HOME> 試薬> 遺伝子工学> 核酸の分離・精製> Yeast Nuclei Isolation Kit

酵母の核を単離するキット Yeast Nuclei Isolation Kit

掲載日情報:2014/08/25 現在Webページ番号:26593

酵母の核を単離できるキットです。迅速かつ簡便に酵母の核を調製できます。

酵母のミトコンドリアを高効率で単離できるキットについてはこちらをご覧下さい。
哺乳類動物細胞からミトコンドリアを単離するキットについてはこちらをご覧下さい。

特長

  • DNA / RNA−タンパク質相互作用,タンパク質間相互作用研究などに最適です。
  • 本製品で調製した酵母細胞核は,DNase Iフットプリンティング,酵素試験,プルダウンアッセイ,ウェスタンブロッティング,ELISAなどのアプリケーションに適用できます。

目次に戻る

使用例

本キットで単離した酵母細胞核の機能解析。核に特異的なHAT(ヒストンアセチル基転移酵素)の酵素活性を,HAT Activity Colorimetric Assay Kit(#K332-100)により測定した。単離した酵母細胞核(右)は,ポジティブコントロールとして使用した核抽出物(左)よりも更に高い酵素活性を保持している。

目次に戻る

操作方法概略

  1. 酵母を10~20 mlの培地でOD ~20まで培養する。
  2. 培養した酵母を3,000×g,5分間遠心して回収し,超純水で洗浄する。
  3. DTTを加えたBuffer Aに懸濁し,30℃で10分間振とうする。
  4. 1,500×gで5分間遠心し,上清を捨てる。
  5. Buffer Bに懸濁し,Lysis enzyme mixを加えて30℃で10~15分間振とうする。
  6. 形成されたスフェロプラストを1,500×gで5分間遠心して回収し,上清を捨てる。
  7. Protease inhibitor cocktailを加えたBuffer Nに懸濁し,氷上でホモジナイズした後,30分間振とうする。
  8. 1,500×gで5分間遠心して上清を回収する。
  9. 20,000×gで10分間遠心して上清を捨て,得られた核の沈殿をBuffer Nに懸濁する。

目次に戻る

キット内容

  • Buffer A,B,N
  • DTT
  • Lysis enzyme mix
  • Protease inhibitor cocktail

[在庫・価格 :2020年09月28日 09時51分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。
※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。
詳細 商品名
  • 商品コード
  • メーカー
  • 包装
  • 価格
  • 在庫
  • 法規制等
納期 文献数
Yeast Nuclei Isolation Kit
10日程度  0
説明文
酵母の核を単離できるキット。
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 Yeast Nuclei Isolation Kit
関連記事

[在庫・価格 :2020年09月28日 09時51分現在]

※ 表示されている納期は弊社に在庫がなく、取り寄せた場合の目安納期となります。
※ 納期として表示している期間は弊社発注日からの「目安」となり、納期を保証する物ではございません。実際には長くかかる場合もございます。ご注意ください。

Yeast Nuclei Isolation Kit

文献数:0

  • 商品コード:K289-50
  • メーカー:BVN
  • 包装:1kit
  • 価格:¥61,000
  • 在庫:無(未発注)
  • 納期:10日程度 
  • 法規制等:

説明文 酵母の核を単離できるキット。
法規制等
保存条件 -20℃ 法規備考
掲載カタログ

製品記事 Yeast Nuclei Isolation Kit
関連記事

目次に戻る

お問い合わせ先

(テクニカルサポート 試薬担当)

reagent@funakoshi.co.jp

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。
表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。