Adipogen Life Sciences
アディポジェン ライフ サイエンシーズ / Adipogen Life Sciences
Webページ番号:
[掲載日情報:2017/06/15 現在]

[KOM]機能性抗体25%OFFキャンペーン[~2017/09/15]

[ 2017年06月15日 ~ 2017年09月15日 ]

キャンペーン期間中,Adipogen Life Science社(メーカー略所:KOM)の機能性抗体を25%OFFキャンペーン価格でご提供します。ぜひこの機会をご利用下さい。

機能性抗体フライヤー

機能性抗体フライヤーのダウンロードはこちら。

キャンペーン対象製品

・Adipogen Life Science社機能性抗体

機能性抗体

Adipogen社の抗体シリーズ FuncAbsは,ブロッキング(Blocking),中和(Neutralizing),活性化(Activation),細胞除去(Depletion)といった機能を有する機能性抗体(Functional Antibodies)です。
「RecMAbs」は,ヒトナイーブ抗体ライブラリーを用いて,in vitro抗体ファージディスプレイ技術によって動物を用いずに作製された組換えモノクローナル抗体で,立体構造エピトープ,タンパク質修飾,タンパク質複合体を特異的に認識する抗体があります。

キャンペーン対象製品の検索方法

キャンペーン対象商品は下記から検索可能です。

抗体使用例

内因性ヒトLAG-3のフローサイトメトリー解析

内因性ヒトLAG-3のフローサイトメトリー解析
ヒト末梢血単核細胞(PBMC)をSEB(スーパー抗原)で刺激(左図)した2日後に,ATTO 488標識抗LAG-3抗体(#AG-20B-0012TD-T100)を用いてフローサイトメーターで検出した。SEB刺激を行ったPBMCでは,ヒトLAG-3を発現している細胞数が増加していることがわかる。



抗CD40抗体(クローン:FGK45)(#AG-20B-0036-C100)による全身免疫の活性化

抗CD40抗体(クローン:FGK45)(#AG-20B-0036-C100)による全身免疫の活性化
マウスに抗CD40抗体(クローン:FGK45)を4~7日間毎日投与し,投与開始から8日後に脾細胞数を測定した。
*P<0.005, n=3~4



マウス好中球の除去

マウス好中球の除去
好中球を除去するため,マウスに抗好中球抗体(#AG-20B-0043-C100)を注射した。注射の6時間後,マウスにリーシュマニアを感染させた。3日後,フローサイトメトリーによりマウス血液中の好中球の存在を確認した。
A:コントロールマウス
B:抗好中球抗体を注射したマウス



抗ポリグルタミル化抗体(#AG-20B-0020,クローンGT335)を用いた免疫蛍光染色によるチューブリンのグルタミル化解析

抗ポリグルタミル化抗体(#AG-20B-0020,クローンGT335)を用いた免疫蛍光染色によるチューブリンのグルタミル化解析
試料:GFP融合ポリグルタミラーゼTTLL4およびTTLL6を導入したHeLa細胞
赤い矢頭:グルタミラーゼを発現する細胞
白い矢頭:グルタミラーゼ非導入細胞

グルタミラーゼを発現する細胞の微小管が強く染色されている。
画像提供:Dr. Carsten Janke, Curie Institute, Paris

お問い合わせ先(テクニカルサポート 試薬担当)

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。

表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

トップに戻る

お問い合わせ

フォームでのお問い合わせはこちら

試薬について

試薬について

機器・消耗品について

機器について

受託サービス・特注品について

受託サービス・特注品について

バルク包装品お見積りについて

バルク包装品お見積りについて

FBS・血清について

FBS・血清について

その他お問い合わせ

その他お問い合わせ

TEL/FAXでのお問い合わせはこちら