Rebeccamycin (CAS: 93908-02-2)

掲載日情報:2018/09/26 現在Webページ番号:52376

AdipoGen社のRebeccamycin (CAS: 93908-02-2)です。
AdipoGen社は高品質な低分子化合物,希少な抗生物質,天然物などを販売しています。生理活性や阻害効果を有する物質も多数取り揃えております。

本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。

価格

[在庫・価格 :2021年06月24日 10時56分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Rebeccamycin
2週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
抗がん性化合物。純度:>98% (HPLC),M.W.:570.4,化学式:C27H21Cl2N3O7,形状:solid,溶解性:Soluble in DMSO.
CAS No:93908-02-2
別名:NSC 359079,BRN 4732638
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 細菌由来の希少生理活性化合物/抗生物質
関連記事
Rebeccamycin
2週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
説明文
抗がん性化合物。純度:>98% (HPLC),M.W.:570.4,化学式:C27H21Cl2N3O7,形状:solid,溶解性:Soluble in DMSO.
CAS No:93908-02-2
別名:NSC 359079,BRN 4732638
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 細菌由来の希少生理活性化合物/抗生物質
関連記事

[在庫・価格 :2021年06月24日 10時56分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

Rebeccamycin

文献数:0

説明文 抗がん性化合物。純度:>98% (HPLC),M.W.:570.4,化学式:C27H21Cl2N3O7,形状:solid,溶解性:Soluble in DMSO.
CAS No:93908-02-2
別名:NSC 359079,BRN 4732638
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 細菌由来の希少生理活性化合物/抗生物質
関連記事

Rebeccamycin

文献数:0

説明文 抗がん性化合物。純度:>98% (HPLC),M.W.:570.4,化学式:C27H21Cl2N3O7,形状:solid,溶解性:Soluble in DMSO.
CAS No:93908-02-2
別名:NSC 359079,BRN 4732638
別包装品 別包装品あり
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 細菌由来の希少生理活性化合物/抗生物質
関連記事



目次に戻る

製品情報

商品コードBVT-0139
品名Rebeccamycin
分子式C27H21Cl2N3O7
分子量570.4
CAS93908-02-2
構造式
純度≥98% (HPLC)
形状Yellow solid.
別名NSC 359079; BRN 4732638
特長
  • Antibiotic. Structurally similar to staurosporine.
  • Selective activity against several cancer cell lines.
  • DNA intercalator, resulting in catalytic inhibition of topoisomerases I.
  • Shows significant antitumor properties in vitro (IC50 = 480 nM against mouse B16 melanoma cells and IC50 = 500 nM against P388 leukemia cells).
  • Does not show any inhibitory activity against protein kinases.
文献
  1. Production and biological activity of rebeccamycin, a novel antitumor agent: J.A. Bush, et al.; J. Antibiot. (Tokyo) 40, 668 (1987)
  2. Induction of mammalian DNA topoisomerase I mediated DNA cleavage by antitumor indolocarbazole derivatives: Y. Yamashita, at al.; Biochemisty 31, 12069 (1992) 
  3. DNA cleavage by topoisomerase I in the presence of indolocarbazole derivatives of rebeccamycin: C. Bailly, et al.; Biochemistry 36, 3917 (1997)
  4. Syntheses and biological activities (topoisomerase inhibition and antitumor and antimicrobial properties) of rebeccamycin analogues bearing modified sugar moieties and substituted on the imide nitrogen with a methyl group: F. Anizon, et al.; J. Med. Chem. 40, 3456 (1997)
  5. Calories from carbohydrates: energetic contribution of the carbohydrate moiety of rebeccamycin to DNA binding and the effect of its orientation on topoisomerase I inhibition: C. Bailly, et al.; Chem. Biol. 6, 277 (1999)
  6. Discovery of Antitumor Indolocarbazoles: Rebeccamycin, NSC 655649, and Fluoroindolocarbazoles: B.H. Long, et al.; Curr. Med. Chem. 2, 255 (2002) 
  7. Rebeccamycin derivatives as dual DNA-damaging agents and potent checkpoint kinase 1 inhibitor: C. Marminon, et al.; Mol Pharmacol 74, 1620-1629 (2008)
  8. Phase II and pharmacokinetic trial of rebeccamycin analog in advanced biliary cancers: A. Dowlati, et al.; Cancer Chemother Pharmacol 65, 73-78 (2009)
  9. New progress of researches in carbazole compounds: F. Zhang, et al.; Chinese J. Org. Chem. 30, 783 (2010)


目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。