HOME> 受託サービス・特注品> プロテオミクス(タンパク質解析)> プロテオーム解析> LC-MSを用いた最先端定量プロテオーム解析受託サービス
HOME> 受託サービス・特注品> プロテオミクス(タンパク質解析)> LC-MS> LC-MSを用いた最先端定量プロテオーム解析受託サービス

リーズナブルな価格で網羅的かつ高感度にタンパク質の同定が可能です! LC-MSを用いた最先端定量プロテオーム解析受託サービス

掲載日情報:2022/07/27 現在Webページ番号:65198

最新鋭LC-MSによる網羅的なタンパク質解析受託サービスです。
二次元電気泳動を必要とせずに,タンパク質で7,000~8,000種類,リン酸化ペプチドで20,000サイト以上を同時に同定できます。

特長

  • 最新鋭LC-MS(Orbitrap Fusion Lumos Thermo Fisher Scientific社)3台を含む,計8台の最新LC-MSを用いた定量プロテオーム解析です。
  • タンパク質・リン酸化タンパク質同定数で世界一の実績を有します(Nature 2014, J. Proteome Res. 2017)。
  • 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所発のベンチャー企業として認定されました。
  • 細胞,組織などの試料だけでなく,エクソソームや生検検体などの微量試料の解析も行います。
  • プロテオーム解析専門家による実験デザイン,データの解釈,インフォマティクスを用いたパスウェイ解析などの相談も承ります。
プロテオミクスを用いた疾患創薬バイオマーカー探索

プロテオミクスを用いた疾患創薬バイオマーカー探索

目次に戻る

サービス内容

  • ショットガンプロテオミクスを用いた網羅的タンパク質定性・比較定量解析
  • ショットガンプロテオミクスを用いた網羅的リン酸化タンパク質定性・比較定量解析
  • ショットガンプロテオミクスを用いた網羅的タンパク質間相互作用解析
  • ターゲットプロテオミクスを用いたタンパク質相対定量,絶対定量解析
    (興味のあるタンパク質にターゲットを絞ったより精度の高いタンパク質・リン酸化タンパク質定量解析)

目次に戻る

解析対象試料

  • 動物種:Uniprotデータベースに登録されている動物種すべて
  • 試料の種類:
    • 血清・血漿*1
    • 組織
    • 培養細胞および培養上清*2
    • 細胞外小胞(エクソソーム)
    • SDS‐PAGE試料(インゲル消化(ゲル内消化))

*1 血清・血漿の解析対象は細胞外小胞(エクソソーム)に限ります。
*2 培養上清の解析は無血清培地に限ります。ただし,解析対象が細胞外小胞(エクソソーム)の場合は,血清を含む培地でも解析可能です。


目次に戻る

ご注文方法/価格

■ 参考価格(税別)
・タンパク質定性・比較定量解析(標準感度DIA法):¥127,000/sample

ご依頼内容に応じて都度お見積りいたしますので,詳細は当社受託・特注品業務担当までお問い合わせ下さい。


目次に戻る

おすすめ製品記事

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。