HOME> 受託サービス・特注品> ゲノミクス・エピジェネティクス> DNAシークエンシング> リアルタイムPCR受託サービス

リアルタイムPCR受託サービス

掲載日情報:2016/08/26 現在Webページ番号:64800

リアルタイムPCR法による,遺伝子発現解析,microRNA発現解析を行います。マイクロアレイ,次世代シークエンス解析などの実験系で絞り込んだ遺伝子の検証実験などにもご利用下さい。

リアルタイムPCR受託サービスの特長

  • 少量から多量の試料まで対応可能です。
    • ターゲット遺伝子数・サンプル数が少ないご依頼の場合:TaqMan法またはSYBR法遺伝子発現解析(1 stepおよび2 step)
    • ターゲット遺伝子数・サンプル数が多いご依頼の場合:QIAGEN社 RT2 Profiler PCR Array
  • パスウェイあるいは疾病に特異的な遺伝子に焦点をあてた解析にはQIAGEN RT2 Profiler PCR Arrayを用います。
  • miRNAの解析も可能です。TaqMan法またはSYBR法で解析します。

目次に戻る

QIAGEN社 RT2 Profiler PCR Arrayの特長

  • QIAGEN社が選定した遺伝子群(各種パスウェイに特異的な遺伝子)を一括で測定することが可能です。
  • 対応するパスウェイは約200種類あります。
  • 特定の遺伝子のみを搭載したカスタムPCR Arrayを作製し,解析することも可能です。
  • 96 wellおよび384 wellプレートタイプでの解析が可能です。

目次に戻る

リアルタイムPCR受託サービスの使用機器

■Applied BiosystemsR 7500(Thermo Fisher Scientific社)リアルタイムPCRシステム

  • 96 wellプレートタイプ
  • 検出方法は,TaqMan法,SYBR法のいずれも可能
  • 定量方法がThreshold法に基づいた方法
  • QIAGEN社PCR Arrayに対応可能
  • ABI純正試薬の使用実績が豊富

■LightCyclerR 480(Roche Diagnostics社)リアルタイムPCRシステム

  • 96 wellおよび384 wellプレートタイプ
  • 検出方法は,TaqMan法,SYBR法のいずれも可能
  • 定量方法が2nd derivative maximum法に基づいた方法
  • QIAGEN社Arrayに対応可能

■QuantStudioTM 3D Digital PCRシステム(Thermo Fisher Scientific社)デジタルPCRシステム

  • 最大24枚のChipを一度にPCRで反応可能
  • 検出方法は,TaqMan法
  • 標準曲線を使用しない絶対定量が可能

目次に戻る

試料送付について

Total RNA量 濃度 OD260/280 OD260/230 性状
500 ng以上 50 ng/μl以上 1.5以上 1.0以上 28s/18s:1.8以上
推奨RIN値:7以上

注意

  • 試料はNuclease Free Waterに溶解し,ご送付下さい。TEバッファーなどのEDTAを含むバッファーに溶解した場合,データが取得できない可能性があります。
  • 試料は,冷凍便(冷凍状態)にてお送り下さい。
  • 分解が進んだ試料では,正確なデータが得られない可能性があるため,事前に分解がないことを確認していただく必要があります。電気泳動写真(またはコピー)を添付して下さい。
  • 試料量が上記に満たない場合でも解析は可能ですが,必ず予めご相談下さい。
  • ゲノムのSNPタイピング受託も承ります。ご相談下さい。

目次に戻る

リアルタイムPCR受託サービスのご注文方法/価格

詳細は当社受託・特注品業務担当(下記参照)までお問い合わせ下さい。

目次に戻る

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。