試薬記事カテゴリー

Webページ番号:
[掲載日情報:2017/09/01 現在]

Northwest社 Malondialdehyde Assay Kit, NWLSS(#NWK-MDA01)のデータ解析方法

Northwest社 Malondialdehyde Assay Kit, NWLSS(#NWK-MDA01)のデータ解析方法

Q 3rd derivative analysis 法*とは

A

複雑なバックグランドを示す試料でも,400〜700 nm の吸光度測定値を用いて解析を行うことで,より高精度な測定を可能にする方法です。

*Botsoglou, N.A., Rapid, Sensitive, and Specific Thiobarbituric Acid Method for Measuring Lipid Peroxidation in animal Tissue, Food and Feedstuff Samples, J. Agric. Food Chem. 42:1931-1937; 1994.

トップに戻る

Q 解析方法

A
  1. 以下の条件でスタンダードおよび試料の吸光スペクトルを測定し,NWS 社の測定見本を参考にして,csv 形式のエクセルファイルとして保存します。
    測定波長:400〜700 nm
    スペクトルバンド幅:≦ 2 nm
  2. Northwest 社のデータ解析サイト にアクセスします。
    • Polynomial(M):3~5 の値を推奨。Derivative(d) 以上の値で、かつ Filter length(f) より小さい値を設定します。例:3
    • Derivative(d):2~4 の値を推奨。例:3
    • Filter length(f):吸光度データが 1nm 間隔の場合は 29 を指定し,2 nm の場合は 15 を指定します。例:29
    • Scale(s):計算結果を見やすくするもので,計算結果自体には影響しません。例:1000000
    • Load Local File:csv 形式の測定結果のファイルを指定します。下の Load Example File のチェックは不要です。
    • Range:400 nm~700 nm の吸光度を解析する場合,値の入力は不要です。このレンジ以外の吸光度データを解析する場合は,User defined range をチェックし値を入力します。
  3. Process ボタンを押すと解析が開始します。
  4. Calibration ボタンを押すと Derivative Spectroscopy Calibrator Assignment ページへ飛びます。
    • Calibrator value list に 0,1,2,3,4 を入力し,Assign ボタンを押します。
    • 対応するスタンダードの配置と濃度をチェックし,Calculate ボタンを押します。例として,C0-1 と C0-2 が 0 μM,C1-1 と C1-2 が 1 μM,C2-1 と C2-2 が 2 μM,C3-1 と C3-2 が 3 μM,C4-1 と C4-2 が 4 μM を選択します。
  5. Derivative Spectroscopy Results ページが表示されます。
    • スタンダードが直線にのっているかを確認します。
    • Download Results ボタンを押すと結果をダウンロードできます。

トップに戻る

トップに戻る