HOME> 試薬> 遺伝子工学> 核酸の分離・精製> ウイルスの分離・精製> ViraBind AAV Purification Kit

アデノ随伴ウイルスを迅速かつ高回収率に精製できるキット ViraBind AAV Purification Kit

掲載日情報:2014/12/12 現在Webページ番号:62939

アデノ随伴ウイルス(Adeno-associated virus:AAV)を迅速に精製できるキットです。
アデノ随伴ウイルス精製には塩化セシウムを用いた密度勾配遠心法が広く利用されていますが,この手法は操作時間が長く,精製後のウイルス回収率やウイルスの品質が低いという問題点があります。
しかしViraBind AAV Purification Kitでは,超遠心分離の必要がなく,専用マトリックスを用いてウイルス精製をシングルステップで行えます。またウイルス精製後は,キット付属の濃縮ユニットを用いて遠心濃縮するだけと,操作が簡便です。優れたウイルス回収率を発揮します。

その他のCell Biolabs社製品をお探しの方はこちらをご覧ください。

特長

  • 高純度(>95%)で,ゲノムコピー数/Infection Unit比が低いアデノ随伴ウイルス(AAV)を精製できます。
  • すべての操作は約3時間で完了します。
  • 使用文献もあり,お勧めです。
  • 精製可能なウイルス:アデノ随伴ウイルス-2(AAV-2),アデノ随伴ウイルス-DJ(AAV-DJ)
  • 1回当たりの最大処理量:10cmディッシュ2枚分または15cmディッシュ1枚分のHEK293細胞(通常キット:#VPK-140)
    15cmディッシュ1枚分のHEK293細胞(Megaキット:#VPK-141)
  • 最終液量:100μl
  • AAV回収率:>60%

目次に戻る

精製の原理

アデノ随伴ウイルスを精製するキット ViraBind AAV Purification Kit

目次に戻る

使用例

アデノ随伴ウイルスを精製するキット ViraBind AAV Purification Kit

AAV2-GFPの精製例
ヘルパーフリーシステムによりHEK293細胞からAAV2-GFPを産生した。このAAV上清を,ViraBind AAV Purification Kitにより精製した。精製画分ごとにHEK293に感染させ,3日後にGFP蛍光を測定した。
A:AAV上清
B:フロースルー
C:ウォッシュ1回目
D:溶出

アデノ随伴ウイルスを精製するキット ViraBind AAV Purification Kit

精製したAAV2-GFPの電気泳動像

目次に戻る

キット内容

  • ViraBind AAV reagent A / B
  • AAV purification matrix
  • Purification buffer
  • Elution buffer
  • Centrifugal concentrator

目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2019年11月18日 14時51分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
ViraBind AAV Purification Kit, Trial Size
1週間程度  0
説明文
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温,4℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事
ViraBind AAV Purification Kit (10preps)
1週間程度  2
説明文
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温,4℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事
ViraBind AAV Purification Mega Kit (2preps)
1週間程度  0
説明文
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温,4℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事
ViraBind AAV Purification Mega Kit (10preps)
1週間程度  0
説明文
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温,4℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

[在庫・価格 :2019年11月18日 14時51分現在]

※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。

ViraBind AAV Purification Kit, Trial Size

文献数:0

  • 商品コード:VPK-140-T
  • メーカー:CBO
  • 包装:1kit
  • 価格:¥56,000
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:1週間程度 
  • 法規制等:

説明文
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温,4℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

ViraBind AAV Purification Kit (10preps)

文献数:2

  • 商品コード:VPK-140
  • メーカー:CBO
  • 包装:1kit
  • 価格:¥111,000
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:1週間程度 
  • 法規制等:

説明文
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温,4℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

ViraBind AAV Purification Mega Kit (2preps)

文献数:0

  • 商品コード:VPK-141
  • メーカー:CBO
  • 包装:1kit
  • 価格:¥88,000
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:1週間程度 
  • 法規制等:

説明文
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温,4℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

ViraBind AAV Purification Mega Kit (10preps)

文献数:0

  • 商品コード:VPK-141-5
  • メーカー:CBO
  • 包装:1kit
  • 価格:ご照会ください
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:1週間程度 
  • 法規制等:

説明文
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 室温,4℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事
関連記事

目次に戻る

FAQ

Q-1.ViraBind AAV Purification KitはどのAAV血清型にも使用できますか?

A-1.ViraBind AAV Purification KitはAAV2のキャプシドタンパク質構造に基づいたアフィニティーマトリックスを用いており,AAV-2とAAV-DJにだけ使用可能で他のAAV血清型の精製には適していません。他の血清型は超遠心分離で精製できます。


Q-2.超遠心分離と比較してViraBind AAV Purification Kitの優位点は?

A-2.ViraBind AAV Purification Kitには主に3つの優位点があります。
1. 超遠心分離に比べて簡単です。
2. 超遠心分離は部分的な精製だけで,ウイルスを精製するというより濃縮するために用いられます。ViraBind AAV Purification Kitは超遠心分離より高い精製度のウイルスが得られ,in vivoでの使用に最適です。
3. ViraBind AAV Purification Kitでは収率60%以上が得られますが,超遠心分離では約40%の回収率です。


Q-3.AAV Purification Kitを使用後のウイルス力価は?

A-3.AAV purification Kitは,上清中のウイルスの60%以上を回収することができます。最終的な力価は,精製前の粗AAVライセートの力価に主に依存します。キットが作用するためには精製前のウイルスによるので,精製前のAAV産生の最適化が必須となります。遺伝子導入条件の最適化によって,精製前に15cmディッシュから1~2 ×1011 GCが得られます。


Q-4.AAV Purification Mega Kitがありますが,通常キットとの違いは?

A-4.通常キットとMegaキットの違いは,精製する出発試料の量です。通常キットは,1回当たり10 cmディッシュ2枚からの上清(2.5 mlのPBSに懸濁したペレット)を精製するように設計されています。Mega Kit (#VPK-141)は,1回当たり15 cmディッシュ10枚分,ウイルス上清で25 mlまでの量の処理を行なうことができます。精製に用いるウイルス上清の量によりどちらのキットが適切かを決定します。


Q-5.精製済AAVはin vivoでの使用に適していますか?

A-5.キットでは最低95%以上の精製度のウイルスが得られ,超遠心分離より高い純度となり,その結果精製済AAVはin vivoの研究に用いることができます。


Q-6.キットの試薬は滅菌済ですか?

A-6.AAV purification Kitの一部の溶液は滅菌されていません。もし滅菌試料が必要であれば,使用後に試料をフィルター滅菌することをお勧めします。


Q-7.精製マトリックスは複数回使用できますか?

A-7.マトリックスは1回のみ使用できます。


Q-8.精製したAAVを保存する方法は?

A-8.5~10%グリセロールを精製済AAVに加えることで安定性は増加しますが,必須ではありません。AAV試料をin vivoで使用するのであればグリセロールは避けるべきですが,in vitroの用途だけで使用するのであれば差し支えありません。凍結融解を避けるために,AAVを小分けすることをお勧めします。ウイルスは-80℃で約1年間安定です。


Q-9.AAV Purification Kitを用いる場合の注意点は?

A-9.AAV Purification Kit使用に当たり2つの重要な検討事項があります。
1. 精製前にAAVの力価を測定して下さい。キットのウイルス回収率は少なくとも60%で,最終的な力価は主に精製開始前の粗製293AAVライセートの力価に依存します。
2. ウイルスを放出する凍結/融解サイクルの前に,細胞ペレットを無血清培地に懸濁する必要があります。

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。