試薬記事カテゴリー

Webページ番号:
[掲載日情報:2017/09/01 現在]

Liton Laboratories社 MicroFlow Kit に関する FAQ

Liton Laboratories社 MicroFlow Kit に関する FAQ

Q MicroFlow Kit で本当に小核を検出していることを確認する方法はありますか?

A

以下のような方法で確認して下さい。

  1. MicroFlow Kit を用いてフローサイトメトリーを行った試料を 顕微鏡で観察し,小核が含まれていることを確認する。
  2. MicroFlow Kit で検出した判定結果を顕微鏡による判定結果と 比較する。
  3. DNA サイズ,染色パターンが小核化した細胞に類似している Biological standard(マラリア感染試料:キット付属)を用 いてフローサイトメーターの設定を行う。
  4. より厳密な確認が必要な場合には,当社テクニカルサポートまでお問い合わせ下さい。

トップに戻る

Q キットに付属のBiological standard(マラリア感染試料)は安全ですか?

A

安全性に全く問題はありません。Biological standard は,メタノー ル固定により完全に変性させた,感染性・毒性のない血液試料です。

トップに戻る

Q MicroFlow Kit で得られた結果に再現性はありますか?

A

はい。Litron 社では 1980 年代に MicroFlow 法を確立し,改良 を重ねてきました。世界各国の研究機関,企業に技術譲渡を行った 実績もあり,MicroFlow 法の再現性,正確性は実証済みと言えます。

トップに戻る

Q 血液試料はどのように採取すればよいでしょうか?

A

末梢血は尾の静脈から採取する方法が一般的ですが,他の部位から 採取した血液試料でも問題なく使用できます。

トップに戻る

Q 血液試料はどのくらい必要でしょうか?

A

1 個体につき,60 ~ 120 μl の血液があれば検出できます。必ず キット付属の抗凝血剤を 350μl 添加して下さい。

トップに戻る

Q キット付属の抗凝血剤以外を使用してもよいでしょうか?

A

代替の抗凝血剤の使用はお勧めしません。必ずキットに付属の抗凝 血剤をご使用下さい。Litron 社では MicroFlow Kit 開発の際に, 様々な抗凝血剤を使用して評価を行っています。キットには, MicroFlow 法を一貫性を持って正確に実施するために最適な抗凝 血剤が付属しています。

トップに戻る

Q 血液試料を固定する際,極低温(-75 ~-80℃)で保持する必 要があるとのことですが,ドライアイス上で固定処理を行ってもよ いでしょうか?

A

固定処理にドライアイスを用いることはお勧めしません。ドライア イスに含まれる気体の CO2 により試薬の炭酸化や細胞の凝集が起 こる危険性があります。固定処理の詳細についてはプロトコルでご 確認下さい。

トップに戻る

トップに戻る