HOME> 試薬> 細胞培養> 培養液汚染検出/除去関連製品> ToxinSensor Chromogenic LAL Endotoxin Assay Kit
HOME> 試薬> 生化学一般試薬/その他> 生化学アッセイキット> ToxinSensor Chromogenic LAL Endotoxin Assay Kit
HOME> 試薬> 創薬研究> 医薬品製造・研究> エンドトキシン検出> ToxinSensor Chromogenic LAL Endotoxin Assay Kit

エンドトキシンを高感度に検出するキット ToxinSensor Chromogenic LAL Endotoxin Assay Kit

掲載日情報:2022/08/09 現在Webページ番号:4375

試料中に含まれるエンドトキシン(Endotoxin)を、LAL(Limulus Amebocyte Lysate)試薬を用いた比色法(エンドポイント)により、簡便かつ非常に高感度に定量できるキットです。
本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。

エンドトキシンの検量線例

図をクリックすると拡大します(拡大図

エンドトキシンの検量線例

ToxinSensor Endotoxin Detection System

価格表へ

エンドトキシンとLALとは

エンドトキシン(Endotoxin)はグラム陰性菌の細胞壁表層を構成しているリポ多糖(LPS)です。細菌死により細胞壁が損傷しエンドトキシンが放出されると、生体に様々な作用を及ぼし、発熱、ショックや敗血症を引き起こします。そのため、医薬品などへのエンドトキシン混入は重大な問題で、精度・再現性の高い試験が必須とされています。

LALLimulus Amebocyte Lysate)は、カブトガニ(Limulus polyphemusまたはTachypleus tridentatus)の血液中に含まれるアメーバ細胞の抽出液です。本製品ではミナミカブトガニ(Tachypleus tridentatus)の血球抽出成分が用いられてます。LALがエンドトキシンと反応すると凝固する性質を利用して、各種エンドトキシン検出試薬が開発されています。

価格表へ



目次に戻る

特長

  • 信頼性:直線性に優れ、再現性も高い製品です。
  • 簡便性:キットには、Ready-to-use の試薬とエンドトキシンフリーのピペットチップやチューブ、ラックが含まれています。
  • 測定範囲:0.01~ 1 EU/ml
  • 検出方法:比色
  • 測定波長:545 nm

比色法により検出するため、色のついた試料は使用できません。
血液、血液由来成分、血清、抗生物質試料やβ-グルカンを含む試料への使用は推奨しません。

価格表へ

目次に戻る

キット内容

  • LAL reagent water
  • Limulus amebocyte lysate (LAL)
  • E. coli endotoxin standard
  • Chromogenic substrate
  • Color stabilizer #1~#3
  • Endotoxin-free tip (200 μl、1,000 μl)
  • Endotoxin-free vial
  • Incubation rack

価格表へ

目次に戻る

エンドトキシンアッセイキット選択ガイド

品名をクリックすると製品の詳細、商品コードをクリックすると各製品の価格表をご覧いただけます。

品名 ToxinSensor Chromogenic LAL Endotoxin
Assay Kit
ToxinSensor Gel Clot Endotoxin
Assay Kit
アッセイ数 16 reactions 32 reactions 40 assays
商品コード L00350C L00350 L00351
製品概要 試料中に含まれるエンドトキシン(Endotoxin)を、LAL(Limulus Amebocyte Lysate)試薬を用いた比色法により、低コストかつ非常に高感度に検出できるキット。 LAL試薬を用いたゲル化法により、in vitro試料中のエンドトキシンを簡便に定性分析するキット。
適用
  • エンドトキシン濃度の正確な定量
  • 最終製品中のエンドトキシンの定性的な検出
感度 0.01~1 EU/ml 0.25 EU/ml
LAL試薬の再構成 必要 必要
分光光度計の必要性 必要 不要
キット構成 Ready-to-useの試薬
Endotoxin-free tip / vial
試料の条件 無色透明の液体 N/A

価格表へ


目次に戻る

FAQ

一般的な質問

試料の調製について

使用に際して

結果の解析

価格表へ


目次に戻る

使用文献

  • Wu, H., et al., "Alkaline phosphatase attenuates LPS-induced liver injury by regulating the miR-146a-related inflammatory pathway.", Int. Immunopharmacol., 101(pt A), 108149 (2021). [PMID:34634739]
  • Faubert, B., et al., "Stable isotope tracing to assess tumor metabolism in vivo.", Nat Protoc., 16(11), 5123~5145 (2021). [PMID:34535790]
  • AbuSamra, D.B., et al., "Induction of CXCL10-Mediated Cell Migration by Different Types of Galectins.", Cells, 10(2), 274 (2021). [PMID:33573183]
  • Shi, W., et al., "Dysregulation of hepatic microRNA expression in C57BL/6 mice affected by excretory-secretory products of Fasciola gigantica.", PLoS Negl. Trop. Dis., 14(12), e0008951. doi: 10.1371/journal.pntd.0008951. eCollection (2020). [PMID:33332355]
  • Pittman, D., et al., "Behavioral and neurophysiological taste responses to sweet and salt are diminished in a model of subclinical intestinal inflammation.", Sci. Rep., 10(1), 17611 (2020). [PMID:33077838]
  • Goh, J.Y., et al., "Gestational poly(I:C) attenuates, not exacerbates, the behavioral, cytokine and mTOR changes caused by isolation rearing in a rat 'dual-hit' model for neurodevelopmental disorders.", Brain Behav. immun., 89, 100~117 (2020). [PMID:32485291]
  • Schneier, M., et al., "Current technologies to endotoxin detection and removal for biopharmaceutical purification.", Biotechnology and bioengineering, 117(8), 2588~2609 (2020-08). [PMID:32333387]
  • Honda, Y., et al., "Augmentation of Bone Regeneration by Depletion of Stress-Induced Senescent Cells Using Catechin and Senolytics.", Int. J. Mol. Sci., 21(12), 4213 (2020). [PMID:32545756]
  • Wu, J., et al., "Immunity-and-Matrix-Regulatory Cells Derived from Human Embryonic Stem Cells Safely and Effectively Treat Mouse Lung Injury and Fibrosis.", biorxiv., 30(9), 794~809 (2020). [PMID:32546764]
  • Zierden, H.C., et al., "Characterization of an Adapted Murine Model of Intrauterine Inflammation-Induced Preterm Birth.", Am. J. Pathol., 190(2), 295-305 (2020). [PMID:31837289]
  • Honda, A., et al., "Regulation of bile acid metabolism in mouse models with hydrophobic bile acid composition.", J. Lipid Res., 61(1), 54~69 (2020). [PMID:31645370]

価格表へ


目次に戻る

関連製品 ToxinEraser Endotoxin Removal Kit(#L00338

試料中に含まれるエンドトキシンを、0.1 EU/ml以下まで除去できるキットです。Polymixin Bを固定化したアガロースビーズカラムを用いてエンドトキシンの除去を行います。Polymixin Bは抗生物質の一種で、エンドトキシンの活性中心であるLipid Aと結合し、その活性を中和します。詳細は、ToxinEraser Endotoxin Removal Kit(Web記事番号:5471)をご覧下さい。

試料中のエンドトキシン濃度とエンドトキシン除去効率

図をクリックすると拡大します(拡大図

試料中のエンドトキシン濃度とエンドトキシン除去効率

目次に戻る

価格

[在庫・価格 :2024年06月15日 00時00分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
LAL Endotoxin Assay Kit, Chromogenic, ToxinSensor (32reactions)
2週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
  • メーカーサイト
  • お問い合わせ
説明文
法規制等
保存条件 4℃,凍結禁止 法規備考
掲載カタログ ニュース2023年1月合併号 p.12

製品記事
関連記事
LAL Endotoxin Assay Kit, Chromogenic, ToxinSensor (16reactions)
2週間程度 ※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。 0
  • メーカーサイト
  • お問い合わせ
説明文
法規制等
保存条件 4℃,凍結禁止 法規備考
掲載カタログ ニュース2023年6月15日号 p.20

製品記事
関連記事

[在庫・価格 :2024年06月15日 00時00分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫が無く、取り寄せた場合の納期目安となります。

LAL Endotoxin Assay Kit, Chromogenic, ToxinSensor (32reactions)

文献数: 0

説明文
法規制等
保存条件 4℃,凍結禁止 法規備考
掲載カタログ ニュース2023年1月合併号 p.12

製品記事
関連記事

LAL Endotoxin Assay Kit, Chromogenic, ToxinSensor (16reactions)

文献数: 0

説明文
法規制等
保存条件 4℃,凍結禁止 法規備考
掲載カタログ ニュース2023年6月15日号 p.20

製品記事
関連記事

目次に戻る

おすすめ製品記事

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。