HOME> 試薬> 細胞接着/細胞骨格> 細胞骨格> アクチンフィラメントおよび筋タンパク質> Actin-Chromobody Plasmid

細胞骨格の動態/局在性をリアルタイムで観察できます Actin-Chromobody Plasmid

掲載日情報:2016/01/06 現在Webページ番号:64508

Actin-Chromobody Plasmidは,細胞の活性や運動性に影響を与えない小分子の抗アクチンアルパカ(ラクダ科)抗体フラグメント(VHH領域)と蛍光色素(GFPまたはRFP)との融合タンパク質を発現します。発現した融合タンパク質が生細胞または核内に局在するアクチンと結合することにより,アクチンの動態または局在性の観察を低バックグラウンドで行えます。


生細胞内のActin-Chromobody

生細胞内のActin-Chromobody

Chromobodyとは

⇒こちらをクリック


目次に戻る

特長

  • 生細胞内のアクチンのリアルタイムでの動態観察が行えます。
  • 標的および内因性マイクロフィラメントのトレースが行えます。
  • 細胞運動性のプローブとして使用できます。
  • ヒト,哺乳動物および非哺乳動物細胞株で使用できます。
  • 細胞機能に対する影響はありません。

アクチンの動態試験におけるActin-Chromobody利用の長所

  Phalloidin FP-Actin Actin-Chromobody
生細胞イメージング - (toxic) ++
アクチンの動態への影響 -- (toxic) - (high) ++ (none)
S/N(シグナルノイズ)比 ++ + (high) ++
固定化試料 ++ n.a. n.a.

レンチウイルス Actin-Chromobody細胞株(NMI Tuebingen使用)

細胞株 蛍光タンパク質の色
A549 緑色
HepG2
HeLa
Ins-1
MDA-MB-231

目次に戻る

使用例

アクチン動態のリアルタイムのモニタリング

Actin-Chromobodyを用いた生細胞におけるアクチン動態のリアルタイムのモニタリング

HeLa細胞を1時間2μMサイトカラシンDで処理し,2時間回復させた際の共焦点イメージンによるアクチン再構成の継時解析例。

マイクロフィラメントの蛍光イメージ

TagREFまたはTagGFP(Evrogen社)でタグを付けたActin-Chromobodyを様々な細胞株に導入した際のマイクロフィラメントの蛍光イメージ

内在性F-アクチンの構築

Nuclear Actin-Chromobody(TagGFP2, 緑色)とLamin-Chromobody(TagRFP2,赤色)を導入したNIH 3T3細胞(マウス線維芽細胞)を,無血清培地中で24時間飢餓状態に置いた。血清で刺激した30秒後にNuclear Actin-Chromobodyでプローブした内在性F-アクチンの構築および分布を示した。



目次に戻る

プラスミド情報

■Actin Chromobody-TagGFP2 plasmid

Actin Chromobody-TagGFP plasmid
  • Vector type:mammalian expression vector
  • Reporter:TagGFP2
  • Reporter codon usage:mammalian
  • Promoter for Chromobody:PCMV IE
  • Host cells:mammalian
  • Selection:
    prokaryotic - kanamycin
    eukaryotic - neomycin(G418)
  • Replication:
    prokaryotic - pUC ori
    eukaryotic - SV40 ori

■Actin Chromobody-TagRFP plasmid

Actin Chromobody-TagRFP plasmid
  • Vector type:mammalian expression vector
  • Reporter:TagRFP
  • Reporter codon usage:mammalian
  • Promoter for Chromobody:PCMV IE
  • Host cells:mammalian
  • Selection:
    prokaryotic - kanamycin
    eukaryotic - neomycin(G418)
  • Replication:
    prokaryotic - pUC ori
    eukaryotic - SV40 ori

■Actin Chromobody-TagGFP2 plasmid

Actin Chromobody-TagGFP2 plasmid
  • Vector type:mammalian expression vector
  • Reporter:TagGFP2
  • Reporter codon usage:mammalian
  • Promoter for Chromobody:PCMV IE
  • Host cells:mammalian
  • Selection:
    prokaryotic - kanamycin
    eukaryotic - neomycin(G418)
  • Replication:
    prokaryotic - pUC ori
    eukaryotic - SV40 ori

目次に戻る

Chromobody Plasmidご購入時のご注意

本製品は,ご購入にあたりChromotek社とライセンス契約が必要な製品です。お客様のご所属が大学・官公庁の研究所(Academic)の場合と営利団体・企業(Commercial Entity)の場合とで,手続きが異なりますのでご注意下さい。

詳細は当社受託・特注品業務担当(下記参照)までお問い合わせ下さい。



目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2018年12月19日 20時03分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。
詳細 商品名 商品コード メーカー 包装 価格 在庫 納期 文献数 リスト
Actin Chromobody plasmid, αActin-GFP
データシート
acg CHTクロモテック
Chromotek GmbH
20 μg ¥197,000
(未発注)
10日程度  7 追加

説明文 細胞の活性や運動性に影響を与えない小分子の抗アクチンラクダ抗体フラグメント(VHH領域)と蛍光色素(GFP)との融合タンパク質を発現するプラスミド。発現した融合タンパク質が生細胞内に局在するアクチンと結合することにより,アクチンの動態または局在性の観察を低バックグラウンドで行える。 ※購入時に使用者確約書が必要です。
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

ニュース2017年9月15日号 p.10
ニュース2017年8月1日号 p.8

製品記事 Chromotek Chromobody Plasmid
関連記事
Actin Chromobody plasmid, αActin-RFP
データシート
acr CHTクロモテック
Chromotek GmbH
20 μg ¥197,000
(未発注)
10日程度  7 追加

説明文 細胞の活性や運動性に影響を与えない小分子の抗アクチンラクダ抗体フラグメント(VHH領域)と蛍光色素(RFP)との融合タンパク質を発現するプラスミド。発現した融合タンパク質が生細胞または核内に局在するアクチンと結合することにより,アクチンの動態または局在性の観察を低バックグラウンドで行える。 ※購入時に使用者確約書が必要です。
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

ニュース2017年9月15日号 p.10
ニュース2017年8月1日号 p.8

製品記事 Chromotek Chromobody Plasmid
関連記事
Nuclear Actin-Chromobody Plasmid
データシート
acg-n CHTクロモテック
Chromotek GmbH
20 μg ¥197,000
(未発注)
10日程度  0 追加

説明文 細胞の活性や運動性に影響を与えない小分子の抗アクチンラクダ抗体フラグメント(VHH領域)と蛍光色素(GFP)との融合タンパク質に核局在配列(NLS)を加えたプラスミド。発現した融合タンパク質が核内に局在するアクチンと結合することにより,アクチンの動態または局在性の観察を低バックグラウンドで行える。 ※購入時に使用者確約書が必要です。
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

ニュース2017年9月15日号 p.10
ニュース2017年8月1日号 p.8

製品記事 Chromotek Chromobody Plasmid
関連記事

[在庫・価格 :2018年12月19日 20時03分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。

Actin Chromobody plasmid, αActin-GFP

文献数:7


  • 商品コード:acg
  • メーカー:CHT
  • 包装:20μg
  • 価格: ¥197,000
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:10日程度 

説明文 細胞の活性や運動性に影響を与えない小分子の抗アクチンラクダ抗体フラグメント(VHH領域)と蛍光色素(GFP)との融合タンパク質を発現するプラスミド。発現した融合タンパク質が生細胞内に局在するアクチンと結合することにより,アクチンの動態または局在性の観察を低バックグラウンドで行える。 ※購入時に使用者確約書が必要です。
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

ニュース2017年9月15日号 p.10
ニュース2017年8月1日号 p.8

製品記事 Chromotek Chromobody Plasmid
関連記事

Actin Chromobody plasmid, αActin-RFP

文献数:7


  • 商品コード:acr
  • メーカー:CHT
  • 包装:20μg
  • 価格: ¥197,000
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:10日程度 

説明文 細胞の活性や運動性に影響を与えない小分子の抗アクチンラクダ抗体フラグメント(VHH領域)と蛍光色素(RFP)との融合タンパク質を発現するプラスミド。発現した融合タンパク質が生細胞または核内に局在するアクチンと結合することにより,アクチンの動態または局在性の観察を低バックグラウンドで行える。 ※購入時に使用者確約書が必要です。
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

ニュース2017年9月15日号 p.10
ニュース2017年8月1日号 p.8

製品記事 Chromotek Chromobody Plasmid
関連記事

Nuclear Actin-Chromobody Plasmid

文献数:0


  • 商品コード:acg-n
  • メーカー:CHT
  • 包装:20μg
  • 価格: ¥197,000
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:10日程度 

説明文 細胞の活性や運動性に影響を与えない小分子の抗アクチンラクダ抗体フラグメント(VHH領域)と蛍光色素(GFP)との融合タンパク質に核局在配列(NLS)を加えたプラスミド。発現した融合タンパク質が核内に局在するアクチンと結合することにより,アクチンの動態または局在性の観察を低バックグラウンドで行える。 ※購入時に使用者確約書が必要です。
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

ニュース2017年9月15日号 p.10
ニュース2017年8月1日号 p.8

製品記事 Chromotek Chromobody Plasmid
関連記事



目次に戻る

Chromobody Plasmidの種類

測定対象 形態 蛍光色素
Tag
商品コード 用途・特長
Actin
アクチン
細胞内 plasmid GFP acg
  • 細胞内のアクチンのリアルタイムでの動態観察が行えます。
  • 標的および内因性マイクロフィラメントのトレースが行えます。
  • 細胞運動性のプローブとして使用できます。
  • ヒト,哺乳動物および非哺乳動物細胞株で使用できます。
  • 細胞機能に対する影響はありません。
RFP acr
核内 GFP acg-n
  • TagGFP融合VHH-Actin(Actin-nanobody)の配列と核局在配列(NLS)を含むプラスミドです。
  • 核内アクチンのリアルタイムでの動態観察が行えます。
  • 細胞活性や運動性への影響はありません。
細胞周期
(PCNA)

細胞周期
細胞内 plasmid RFP ccr
  • 増殖細胞の細胞核抗原(PCNA)を可視化します。
  • 細胞周期をリアルタイムでトレースできます。
  • 動的なマルチパラメータアッセイが可能です。
  • 単色での細胞周期マッピングが行えます。
  • 個別細胞レベルでの詳細なsub-S phase情報が入手できます。
HeLa cell GFP h-ccc-g
RFP h-ccc-r
U2OS cell GFP u-ccc-g
RFP u-ccc-r
Histone
Dnmt1
plasmid GFP tcg
  • クロマチンの動態をリアルタイムでモニタリングすることができます。
  • DNAへのインターカレーションは生じません。
  • 観察に必要な期間中(最大3日間),細胞毒性はありません。
Dnmt1
Dnmt1
GFP dcr
  • 内在性DNAメチルトランスフェラーゼの局在性をリアルタイムで可視化できます。
  • 細胞ハイコンテントスクリーンにおけるDnmt1阻害物質/モジュレーターのスクリーニングに有用です。
  • 細胞毒性はありません。
RFP dcg
Lamin
Lamin
GFP lcg
  • 細胞機能を妨害することなく核ラミナを可視化できます。
  • 生細胞顕微鏡観察中に核の完全性や形態をモニタリングできます。
  • アポトーシスおよび有糸分裂のリアルタイム分析が行えます。
  • 細胞機能に対する影響はありません。
PARP-1
PARP-1
GFP xcg
  • 生細胞において,微小照射後のDNA損傷に対するPARP-1の動員の観察が行えます。
  • 標的細胞に簡単に導入できます。
  • 細胞活性には影響を及ぼしません。
RFP xcr
Vimentin
Vimentin
GFP vcg
  • 標的細胞に容易にトランスフェクションできます。
  • 細胞骨格のマーカーとして用いることができます。
  • ビメンチン中間径フィラメントのダイナミクスの観察に有用です。
  • 腫瘍細胞の進行における上皮間葉移行をトレースできます。
  • 細胞の生存率や運動性には影響しません。

測定対象の各項目をクリックすると詳細な製品の説明,商品コードをクリックすると価格表を直接ご覧いただけます。

目次に戻る

CONTACT

お問い合わせ先(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。