Kirromycin (CAS: 50935-71-2)

掲載日情報:2018/09/26 現在Webページ番号:52379

AdipoGen社のKirromycin (CAS: 50935-71-2)です。
AdipoGen社は高品質な低分子化合物,希少な抗生物質,天然物などを販売しています。生理活性や阻害効果を有する物質も多数取り揃えております。

本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。

価格

[在庫・価格 :2021年06月24日 10時56分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Kirromycin
2週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
elfermycin類の抗生物質。GTP加水分解後のバクテリアリボソームからの翻訳伸長因子EF-Tu放出を阻害する。純度:>96% (HPLC),M.W.:796.9,由来:Streptomyces collinus,化学式:C43H60N2O12,形状:solid,溶解性:Soluble in methanol or DMSO.
CAS No:50935-71-2
別名:Mocimycin,Delvomycin,MYC 8003,NSC 316094
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 天然物・抗生物質
細菌由来の希少生理活性化合物/抗生物質
関連記事
Kirromycin
2週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
elfermycin類の抗生物質。GTP加水分解後のバクテリアリボソームからの翻訳伸長因子EF-Tu放出を阻害する。純度:>96% (HPLC),M.W.:796.9,由来:Streptomyces collinus,化学式:C43H60N2O12,形状:solid,溶解性:Soluble in methanol or DMSO.
CAS No:50935-71-2
別名:Mocimycin,Delvomycin,MYC 8003,NSC 316094
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 天然物・抗生物質
細菌由来の希少生理活性化合物/抗生物質
関連記事

[在庫・価格 :2021年06月24日 10時56分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

Kirromycin

文献数:0

説明文 elfermycin類の抗生物質。GTP加水分解後のバクテリアリボソームからの翻訳伸長因子EF-Tu放出を阻害する。純度:>96% (HPLC),M.W.:796.9,由来:Streptomyces collinus,化学式:C43H60N2O12,形状:solid,溶解性:Soluble in methanol or DMSO.
CAS No:50935-71-2
別名:Mocimycin,Delvomycin,MYC 8003,NSC 316094
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 天然物・抗生物質
細菌由来の希少生理活性化合物/抗生物質
関連記事

Kirromycin

文献数:0

説明文 elfermycin類の抗生物質。GTP加水分解後のバクテリアリボソームからの翻訳伸長因子EF-Tu放出を阻害する。純度:>96% (HPLC),M.W.:796.9,由来:Streptomyces collinus,化学式:C43H60N2O12,形状:solid,溶解性:Soluble in methanol or DMSO.
CAS No:50935-71-2
別名:Mocimycin,Delvomycin,MYC 8003,NSC 316094
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 天然物・抗生物質
細菌由来の希少生理活性化合物/抗生物質
関連記事



目次に戻る

製品情報

商品コードBVT-0157
品名Kirromycin
分子式C43H60N2O12
分子量796.9
CAS50935-71-2
構造式
純度≥96% (HPLC)
形状Yellow powder.
別名Mocimycin; Delvomycin; MYC 8003; NSC 316094
特長
  • Antibiotic. Member of the elfermycin group.
  • Antibacterial.
  • Protein biosynthesis inhibitor.
  • Specifically interacts with the bacterial elongation factor EF-Tu and prevents the release of EF-Tu from the bacterial ribosome after GTP hydrolysis. In the absence of ribosomes it induces EF-Tu-dependent hydrolysis of GTP.
  • Animal growth promoter used in poultry breeding.
文献
  1. Metabolic products of microorganisms. 99. Kirromycin: H. Wolf & H. Zähner; Arch. Mikrobiol. 83, 147 (1972)
  2. Kirromycin, an inhibitor of the 30 S ribosomal subunits function: H. Wolf, et al.; FEBS Lett. 21, 347 (1972)
  3. The total structure of the novel antibiotic mocimycin: C. Vos & P.E.J. Verwiel; Tetrahedron Lett. 1973, 5173 (1973)
  4. Kirromycin, an inhibitor of the protein biosynthesis that acts on elongation factor Tu: H. Wolf, et al.; PNAS 71, 4910 (1974)
  5. Mechanism of the inhibition of protein synthesis by kirromycin. Role of elongation factor Tu and ribosomes: H. Wolf, et al.; Eur. J. Biochem. 75, 67 (1977)
  6. Action of pulvomycin and kirromycin on eukaryotic cells: B. Schmid, et al.; FEBS Lett. 96, 189 (1978)
  7. Energetic aspects of the EF-Tu-dependent GTPase activity. A study using the antibiotic kirromycin: V. Bocchin, et al.; Eur. J. Biochem. 113, 53 (1980)
  8. Effects of elfamycins on elongation factor Tu from Escherichia coli and Staphylococcus aureus: C.C. Hall, et al.; Antimicrob. Agents Chemother. 33, 322 (1989)
  9. Inhibitory mechanisms of antibiotics targeting elongation factor Tu: T. Hogg, et al.; Curr. Prot. Pept. Sci. 3, 121 (2002)
  10. Elongation factor Tu-targeted antibiotics: four different structures, two mechanisms of action: A. Parmeggiani & P. Nissen; FEBS Lett. 580, 4576 (2006) (Review)
  11. Molecular analysis of the kirromycin biosynthetic gene cluster: T. Weber, et al.; Chem. Biol. 15, 175 (2008)
  12. GTPase activation of elongation factor EF-Tu by the ribosome during decoding: J.-C. Schuette, et al.; EMBO J. 28, 755 (2009)
  13. Interaction of apicoplast-encoded elongation factor EF-Tu with nuclear-encoded EF-Ts mediates translation in the Plasmodium falciparum plastid: S. Biswas, et al.; Intern. J. Parasitol. 41, 417 (2011)
  14. The phosphopantetheinyl transferase kirP activates the ACP and PCP domains of the kirromycin NRPS/ PKS of Streptomyces collinus Tü 365: M. Pavlidou, et al.; FEMS Microbiol. Lett. 319, 26 (2011)


目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。