HOME> 特集> 糖尿病の研究に インスリン/C-ペプチド/グルカゴン測定キット -Mercodia社特集
HOME> 試薬> ELISA> ELISA/EIAキット> 糖尿病の研究に インスリン/C-ペプチド/グルカゴン測定キット -Mercodia社特集
HOME> 試薬> サイトカイン/増殖因子/ホルモン> ホルモンアッセイキット> 糖尿病の研究に インスリン/C-ペプチド/グルカゴン測定キット -Mercodia社特集

糖尿病の研究に インスリン/C-ペプチド/グルカゴン測定キット -Mercodia社特集

掲載日情報:2020/06/12 現在Webページ番号:4689

Mercodia社は糖尿病を初めとする代謝関連の高品質なELISA キットを製造しているスウェーデンのメーカーです。Mercodia社ELISAキットは世界中の研究者に広くご使用いただいており,数多くの名の知れた論文誌に掲載されています。中でもMercodia Insulin ELISA Kitは米国糖尿病学会(ADA)協賛のインスリン測定法標準化のワークショップで唯一,総合測定誤差基準を満たすキットとして認定されています*
*Miller WG et al. Toward standardization of insulin immunoassays. Clin Chem. 2009 May;55(5):1011-8

糖尿病に関連した著名な科学者のウェビナーをこちらよりご覧いただけます。

インスリン測定キット(Insulin ELISA Kit)

目次に戻る

インスリン(Insulin)とは

インスリン(Insulin)とは

インスリン(Insulin)は糖代謝を調節する主要なホルモンの 1 つです。ランゲルハンス島のβ細胞で生合成されたプロインスリンはプロセッシングを受けて C-Peptide とインスリンとなり,両者とも門脈循環へ分泌されます。インスリンは血中のグルコース濃度に依存して分泌され,血糖降下をはじめとする多くの生理活性が知られています。


■インスリン測定キット(Insulin ELISA Kit)の共通の特長

  • 使用しやすいように,ほとんどのコンポーネントは Ready-to-use になっています。
  • すべての Calibrator(溶液または凍結乾燥)は濃度別に調製済みのため,試薬の調製が簡便です。
  • モノクローナル抗体を使用しているため,ロット間の差が少なくなっています。
  • 試薬は着色されているため,分注操作のミスを減らすことができます。
  • 測定波長:450 nm
  • ISO 13485 認証されており高品質です。

一部コンポーネントは調製が必要です。詳細はデータシートをご確認下さい。

■インスリン測定キット(Insulin ELISA Kit)のラインナップ

説明製品名
ヒト インスリン測定キットHuman Insulin ELISA Kit
ヒト イソインスリン測定キットHuman Iso-Insulin ELISA Kit
ヒト プロインスリン測定キットHuman Proinsulin ELISA Kit
マウス インスリン測定キットMouse Insulin ELISA Kit
ラット インスリン測定キットRat Insulin ELISA Kit
ウシ インスリン測定キットBovine Insulin ELISA Kit
イヌ インスリン測定キットCanine Insulin ELISA Kit
ウマ インスリン測定キットEquine Insulin ELISA Kit
ネコ インスリン測定キットFeline Insulin ELISA Kit
ヒツジ インスリン測定キットOvine Insulin ELISA Kit
ブタ インスリン測定キットPorcine Insulin ELISA Kit

目次に戻る

C-ペプチド測定キット(C-peptide ELISA Kit)

目次に戻る

C-ペプチド(C-peptide)とは

C-ペプチド(C-peptide)とは

Cペプチドはランゲルハンス島のβ細胞で生合成されたプロインスリンがプロセッシングを受けることでインスリンと等量放出されます。従って血液中のCペプチド濃度は,特にインスリン治療を行っている際の,インスリン産生能力およびランゲルハンス島のβ細胞の機能の重要な指標となります。最新の研究では1型糖尿病における低レベルのCペプチド濃度の変動が合併症や低血糖などのリスク評価に有効な診断マーカーとなるとの報告もあり*2,高感度なCペプチドの検出に高い関心が集まっています。


■C-ペプチド測定キット(C-peptide ELISA Kit)の共通の特長

  • 2種類の抗C-peptideモノクローナル抗体を用いたサンドイッチ法を採用しています。
  • 高感度で特異性に優れており,またロット間差が少なく高い再現性が得られます。
  • ほとんどの試薬はReady-to-useになっています*
  • 試薬は着色されているため,分注操作のミスを減らすことができます。
  • 検出にビオチン標識とは異なる酵素標識抗体を用いて直接発色操作が行えるため,操作が簡便で迅速に結果が得られます。
  • 測定波長:450 nm

一部の試薬は調製が必要です。詳細は製品添付のマニュアルをご覧下さい。

■C-ペプチド測定キット(C-peptide ELISA Kit)のラインナップ

説明製品名
ヒト C-ペプチド測定キット(Specific)Human C-peptide ELISA Kit Specific
ヒト C-ペプチド測定キット(Ultrasensitive)Human C-peptide ELISA Kit Ultrasensitive
ラット C-ペプチド測定キットRat C-peptide ELISA Kit
ブタ C-ペプチド測定キットPorcine C-peptide ELISA Kit

目次に戻る

グルカゴン測定キット(Glucagon ELISA Kit)

目次に戻る

Glucagon(グルカゴン)とは

Glucagon(グルカゴン)は,膵臓のα細胞においてProglucagon(プログルカゴン)から産生される29 アミノ酸から成るポリペプチドです(図1)。一般に,グルカゴンはインスリンとは逆に,血中グルコースレベルを上昇させます。グルカゴンは,肝臓においてグリコーゲンをグルコースに変換し血流中に放出します。肝臓におけるグルカゴンの作用が長期間にわたると,遊離脂肪酸の酸化およびケトン産生が促進されます。低血糖時にはグルカゴン分泌により,脳や神経におけるグルコース欠乏に対する生体防御フィードバック機構が働きます。また,近年では糖尿病における「グルカゴン中心説」が提唱され,注目を集めています。

膵臓のα細胞において分泌されたプログルカゴンは,腸のL 細胞において切断され,Glycentin(グリセンチン)が生じます。グリセンチンは,さらに切断されOxyntomodulin(オキシントモジュリン)が生じます。これらのペプチドは,刺激によってグルカゴンと同時に分泌されます。また,グルカゴンのC 末端部分の断片はMini-glucagon(ミニグルカゴン)とも呼ばれ,膵臓中において全グルカゴン含量に比べて少量ですが存在が報告されています。これらのペプチドはグルカゴンとの相同性が高く(図2),これまでグルカゴンを特異的に検出することは困難でした。

図1. プログルカゴンと類縁ペプチド

図1. プログルカゴンと類縁ペプチド

図2. グルカゴンと類縁ペプチドのアミノ酸配列の比較

図2. グルカゴンと類縁ペプチドのアミノ酸配列の比較


■グルカゴン測定キット(Glucagon ELISA Kit)のラインナップ

説明製品名
10μlの試料で測定可能なグルカゴンELISAキットGlucagon ELISA 10μl Kit
高感度・簡便なヒトグリセンチン測定キットHuman Glicentin ELISA Kit
高感度・簡便なラットグリセンチン測定キットRat Glicentin ELISA Kit

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。