HOME> 試薬> タンパク質/酵素> タンパク質・酵素関連製品> アミノ酸・ペプチド・タンパク質> Hydrocarbon-Stapled分子内架橋ペプチド合成受託サービス
HOME> 受託サービス・特注品> ペプチド> ペプチド合成> Hydrocarbon-Stapled分子内架橋ペプチド合成受託サービス

二次構造を有するペプチドを合成します Hydrocarbon-Stapled分子内架橋ペプチド合成受託サービス

掲載日情報:2018/06/26 現在Webページ番号:3658

分子内を架橋させることで,安定化したαヘリックス構造を有するペプチドを合成する受託サービスです。安定化したαヘリックス構造を有するペプチドは,プロテアーゼによる分解を受けにくくなります。
本製品は研究用です。研究用以外には使用できません。

特長

  • αヘリックス構造が安定化されることにより,細胞膜透過性や標的分子へのアフィニティの向上が期待されます。
  • タンパク質相互作用の研究や,薬物動態の研究に有用です。

当サービスにて合成されたペプチドは,C末端がアミド化されております。

目次に戻る

分子内架橋ペプチドの合成法

分子内架橋ペプチドの合成法

オレフィンメタセシス反応を用いて(S)-α-(2'-pentenyl) alanine同士を架橋させ,αヘリックス構造を安定化させる。
ペプチドの配列:XXFZDLLZYYGX (Z=(S)-α-(2'-pentenyl) alanine)

目次に戻る

適用例

A. in vitro 生化学分析

  • Fluorescence polarization, surface plasmon resonance, ELISA, FRET, BRET, isothermal calorimetryなどを利用した,標的分子に対する架橋ペプチドの特異的な結合能の研究
  • 架橋の組成と配置,測定したα-ヘリックス(CDスペクトル),全体の電荷および化合物の溶解度に基づくCタンパク質/リガンドタンパク質間の相互作用,および構造と機能の関連性の研究
  • in vitro 機能活性に対するアフィニティ/相互作用の関連性の研究
  • co-IPとアフィニティプルダウンアッセイによる標的天然複合体に対する架橋ペプチド能力の評価
     例:細胞ライセート中の標的タンパク質をFITC,ビオチンまたは光反応性物質を用いて,架橋ペプチドプルダウンアッセイし,その後ウエスタンブロッティングやプロテオーム解析によりタンパク質を検出する。

B. 細胞への取り込みと活性解析

  • ライブ共焦点顕微鏡やFACS解析などによるFITC架橋ペプチドを用いた細胞への取り込みの直接測定
  • 光学顕微鏡(trypan blue色素排除試験法など)やLDH放出アッセイによる膜破壊性ペプチドのスクリーニング
  • 細胞透過性架橋ペプチドを用いた細胞解析
  • 動物モデルにおけるin vivo有効性と作用機構の研究

目次に戻る

引用文献

  1. Chee SM., et al., PLOS One, 9(8), e104914.(2014).
    Structure of a stapled peptide antagonist bound to nutilin-resistant Mdm2.
  2. Wei SJ., et al., PLOS One, 8(11), e81068.(2013).
    Inhibition of nutilin-resistant HDM2 mutants by stapled peptides.
  3. Lama D., et al., Sci Rep., 3, 3451. Study Descriptions(2013).
    Rational optimization of conformational effects induced by hydrocarbon staples in peptides and their binding interfaces.
  4. Park M., et al., PLOS One, 8(3), e58874.(2013).
    A readily applicable strategy to convert peptides to peptoid-based therapeutics.
  5. Sun L-T., et al., Biophys J., 104, 1923~1932.Study Descriptions (2013).
    Membrane permeability of hydrocarbon cross-linked peptides.
  6. Bhattachharya S., et al., Biopolymers, 97(5), 253~264 (2012).
    Novel structures of self-associating stapled peptides.
  7. Sviridov DO., et al., BBRC, 410, 446~451 (2011).
    Helix stabilization of amphipathic peptides by hydrocarbon stapling increases cholesterol efflux by the ABCA1 reporter.

目次に戻る

参考文献

  1. Kim, Y-W., et al., Nature Protocols, 6, 761 (2011).
  2. Walensky, LD., et al., Science, 305, 1466 (2004).
  3. Schafmeister, CE., et al., J. Am. Chem. Soc., 122, 5891 (2000).
  4. Henchey, LK., et al., Curr. Opin. Chem. Biol., 12, 692 (2008).

目次に戻る

ご注文方法

詳細は,当社受託・特注品業務担当までお問い合わせ下さい。

目次に戻る

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。