HOME> 受託サービス・特注品> 遺伝子合成(DNA・RNA・人工遺伝子・アンチセンス)> プライマー/プローブ合成・修飾> ピロール・イミダゾール・ポリアミド(PIPA)作製受託サービス
HOME> 受託サービス・特注品> 遺伝子合成(DNA・RNA・人工遺伝子・アンチセンス)> アンチセンス> ピロール・イミダゾール・ポリアミド(PIPA)作製受託サービス

新規の二本鎖DNA結合因子 ピロール・イミダゾール・ポリアミド(PIPA)作製受託サービス

掲載日情報:2020/06/12 現在Webページ番号:63639

ハイペップケンキュウジョ /
(株)ハイペップ研究所

DNA二本鎖に配列特異的に結合する低分子有機化合物pyrrole-imidazole polyamide (Py-Im polyamides: PIPA)の作製受託サービスです。

「遺伝子発現制御研究用試薬PIPA」については,こちらをご覧下さい。

PIPAについて

pyrrole-imidazole polyamide (Py-Im polyamides: PIPA)は,DNA二本鎖に配列特異的に結合する低分子有機化合物です。DNA二重らせん構造の表面には深浅2種の溝があり,PIPAは浅い方の溝に入りDNA各塩基との間で水素結合を介して可逆的に結合します。また,核酸分解酵素への耐性,生体内での安定性,細胞内導入試薬なしに細胞の核に取り込む事ができます。

PIPA PIPA

DNA二本鎖へのPIPAの結合モデル

■参考文献

  • Peter B. Dervan et. al., Nature, 391~468(1998).
  • P. B. Dervan and R. W. Burli, Current Opinion in Chemical Biology, 3:688~693(1999).
  • P. B. Dervan, Bioorganic & Medicinal Chemistry, 9:215~2235(2001) .

目次に戻る

PIPAによるDNAの認識様式と組み合わせ例

Py/PyA-T and T-A
Py/ImC-G
Im/PyG-C

Py: N-methylpyrrole
Im: N-methylimidazole
上記以外の骨格を利用する場合もあります。

目次に戻る

PIPAの特長

  • 転写因子より強く配列特異的に二本鎖DNAに結合します。
  • ヌクレアーゼ耐性があります。
  • 細胞内導入試薬などの介在なく細胞の核内に取り込み可能です。
  • 標的遺伝子の転写活性の抑制や検出プローブなどへの応用が考えられます。

目次に戻る

PIPAの仕様

  • 残基:10-20残基
  • 純度:>90%(逆相HPLC, 質量分析)
  • 収量:1 mg
  • 納期:15 営業日程度
  • 性状:凍結乾燥,冷凍

目次に戻る

PIPAの適用

  • 遺伝子発現抑制
  • プローブ用途

目次に戻る

ご注文方法/価格

価格,納期はその都度お見積りします。詳細は当社受託・特注品業務担当までお問合せ下さい。

目次に戻る

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。