試薬記事カテゴリー

Webページ番号:
[掲載日情報:2017/02/01 現在]

オートファジー(Autophagy)特集

祝!ノーベル賞 東京工業大栄誉教授 大隅良典先生

2016年10月3日,大隅良典先生(東京工業大学栄誉教授)は「オートファジーのメカニズムの発見」により,ノーベル生理学・医学賞を受賞されました。
長きにわたっての研究の偉大なご功績が認められてのご受賞を心よりお祝い申し上げます。

各国の著名なオートファジー研究者からもお祝いの言葉が寄せられています。

フナコシ株式会社では,オートファジーをはじめとするライフサイエンス研究のお役に立つ,試薬・機器消耗品・受託サービスを研究者の皆様にご提供させていただきますので,これからもどうぞ弊社を宜しくお願いいたします。

トップに戻る

ノーベル賞を受賞された大隅良典先生の愛弟子である
水島 昇 教授 (東京大学)のインタビュー

ノーベル賞を受賞された大隅良典先生の愛弟子である 水島 昇 教授(東京大学大学院 医学系研究科 分子生物学分野)へのインタビュー記事をご紹介します。

本記事は,Novus Biologicals社の英語コンテンツを和訳したものです。

水島 昇教授 水島 昇教授は,東京大学大学院 医学系研究科 分子生物学分野で研究室を構え,オートファジーやリソソーム,および細胞内タンパク質/オルガネラの分解機構に関する研究をされています。
現在,日本生化学会会長を務められており,2015年度の上原賞を受賞され,また2013年にはトムソン・ロイター引用栄誉賞を受賞し,ノーベル生理学・医学賞の有力候補に選出されました。
水島教授は,東京医科歯科大学にて分子免疫学の研究を行い博士号を取得された後に,基礎生物学研究所の大隅 良典 教授の元で,ポスドクとして哺乳類と酵母のオートファジーに関する研究をされました。その後,東京都医学総合研究所 室長に就任され,マウス遺伝学を用いて哺乳動物におけるオートファジーの分子機構とオートファジーの生理学的役割に関する包括的な研究を開始されました。Atg12修飾システムの発見を含む一連の業績と重要な研究成果によって,オートファジー研究の第一人者としての地位を獲得されました。
基礎生物学で大切なことは,
好奇心を持ち続け,新たな発見を素直に楽しむこと。

⇒水島 昇 教授のインタビューの詳細はこちら

トップに戻る

オートファジーとは


MEMO

オートファジー(Autophagy)とは


オートファジー(Autophagy,自食)は,細胞タンパク質および細胞小器官での自己破壊の細胞死プロセスです。分解は,オートファゴソームと呼ばれる二層小胞の形成によって媒介され,その後リソソーム加水分解酵素によってオートファゴソーム中の内容物の溶解が起こります。オートファジーは,酵母モデルにおいて,もともと飢餓における生存のための自己栄養メカニズムとして発見されました。しかし,その後の研究で,がん,代謝および神経変性疾患,心血管/肺疾患老化,運動や感染症などの多くの生理学的/病理学的プロセスにおいてもオートファジーが関与することが明らかにされています。

オートファジーFAQ(英文)はこちら。


Autophagy Pathway

オートファジー代謝経路と関連因子

オートファジーは,細胞が細胞内容物をリサイクルするために使用する高度に制御された細胞死プロセスです。哺乳動物におけるオートファジー関連の中心的な(ATG)錯体は,ULK1プロテインキナーゼ,Atg9-WIPI1とVPS34-ベクリンクラスⅢ PI3キナーゼ複合体,およびAtg12とLC3の共役系です。 また,PI(3)結合タンパク質,PI3-ホスファターゼおよびRabタンパク質も,オートファジーに関与しています。

MEMO

リポファジー:脂肪滴のオートファジー


脂肪滴(Lipid droplet)とは脂肪細胞で見られる巨大な(数 μm~数十 μm 以上)中性脂質の塊で,トリグリセリドやステロールエステルを主成分にもつ一重膜の構造体です。脂肪滴は細胞内の中性脂質を貯蔵する器官として働くと考えられており,肥満や脂質異常疾患との関連が多く報告されています。また,脂肪細胞のみならずさまざまな種類の細胞で1 μm 以下の小さな脂肪滴が発見され,各分野で研究が盛んに進められています。2009 年のNature に脂肪滴分解の一つのプロセスとしてオートファジーが初めて報告されて以来,オートファジーが制御する脂質代謝はリポファジー(lipophagy)として注目されています。リポファジーの形成および活性化機構は脂肪滴分解による脂質代謝の新たなプロセスとして,脂質異常疾患の予防に有効ではないかと期待されています。

Singh, et al., Nature., 458: 1131-1135.(2009).
脂肪滴ライブセルイメージング色素についてはこちらをご覧下さい。

トップに戻る

オートファジー関連抗体

メーカー略称 製品説明
NOV 抗LC3抗体/オートファジー関連抗体
NOV 抗LC3抗体
BVN 抗LC3抗体
NOV Autophagosome(オートファゴソーム)関連抗体
BIS オートファジー関連抗体
GNT アポトーシス・オートファジー・ネクローシス関連抗体
GNT LAP(LC3-associated phagocytosis)関連抗体
BAB オートファジー関連抗体
ABG オートファジー関連抗体
STQ オートファジー関連抗体

トップに戻る

オートファジー関連ペプチド・タンパク質

メーカー略称 製品説明
NOV オートファジー誘導ペプチド Tat-Beclin-1-D11/Tat-L11
BOS オートファジー関連タンパク質

トップに戻る

オートファジー関連化合物

メーカー略称 製品説明
FNA リポファジー研究に 脂肪滴を染色する新規蛍光色素 LipiDye
NOV オートファジー研究用制御・阻害物質
ADQ プロテアーゼ阻害物質
BVN タンパク質分解関連化合物
KOM オートファジー研究関連化合物
TCR オートファジー関連化合物
FCS オートファジー研究用低分子化合物
STQ オートファジー関連阻害物質

トップに戻る

オートファジー関連cDNAクローン

メーカー略称 製品説明
ORI オートファゴソーム関連cDNAクローン CellPainter Organelle Marker

オートファジー検出キット

メーカー略称 製品説明
CAY オートファジー/細胞毒性測定キット

お問い合わせ先(テクニカルサポート 試薬担当)

製品情報は掲載時点のものですが、価格表内の価格については随時最新のものに更新されます。お問い合わせいただくタイミングにより製品情報・価格などは変更されている場合があります。

表示価格に、消費税等は含まれていません。一部価格が予告なく変更される場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

トップに戻る