞に導入した安定発現細胞株です。CCCは細胞周期のマーカータンパク質PCNAとの相互作用により,それぞれ緑色または赤色の蛍光を発します。生細胞イメージングによる細胞周期の観察に最適です。

マイコプラズマ陰性を確認していますが,取り扱いには十分にご注意下さい。

Cell Cycle Chromobody(CCC)安定発現細胞株の種類

商品コードをクリックすると価格表をご覧いただけます。

細胞名 動画 細胞種 蛍光
マーカー
商品
コード
HeLa-CCC-TagGFP
継時的測定動画(12時間):
Cell Cycle-Chromobody安定発現細胞株HeLa-Cell Cycle-Chromobody TagGFPのライブセルメージング
HeLa GFP h-ccc-g
HeLa-CCC-TagRFP
継時的測定動画(22時間):

Cell Cycle-Chromobody安定発現細胞株HeLa-Cell Cycle-Chromobody TagRFPのライブセルメージング
RFP h-ccc-r
U2OS-CCC-TagGFP
継時的測定動画(20時間):
Cell Cycle-Chromobody安定発現細胞株U2OS-Cell Cycle-Chromobody TagGFPのライブセルイメージング
U2OS GFP u-ccc-g
U2OS-CCC-TagRFP
継時的測定動画(14時間):
Cell Cycle-Chromobody安定発現細胞株U2OS-Cell Cycle-Chromobody TagRFPのライブセルイメージング
RFP u-ccc-r

目次に戻る

特長

  • すべての細胞株において,包括的な品質管理を実施しています。
  • 細胞数:5×106 cells(FCSフリーの凍結保存試薬CryoMaxx使用)
  • 凍結融解後細胞生存率:>95%
  • 遺伝子導入安定性:>95%(G418選別不使用の3ヶ月後における分析値)
  • 推奨細胞培養用培地:Dulbecco's Modified Eagle's Medium with 4.5 g/L glucose

生細胞アッセイには,フェノールレッドの自己蛍光を防ぎ高いS/N比を得るために,フェノールレッド不含有のDMEM培地の使用をお勧めします。

目次に戻る

Cell Cycle Chromobody(CCC)定発現細胞株を用いたライブセルイメージング例

  1. (1) HeLa-Cell Cycle Chromobody-TagGFP2(#h-ccc-g


    TagRFP plasmid


    細胞をibidiμ-Slidesに播種し,ライブセルイメージングを行った。63×/1.4NA Plan-Apochromat油浸対物レンズと加湿,温度およびCO2制御機能付属のライブセルチャンバーを取り付けた回転ディスク顕微鏡(UltraVIEW VoX, PerkinElmer)を用いて継時的にイメージを取得した。100~500 ms/imageにおいて,488 nmレーザーで,レーザー強度を最大25%に設定してTagGFP2を励起した。 ライブセルの共焦点画像z-stackは,30分ごとに1,000×1,000ピクセルのフレームサイズ,100 nmのピクセルサイズおよび400 nmのz-step sizeで記録した。表示画像は,mid-z-sectionの最大強度投影のものである。

  2. HeLa-Cell Cycle Chromobody-TagRFP2(#h-ccc-r


    TagRFP plasmid


    細胞をibidiμ-Slidesに播種し,ライブセルイメージングを行った。63×/1.4NA Plan-Apochromat油浸対物レンズと加湿,温度およびCO2制御機能付属のライブセルチャンバーを取り付けた回転ディスク顕微鏡(UltraVIEW VoX, PerkinElmer)を用いて継時的にイメージを取得した。100~500 ms/imageにおいて,561 nmレーザーで,レーザー強度を最大10%に設定してTagRFPを励起した。 ライブセルの共焦点画像z-stackは,30分ごとに1,000×1,000ピクセルのフレームサイズ,100 nmのピクセルサイズおよび400 nmのz-step sizeで記録した。表示画像は,mid-z-sectionの最大強度投影のものである。

  3. U2OS-Cell Cycle Chromobody-TagGFP2(#u-ccc-g


    TagRFP plasmid


    63×/1.4NA Plan-Apochromat油浸対物レンズと加湿,温度およびCO2制御機能付属のライブセルチャンバーを取り付けた回転ディスク顕微鏡(UltraVIEW VoX, PerkinElmer)を用いて継時的にイメージを取得した。100~500 ms/imageにおいて,488 nmレーザーで,レーザー強度を最大25%に設定してTagGFP2を励起した。 ライブセルの共焦点画像z-stackは,30分ごとに1,000×1,000ピクセルのフレームサイズ,100 nmのピクセルサイズおよび400 nmのz-step sizeで記録した。表示画像は,mid-z-sectionの最大強度投影のものである。

  4. U2OS-Cell Cycle Chromobody-TagRFP2(#u-ccc-r


    TagRFP plasmid


    細胞をibidiμ-Slidesに播種し,ライブセルイメージングを行った。63×/1.4NA Plan-Apochromat油浸対物レンズと加湿,温度およびCO2制御機能付属のライブセルチャンバーを取り付けた回転ディスク顕微鏡(UltraVIEW VoX, PerkinElmer)を用いて継時的にイメージを取得した。100~500 ms/imageにおいて,561 nmレーザーで,レーザー強度を最大10%に設定してTagRFPを励起した。 ライブセルの共焦点画像z-stackは,30分ごとに1,000×1,000ピクセルのフレームサイズ,100 nmのピクセルサイズおよび400 nmのz-step sizeで記録した。表示画像は,mid-z-sectionの最大強度投影のものである。


目次に戻る

ご購入時のご注意

本製品は,ご購入にあたりChromotek社とライセンス契約が必要な製品です。お客様のご所属が大学・官公庁の研究所(Academic)の場合と営利団体・企業(Commercial Entity)の場合とで,手続きが異なりますのでご注意下さい。

詳細は当社受託・特注品業務担当(TEL:03-5684-1645, FAX:03-5684-6539)までお問い合わせ下さい。


目次に戻る

Chromobody Plasmidの種類

(詳しくはこちらをクリックして下さい。)

目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2019年06月24日 23時07分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数 リスト
Cell Cycle Chromobody plasmid, αPCNA-RFP
10日程度  7 追加
説明文
細胞の必須成分である増殖細胞核抗原(PCNA:proliferating cell nuclear antigen)に特異的に結合し可視化できる蛍光色素(RFP)との融合タンパク質を発現するプラスミド。標的細胞株において,外部刺激に対する細胞プロセスの応答を観察することができる。 ※購入時に使用者確約書が必要です。
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2017年9月15日号 p.10

製品記事 Chromotek Chromobody Plasmid
関連記事
HeLa-CCC-TagGFP2 for Academic
10日程度  0 追加
説明文
法規制等
保存条件 液体窒素中での保存 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事
HeLa-CCC-TagRFP for Academic
10日程度  0 追加
説明文
法規制等
保存条件 液体窒素中での保存 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事
U20S-CCC-TagGFP2 for Academic
10日程度  0 追加
説明文
法規制等
保存条件 液体窒素中での保存 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事
U20S-CCC-TagRFP for Academic
10日程度  0 追加
説明文
法規制等
保存条件 液体窒素中での保存 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

[在庫・価格 :2019年06月24日 23時07分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。

Cell Cycle Chromobody plasmid, αPCNA-RFP

文献数:7

  • 商品コード:ccr
  • メーカー:CHT
  • 包装:20μg
  • 価格:¥197,000
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:10日程度 
  • 法規制等:

説明文 細胞の必須成分である増殖細胞核抗原(PCNA:proliferating cell nuclear antigen)に特異的に結合し可視化できる蛍光色素(RFP)との融合タンパク質を発現するプラスミド。標的細胞株において,外部刺激に対する細胞プロセスの応答を観察することができる。 ※購入時に使用者確約書が必要です。
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ ニュース2017年9月15日号 p.10

製品記事 Chromotek Chromobody Plasmid
関連記事

HeLa-CCC-TagGFP2 for Academic

文献数:0

  • 商品コード:h-ccc-g
  • メーカー:CHT
  • 包装:1vial
  • 価格:¥594,000
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:10日程度 
  • 法規制等:

説明文
法規制等
保存条件 液体窒素中での保存 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

HeLa-CCC-TagRFP for Academic

文献数:0

  • 商品コード:h-ccc-r
  • メーカー:CHT
  • 包装:1vial
  • 価格:¥594,000
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:10日程度 
  • 法規制等:

説明文
法規制等
保存条件 液体窒素中での保存 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

U20S-CCC-TagGFP2 for Academic

文献数:0

  • 商品コード:u-ccc-g
  • メーカー:CHT
  • 包装:1vial
  • 価格:¥594,000
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:10日程度 
  • 法規制等:

説明文
法規制等
保存条件 液体窒素中での保存 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

U20S-CCC-TagRFP for Academic

文献数:0

  • 商品コード:u-ccc-r
  • メーカー:CHT
  • 包装:1vial
  • 価格:¥594,000
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:10日程度 
  • 法規制等:

説明文
法規制等
保存条件 液体窒素中での保存 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事



目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。