試薬記事カテゴリー

Webページ番号:
[掲載日情報:2017/09/01 現在]

ATLAS BIOLOGICALS社 EquaFETALに関するFAQ

ATLAS BIOLOGICALS社 EquaFETALに関するFAQ

■関連製品:各種ウシ血清『FBS / Fetal Plus / EquaFETAL / NCS』

Q EquaFETALとは何ですか?

A

EquaFETALは100%米国産のウシ血清です。様々な株細胞において従来のFBSと同様に使用できます。

トップに戻る

Q EquaFETALは添加物を含んでいますか?

A

いいえ。EquaFETALは添加物を含んでいない,ウシ血清100%の製品です。製品名であるEquaFETALは,その仕様と品質においてFBSと同等である(equivalent)という由来でつけられました。

トップに戻る

Q なぜEquaFETALはFBSよりも安価なのですか?

A

Atlas Biological社が独自で血液の採取から加工までを行い,管理しているからです。

トップに戻る

Q EquaFETALがFBSよりも優れている点は?

A

ロットの一貫性,トレーサビリティ,価格です。

トップに戻る

Q EquaFETALの使用方法は?

A

ほとんどの場合,従来使用していたFBSと同様に使用できます。馴化方法については下記を参照して下さい。

EquaFETALの馴化プロトコル

  • 使用する細胞の種類に応じた培地(必要な添加物を含む)を用意する。
  • 従来使用していたFBSとEquaFETALの新ロットの混合物を培地に添加する。馴化開始時は旧FBSとEquaFETALの混合比を50:50とし,数回継代して細胞の様子を観察する。細胞に問題が無ければEquaFETALを使用してさらに培養を続ける。
  • 培養が難しい細胞の場合,さらに時間をかけて馴化を行う。EquaFETALと旧FBSの混合比を25:75として馴化を開始し,数回継代する。EquaFETALの割合を25%から徐々に増加させ,最終的に100%にする。
  • EquaFETALと旧FBSの混合物を用いて培養している間は,細胞の様子をよく観察し,細胞の状態が良好であることを確認してからEquaFETALの割合を増加させる。
  • 一度EquaFETALへの馴化が完了した細胞は,EquaFETALのロットを変更する際に再度馴化させる必要はない。

トップに戻る

トップに戻る